3行で探せる本当に怖い本

ホラーを中心に様々な作品を紹介します

★★★★☆

恐怖箱 怪医(雨宮淳司/竹書房文庫)

投稿日:2016年12月16日 更新日:

  • 医療にまつわる実話系怪談集
  • 変化に富んだ内容で読み応えあり
  • 抑えた文章で読みやすい
  • おススメ度:★★★★☆

実際に医療現場に携わった著者による実話系怪談集だが、よくあるこの手の怪談集より語り口がアレンジされており、非常に読みやすい内容。基本は伝文調であるが、一人称で語られるエピソードもあり、読み手を飽きさせない。また、話の長さも長短さまざまで、途中に息抜き的な小話を挟むなど単なるエピソードの羅列でないところもいい。

内容をいくつか紹介すると「ヒラメ」と呼ばれる少女と美しい友人の関りを描く「ディプロピア」、炭鉱で働く父親を持った少年のある思い出「正露丸」、精神病棟のある患者の歌に関するエピソードを描く「ローレライ」、さらに穏やかな精神科医が徐々に変貌してく恐怖をじっくり描く「回廊」など、設定や内容も多種多様だ。

「ヒラメ」や「ローレライ」は奇妙で悲しい後味があって秀逸。浮浪者をテーマにした話も2編あり、特に「饂飩」と題されたエピソードが面白かった。興を削ぐので詳細は省くが、福本伸行氏の漫画「カイジ」を想起させるような味わいがあった。

グロテスクな描写も所々あって生理的に「くる」場面も多かったが、適度に抑制されており、悪趣味というほどではない。この手の怪談集が好みであれば、読んで損はないだろう。
ちなみに、2016年12月現在、何かと話題の「Kindle Unlimited」にも対応しているので、AmazonPrime会員の方は無料で読むことができる。

(きうら)


恐怖箱 怪医【電子書籍】[ 雨宮淳司 ]


-★★★★☆
-, ,

執筆者:

関連記事

2010年代アニメまとめ(7)

「2015年作品」を中心に 「過激なアニメ」とは 公共放送で放送できないアニメについて おすすめ度:★★★★☆ 【日本文化の核心】 『日本文化の核心』(松岡正剛・著、講談社現代新書)を読みました。この …

20世紀ラテンアメリカ短篇選(野谷文昭[編・訳]/岩波文庫)~読書メモ(38)

読書メモ(038) ラテンアメリカ文学の、とっかかりとしては良い短編集 ホラー短篇集として読める おススメ度:★★★★☆ 【はじめに】 本書は、ラテンアメリカ文学者16人の、短篇をあつめたもの。ラテン …

アマニタ・パンセリナ (中島らも/集英社文庫)

著者の実際の「ドラッグ」体験をつづるエッセイ集 酒からガマのアブラ、ベニテングダケまで、様々なドラッグが登場 一つひとつがリアルで「面白い」 おススメ度:★★★★☆ この本は先に書いたようにホラー小説 …

老人と海(ヘミングウェイ/新潮文庫) ~ややネタバレ

老人の孤独と葛藤と後悔 残酷で痛ましい それでも人間の生命力を感じる おススメ度:★★★★☆ 先ごろ、何かのネットニュースで「読まなくてもいいアメリカ文学」という恐ろしく下らない企画で腐されていたのが …

ぼっけえ、きょうてえ(岩井志麻子/角川ホラー文庫)

短編だが、グロテスクでゾッと来る恐怖感 巧みな岡山弁での語りが魅力的 表題作以外はいま一つ おススメ度:★★★★☆ あちこちの書評で「怖いホラー小説」の話題になると、必ず選ばれているのが、この「ぼっけ …

アーカイブ