3行で探せる本当に怖い本

ホラーを中心に様々な作品を紹介します

未分類

2022年の抱負は「より苦しむ」

投稿日:2022年1月4日 更新日:

  • 苦しむということこそ、生きること
  • 快楽なんて捨てちまえ
  • 捨ててこそ浮かぶ瀬もあれ
  • おススメ度:★★★☆☆

今年の抱負とか、自発的に人生を区切らないといけないなんて不自由この上ない。別に2000何年だろうがどーでもいいさ。死ぬときは死ぬさ。だから抱負なんて意味ないと思うけど、強いて挙げるとすれば「より苦しむ」かな。あ、マゾフィストではないんで笑。2021の教訓は堕落の先には何の喜びもないということ。安楽・安全地帯で上級を気取っていても何一つ面白くないこと。突き詰めて何が絶頂か。それは苦しみが解けた一瞬。だからより苦しまないといけない。人の役に立つためにより苦しもう。誰かが喜ぶために、自分を犠牲にしよう。偽善? いやこれは全き独善だよ。

年末に見たこのアニメが一番面白かった。歪なものを愛したい。そんな気分にあふれた作品だった。

360度歪んでしまえば元に戻ってしまうんじゃないか。中途半端に偏向するな。やるならとことん無駄にやれ。どの角度から見る景色も自分自身さ。木賃宿で病魔と南京虫に苦しむ覚悟はできてる。

銀河英雄伝説にこんな台詞がある。

「それがどうした」

それが信念かな。どんな状況に陥ってもそう思ってやろう。世界とか神様とか給料とか健康が俺の支配者じゃない、俺がそいつらを支配してるんだ。

何もない奈落の底から、サイコーの高みから見下ろして言ってやる。

「善き人には善き運命を、悪しき人には地獄の業火を」

今年もホラーな日常を全うします。

(きうら)



-未分類
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

わたしたちが火の中で失くしたもの(マリアーナ・エンリケス、安藤哲行[訳]/河出書房新社)

「ホラーのプリンセス」の名を持つ著者による短篇集 文学にホラー要素を組みこんだもの 現代社会の情勢を取りこんでいる おススメ度:★★★★☆ 【はじめに】 著者は、現代アルゼンチンの作家で、本短篇集で「 …

カムイ伝全集 第一部(1)(白土三平/小学館)

作者渾身の長編 人種差別を問う群像劇 娯楽的ではない おススメ度:★★★☆☆ 2020年6月7日現在、アメリカで黒人差別に抗議する大規模なデモが続いている。発端は、一人の黒人が白人警官に圧死させられた …

蛇神 「蛇神」シリーズ (今邑 彩 /角川ホラー文庫)

古事記がらみの伝奇ホラー 蘊蓄は長いが古き良き日本の味わい 惜しむらくはインターネットの出現 オススメ度:★★★☆☆ 最初に結論を言うと「日本の奥地にはまだ我々の知らない村があって不可思議な因習が続い …

緊急討論・Apple Watch Series 5 は何を反省すべきか?

革新的進化はできませんでした できませんでした できませんでした おススメ度:★☆☆☆☆(Apple Watch Series 5) (画像は見た目のよく似たseries4) 「また、ホラーサイトで時 …

怪異の表象空間(一柳廣孝/国書刊行会)~読書メモ(60)

読書メモ60 「メディア・オカルト・サブカルチャー」 明治の怪談から、ラノベのなかの怪異まで オススメ度:★★★☆☆ 現代の日本でも楽しまれている怪談。もう夏は過ぎ去った感じだけど、個人的には怪談は夏 …

アーカイブ