★★★☆☆

あくむ(井上夢人/集英社)※電子書籍版

投稿日:2016年12月14日 更新日:

  • 悪夢をテーマにした短編集
  • 興味深い設定で文章も読みやすい
  • 話のオチには物足りなさを感じる
  • おススメ度:★★★☆☆

目が覚めると、全身が動かず、おまけに目も見えない。医者の説明によると、全身複雑骨折で、失明までしているという。自分でも事故にあった記憶はある。しかし、本当にそんな大怪我なのだろうか。痛みは感じないし、どうもグルグル巻きにされた包帯の隙間から、明かりが見える気がする。それに、ここはどう見ても病院とは思えない。そもそも、この男は本当に医者なのか?(ブラックライト)。

と、いう興味深い設定から始まる一編のほか、盗聴に取り憑かれた男や自称「吸血鬼」の物語など、日常と非日常を行き来する不思議な物語がこの「あくむ」には五編収められている。テーマはもちろん「悪夢」で、表紙裏には「ホラーストーリー」と紹介されるが、どちらかというとサイコ・サスペンスだと思う。

設定も面白くスラスラ読める小説だが、僕は非常に不満に感じる点がある。冒頭紹介したような思わず引き込まれる出だしは各話共通しているが、オチが全部同じに思えるのだ。詳しく書くと興が削がれるが、すでに「あくむ」というタイトルからもネタばれしているような気もする。

せっかくの面白い設定なので、もう一ひねりして意外なオチをつけて欲しいとも思うう。ただ、無理やり奇抜な結末を用意していないので、全体の読み口は悪くない。この辺は好みによるだろう。そういえば、阿刀田高氏(Wikiリンク)の作風を思い出す部分もある。

(きうら)


あくむ【電子書籍】[ 井上夢人 ]


-★★★☆☆
-, ,

執筆者:

関連記事

魔法の水(編集・村上龍/角川書店)

作家人が非常に豪華 ホラーと言えない短編もあり 編集者である村上龍氏の短編は強烈 おススメ度:★★★☆☆ 本作は、村上龍の編集によって別々の作者による短編が9つ収められている。作家陣が豪華で、編集者自 …

夜のくもざる―村上朝日堂短篇小説 (村上春樹(著)、安西水丸(イラスト)/新潮文庫)

どこからどう読んでも村上春樹 入門と言えるのかどうか、良く分からない 元は糸井重里による広告キャンペーン 実は今、熱を測ってみると38.4度となっている。喉が強烈に痛いので、扁桃腺炎の可能性が強いが、 …

サンマイ崩れ(吉岡暁/角川ホラー文庫)~あらすじと感想

災害ボランティアに向かう若者の怪奇な短編 書下ろしの「ウスサマ明王」は中々変わった内容 前者は不条理系ホラー、後者はバトルもの おススメ度:★★★☆☆ 「サンマイ崩れ」というタイトルはとても秀逸だと思 …

「幻想文学――転覆の文学」『幻想と怪奇の英文学・3』(ローズマリー・ジャクスン、下楠昌哉[訳]/春風社)~読書メモ(33)

読書メモ(033) 「幻想文学」とはジャンルではなく、「様式(モード)」である 「幻想文学」ファン必携の本 おススメ度:★★★☆☆ 【はじめに】 幻想文学(幻想小説・ファンタジー)という用語をよく使う …

怒る技術(中島義道/PHP研究所・角川文庫)

中島流「怒る(いかる)」技術の伝授。 怒り方の倫理学ともいえる。 不必要に怒ると、怖いことになる。 おススメ度:★★★☆☆ 怒る(おこる)人を客観的に見ると、怖いものがあります。誰かを恫喝するかのよう …

アーカイブ