3行で探せる本当に怖い本

ホラーを中心に様々な作品を紹介します

★★★★★

姑獲鳥の夏(京極夏彦/講談社)

投稿日:2016年12月18日 更新日:

  • 「妖怪」がテーマだが、現実感のあるホラー系ミステリ
  • 豊富な知識量と筆力に圧倒される。少々難解な所も
  • 記憶喪失になってもう一度ゼロから読みたい
  • おススメ度:★★★★★

1994年初版刊行、知名度抜群の一冊で、今さらご紹介するのも気が引けるが、私にとっては思い入れのある作品だ。簡単なあらすじは、終戦後の東京を舞台に「憑き物落とし」と古本屋を生業とする中禅寺秋彦(京極堂)と、友人の根暗な小説家・関口巽が、ある旧家の「20か月も子供を身ごもっていてまだ出産しない女性の謎」に巻き込まれていく、といった内容。

初めて読んだ時は想像を絶する衝撃を受けた。「妖怪(!)」をテーマに、ミステリやホラー的要素を加え、超常現象を科学的に解説するという手法。さらに圧倒的な知識量による衒学的な演出が重なって、このシリーズにのめり込むには十分な内容だった。今でも思うが、京極夏彦氏は只者ではない。ミステリとしては「反則」だと言われているが、その後の作者の活躍ぶりをみると、この作品が傑作であることは間違いない。

傑作であるがゆえにコピーされることも多く、初版から20年以上経った今、批判的に読むことも可能だろう。ただこのジャンルに興味がなく、一度も著者の小説を読んでいないという幸運な読者の方がいれば、ぜひお薦めしたい。最初の「読みにくさ」を突破できれば、目くるめく小説世界が待っている。

ちなみにこのシリーズは「百鬼夜行シリーズ」として、長編9作+外伝的な小説が5作発表さている。完結はしておらず、出版社とのゴタゴタや原発問題で出版されないと噂の最新刊「鵺の碑」を待ちわびてもう10年経った。まだ…諦めてはいない。

(きうら)


姑獲鳥の夏 [ 京極夏彦 ]


-★★★★★
-, , ,

執筆者:

関連記事

私をトリコにした怪奇幻想小説10選(海外編)〜「成城のコラム(071)」

  「コラム071」 夢中で読んだ小説です。 基本的に昔のホラーが多め。 オススメ度:★★★★★ 【はじめに〜怖くない近況など】 今年の夏も日傘を持ち歩いてます。そんななか、先日日傘と普通の雨傘とを間 …

セメント樽の中の手紙(葉山嘉樹/ちくま文庫)~あらすじとそれに関するネタバレあり、感想

文庫6ページ分で読めるプロレタリア文学の傑作 身を粉砕されてセメントと一体化した男の話。 怖さより労働者のかなしみがメイン おススメ度:★★★★★ どうも今回からちょくちょく投稿させていただくことにな …

『ゆるキャン△』がパワーアップしてかえってきた

『ゆるキャン△(二期)』が 最高で、素晴らしすぎて もう死にそう ほっこり度:★★★★★ 【最新11巻の感想】 コミック『ゆるキャン△』の最新11巻をよみました。静岡県の大井川周辺での、三人の観光キャ …

フランケンシュタイン(メアリー・シェリー、芹澤恵[訳]/新潮文庫)

「怪物」とは何かを考えながら読むと面白い 怪奇小説の古典だが、文学的にも読める 科学主義の時代を告げる作品か おススメ度:★★★★★ 【前口上】 『フランケンシュタイン-あるいは現代のプロメテウス』は …

残穢 (小野不由美/新潮文庫) ~あらすじとそれに関する軽いネタバレ、感想

実際起こった怪異の謎を追うドキュメントタッチの構成 心霊や呪いを信じるタイプの方は、絶対読まない方がいい 展開は地味だが、リアリティ抜群 おススメ度:★★★★☆(あるいは☆☆☆☆☆) 久々に「ヤバい」 …

アーカイブ