★★★☆☆

あくむ(井上夢人/集英社)※電子書籍版

投稿日:2016年12月14日 更新日:

  • 悪夢をテーマにした短編集
  • 興味深い設定で文章も読みやすい
  • 話のオチには物足りなさを感じる
  • おススメ度:★★★☆☆

目が覚めると、全身が動かず、おまけに目も見えない。医者の説明によると、全身複雑骨折で、失明までしているという。自分でも事故にあった記憶はある。しかし、本当にそんな大怪我なのだろうか。痛みは感じないし、どうもグルグル巻きにされた包帯の隙間から、明かりが見える気がする。それに、ここはどう見ても病院とは思えない。そもそも、この男は本当に医者なのか?(ブラックライト)。

と、いう興味深い設定から始まる一編のほか、盗聴に取り憑かれた男や自称「吸血鬼」の物語など、日常と非日常を行き来する不思議な物語がこの「あくむ」には五編収められている。テーマはもちろん「悪夢」で、表紙裏には「ホラーストーリー」と紹介されるが、どちらかというとサイコ・サスペンスだと思う。

設定も面白くスラスラ読める小説だが、僕は非常に不満に感じる点がある。冒頭紹介したような思わず引き込まれる出だしは各話共通しているが、オチが全部同じに思えるのだ。詳しく書くと興が削がれるが、すでに「あくむ」というタイトルからもネタばれしているような気もする。

せっかくの面白い設定なので、もう一ひねりして意外なオチをつけて欲しいとも思うう。ただ、無理やり奇抜な結末を用意していないので、全体の読み口は悪くない。この辺は好みによるだろう。そういえば、阿刀田高氏(Wikiリンク)の作風を思い出す部分もある。

(きうら)


あくむ【電子書籍】[ 井上夢人 ]


-★★★☆☆
-, ,

執筆者:

関連記事

雪の階(奥泉光/中央公論新社)

心中事件を探る推理ものの体をとったもの 奥泉文学の題材を詰め込んだ、ごった煮的作品 いろんなものに目を配った娯楽小説 おススメ度:★★★☆☆ 【時候の挨拶的まえがき】 先日(4/2)、軽い花見をしてき …

応仁の乱(呉座勇一/中公新書) ~ベストセラーを読む(1)、あらましと感想

「ベストセラーを読んでみた」第一段。 「戦国時代を生んだ大乱」という副題。 実際の乱の内容は、様々な勢力が入り乱れて、簡単には図式化できない。 おススメ度:★★★☆☆ (はじめに) 今回から「ベストセ …

ぼくは眠れない (椎名誠/新潮新書) ~紹介と感想

椎名誠が自身の不眠症について語る 不眠の原因や解決策についての雑記風 余り体系的な話ではないが興味深い おススメ度:★★★☆☆ 私はもう椎名誠の30年来の読者であるが、著者が不眠症であるという事実は、 …

五重塔 (幸田露伴/岩波文庫)

五重塔建立にかける「のっそり」の執念 人間のエゴとプライド 擬古典調の文語体は読み辛いかも おススメ度:★★★☆☆ こんなサイトをやっているが、一応「文学」というジャンルもごくたまに読む。共同執筆者の …

日本の幽霊(諏訪春雄/岩波新書)~読書メモ(26)

読書メモ(026) 日本文学にみる古代から近世までの「幽霊」観念 幽霊は死者というものの記憶装置 おススメ度:★★★☆☆ 本書は、日本において「幽霊」という観念がどのように生まれたのか、またそれがどの …

アーカイブ