★★★☆☆

孤虫症(真梨幸子/講談社文庫)

投稿日:2016年12月13日 更新日:

  • 怖い、エロい、痒い
  • 読みやすいが万人向けなテーマではない
  • シモネタ系悪趣味パラダイス
  • おススメ度:★★★☆☆

体中にブルーベリー大のコブが出来る奇病が発生。その中には無数の寄生虫が……という設定で「うわぁ」と思ったら、この本は読まない方が得策だ。とにかく、タイトル通りの気持ちの悪い描写の連続に加え、それに女性のダークな心理描写が繰り返され、息苦しい読書感が最初から最後まで続く。

また、かなりストレートな性描写もあり(初期設定ではフリーセックスを楽しむ主婦が主役)、こういった設定に耐性がないと、非常な嫌悪感も抱くだろう。このシモネタ系悪趣味パラダイスを楽しめるかどうかは、やはり、読み手の嗜好次第、というところだろう。

一方、第32回メフィスト賞受賞作品だけあり、エキセントリックな内容に反して、結構しっかりした展開が待っていて、読み応えあり。グロテスクな描写が物語をミスリードしている面もあるので、思った以上に複雑な内容だ。

ちなみに、この小説のモチーフは実際にある奇病(下記参照)。最近、ネットなどでよく耳にするようになったが、小説が初版が2005年4月1日なので、時代を先取りしたテーマだと思う(不謹慎かどうかは置いておく)。

芽殖孤虫 – Wikipedia

とにかく気持ち悪いけど、読みやすい。ただ、全身がくまなく痒くなってしまう……。

(きうら)


孤虫症 [ 真梨幸子 ]


-★★★☆☆
-, ,

執筆者:

関連記事

火花(又吉直樹/文春文庫)~ベストセラーを読む(2)、あらすじと感想、軽いネタばれ

ある芸人と師匠の実質二人劇で進行 非常に読みやすい文章とハッとするフレーズ このエンディングの先が読みたい おススメ度:★★★☆☆ (あらすじ)売れない駆け出しの芸人の徳永は、熱海で行われた花火大会で …

<ひとり死>時代のお葬式とお墓(小谷みどり/岩波新書)

葬式のありようが変わる。 お墓(埋葬)の多様化。 <ひとり死>の弔いをどうするのか。 おススメ度:★★★☆☆ <死>のことを、まず、自分が死んだらどうなるのかという実存的な問題として考えたことのある人 …

グリーン・マイル(1)~(3)(スティーヴン・キング/新潮文庫)

ある不思議な黒人死刑囚と看守たちとの物語 残酷でグロテスク、そしてどことなく不穏 前半では「何を意味するか」は語られない おススメ度:★★★☆☆ この「グリーン・マイル」は、私のような40代には忘れら …

翳りゆく夏(赤井三尋/講談社) ~概要と感想、おススメ点など

20年前の誘拐事件の謎を追う 錯綜する人間関係をスピーディに 意外性と引き替えに、ラストにも疑問も おススメ度:★★★✩✩ (あらすじ)「誘拐犯の娘が新聞社の記者に内定」という「事件」をきっかけに、2 …

ゾンビ・パラサイト(小澤祥司/岩波科学ライブラリー) ~あらましと軽いネタバレ

「ホスト(=寄生先の生物)を操る寄生生物たち」について。 ゾンビというタイトルだが、生ける屍のことではない。 特に怖がる要素はない。 おススメ度:★★★☆☆ タイトルに「ゾンビ」とあるので、なんか物騒 …

アーカイブ