★★★☆☆

孤虫症(真梨幸子/講談社文庫)

投稿日:2016年12月13日 更新日:

  • 怖い、エロい、痒い
  • 読みやすいが万人向けなテーマではない
  • シモネタ系悪趣味パラダイス
  • おススメ度:★★★☆☆

体中にブルーベリー大のコブが出来る奇病が発生。その中には無数の寄生虫が……という設定で「うわぁ」と思ったら、この本は読まない方が得策だ。とにかく、タイトル通りの気持ちの悪い描写の連続に加え、それに女性のダークな心理描写が繰り返され、息苦しい読書感が最初から最後まで続く。

また、かなりストレートな性描写もあり(初期設定ではフリーセックスを楽しむ主婦が主役)、こういった設定に耐性がないと、非常な嫌悪感も抱くだろう。このシモネタ系悪趣味パラダイスを楽しめるかどうかは、やはり、読み手の嗜好次第、というところだろう。

一方、第32回メフィスト賞受賞作品だけあり、エキセントリックな内容に反して、結構しっかりした展開が待っていて、読み応えあり。グロテスクな描写が物語をミスリードしている面もあるので、思った以上に複雑な内容だ。

ちなみに、この小説のモチーフは実際にある奇病(下記参照)。最近、ネットなどでよく耳にするようになったが、小説が初版が2005年4月1日なので、時代を先取りしたテーマだと思う(不謹慎かどうかは置いておく)。

芽殖孤虫 – Wikipedia

とにかく気持ち悪いけど、読みやすい。ただ、全身がくまなく痒くなってしまう……。

(きうら)


孤虫症 [ 真梨幸子 ]


-★★★☆☆
-, ,

執筆者:

関連記事

ホーンテッド・キャンパス(櫛木理于/角川ホラー文庫)

ラブコメ+軽いオカルト 衒学趣味的要素もある こういう軽さも必要かも知れない おススメ度:★★★☆☆ 本作はいわゆるライトノベルに属する作品である。大学のオカルト部が舞台。いかにもな気弱だが霊感のある …

アルスラーン戦記・1 王都炎上(田中芳樹/らいとすたっふ文庫)

中世ペルシア風の世界を舞台にしたファンタジー ややライトノベル寄りだが読みやすく面白い アニメとの比較も おススメ度:★★★☆☆ 【まえがき】 先日、何気なくAmazonビデオのラインナップを見ている …

平面いぬ。 (乙一/集英社)

表題作ほか、4つの短編を収録 ホラー要素よりファンタジー要素が強い 独自の世界観とどこか暖かい読後感 おススメ度:★★★☆☆ 収録の順番でいえば、和風メデゥーサの話を描く「意志の目」、一種の幽霊譚とな …

ゴドーを待ちながら(サミュエル・ベケット[作]、安堂信也・高橋康也[訳]/白水uブックス)

ゴドーを待ちながら、あれこれする二人組。 その二人に絡む変な人たち。 原作だけではこの演劇の良さは分からない、かも。 おススメ度:★★★☆☆ 先日の「アニメに出てくる本」でいうと、この『ゴドーを待ちな …

IT/イット “それ”が見えたら、終わり。【映画】(アンディ・ムスキエティ監督)

キングの有名な原作の「一部」を描く 特別怖くもキモくないのは文化が違う? 少年たちの友情物語としてはまずまず おススメ度:★★★☆☆ 映画化されたスティーブン・キングの作品では、ミザリーやグリーン・マ …

アーカイブ