★★★★★

姑獲鳥の夏(京極夏彦/講談社)

投稿日:2016年12月18日 更新日:

  • 「妖怪」がテーマだが、現実感のあるホラー系ミステリ
  • 豊富な知識量と筆力に圧倒される。少々難解な所も
  • 記憶喪失になってもう一度ゼロから読みたい
  • おススメ度:★★★★★

1994年初版刊行、知名度抜群の一冊で、今さらご紹介するのも気が引けるが、私にとっては思い入れのある作品だ。簡単なあらすじは、終戦後の東京を舞台に「憑き物落とし」と古本屋を生業とする中禅寺秋彦(京極堂)と、友人の根暗な小説家・関口巽が、ある旧家の「20か月も子供を身ごもっていてまだ出産しない女性の謎」に巻き込まれていく、といった内容。

初めて読んだ時は想像を絶する衝撃を受けた。「妖怪(!)」をテーマに、ミステリやホラー的要素を加え、超常現象を科学的に解説するという手法。さらに圧倒的な知識量による衒学的な演出が重なって、このシリーズにのめり込むには十分な内容だった。今でも思うが、京極夏彦氏は只者ではない。ミステリとしては「反則」だと言われているが、その後の作者の活躍ぶりをみると、この作品が傑作であることは間違いない。

傑作であるがゆえにコピーされることも多く、初版から20年以上経った今、批判的に読むことも可能だろう。ただこのジャンルに興味がなく、一度も著者の小説を読んでいないという幸運な読者の方がいれば、ぜひお薦めしたい。最初の「読みにくさ」を突破できれば、目くるめく小説世界が待っている。

ちなみにこのシリーズは「百鬼夜行シリーズ」として、長編9作+外伝的な小説が5作発表さている。完結はしておらず、出版社とのゴタゴタや原発問題で出版されないと噂の最新刊「鵺の碑」を待ちわびてもう10年経った。まだ…諦めてはいない。

(きうら)


姑獲鳥の夏 [ 京極夏彦 ]


-★★★★★
-, , ,

執筆者:

関連記事

ベルセルク 1(三浦建太郎/ヤングアニマルコミックス) ~ベルセルクの今と昔(前編)

過酷な運命を背負った若者を描くファンタジー エロ・グロ・ロリータなど必要と思えば何でも描く 3巻~13巻は間違いなく傑作 おススメ度:★★★★★ (あらまし)人間を超えた存在から、ある運命によって常に …

海豹島(久生十蘭/ゴマブックスor青空文庫) ~あらすじメイン・一部ネタバレあり

絶海の孤島での、ミステリ的挿話。 読みやすい文章。 かなしげなラスト。 おススメ度:★★★★★ 舞台は、「樺太の東海岸、オホーツク海にうかぶ絶海の孤島」である「海豹島」。時は大正元年三月、「樺太庁農林 …

続巷説百物語(京極夏彦/角川文庫) ~(紹介・後編)、あらましと軽いネタバレ

「死神」にまつわる凄惨な連作怪談 3つのエピソードがあるが最後はプロローグ的な短いもの かなり猟奇的な描写があるので注意 おススメ度:★★★★★ 長いお話なのと、前半・後半でカラーが変わるので2回に分 …

まっぷたつの子爵(カルヴィーノ/岩波文庫) ~あらましと感想、ネタバレあり

カルヴィーノ作品中屈指の読みやすさ。でもちょっと残酷。 身体が半分に引き裂かれた子爵の物語(寓話)。 老若男女すべての人向けで、感想文の対象に最適。 おススメ度:★★★★★ (あらすじ)語り手の「ぼく …

茄子 スーツケースの渡り鳥(黒田硫黄:原作/高坂希太郎:監督) ~無限の住人との比較・感想

茄子 アンダルシアの夏の続編映画 原作の良さをさらに伸長 経済と芸術について深く考えさせられる おススメ度:★★★★✩ 前日の「映画 無限の住人」について、改めて思い返してみたが、やはり、三池監督(あ …

アーカイブ