★★☆☆☆

死国(坂東真砂子/角川書店)

投稿日:2016年12月21日 更新日:

  • 心霊系恋愛小説
  • 四国の土俗的文化がベース
  • ホラーとしてはおすすめできない
  • おススメ度:★★☆☆☆

注・ここから先、ネタばれあり

過去に「猫殺し」の一件で話題になった坂東氏による「死国」は、死者の甦りと四国の土着文化をテーマにしており、文庫本の帯では「伝奇ロマン」と紹介されていた。問題はこの伝奇とロマンの比重だが「ほとんどロマン」といった感じで、三角関係がテーマの恋愛物になっている。

この三角関係の一角が死人という点がこの本の売りだと思うのだが、女性の愛憎渦巻く恋愛物のようで、見事に肩透かしを食らった感じ。また「霊魂が存在する」ことが前提になっているので、リアリティを欠く。

死者の甦り系のお話として「猿の手」という古典的なお話がある。死者への切ない思いと冒涜行為が交錯して悲劇的な結末を生む、というのが基本的なプロットだ。この「死国」もそういった要素もあるが、甦った死者が取った行動が「ヒロインとの男の取り合い」な所が、トホホ感いっぱいで「けっきょく痴話喧嘩かよ!」と、思わず突っ込んでしまった。

テーマである四国の土俗的文化についても、それほど突っ込まれておらず、中途半端感は否めない。期待して読んだだけに、どうにもお薦めしにくい一冊というのが今回の感想だ。

(きうら)


死国 [ 坂東眞砂子 ]


-★★☆☆☆
-, ,

執筆者:

関連記事

ここから先はどうするの: 禁断のエロス (新潮文庫)

5人の作家によるエロスがテーマのアンソロジー 性的に興奮するというより後味の悪い話が多い イマイチこの本を読むシチュエーションが分からない おススメ度:★★☆☆☆ 新年早々「禁断のエロス」はないと思う …

「エンドレスエイト」(『涼宮ハルヒの暴走』)(谷川流[原作]・京都アニメーション[制作]/角川スニーカー文庫) ~アニメ版のホラー的鑑賞について

アニメ版を一気に観るとホラーになります。 私の当時の感想を主に書いています。 こんなくだらない事は、あまりお勧めしません。 おススメ度:★★☆☆☆ 最初に書いておきたいのですが、今から紹介するのは、ア …

ペスト(カミュ[著]・宮崎嶺雄[訳]/新潮文庫) ~あらましと軽いネタバレ

ペストに襲われた町の、約一年の記録。 登場人物数人の奮闘と、心境の変化が中心に描かれる。 翻訳の日本語文が読みにくいので、あまりおススメしない。 おススメ度:★★☆☆☆ 実際に本書を読むまでは、なぜか …

パラサイト・イヴ(瀬名秀明・新潮文庫)※注 核心に触れるネタバレ感想あり

医学的知識を活用したSFホラー 途中までは面白いが、オチに大不満 ネタバレありで、以下で詳しくその理由を説明します おススメ度:★★☆☆☆ 昨日、鈴木光司氏の「リング」を紹介したので、年度が近く199 …

えじきしょんを呼んではいけない (最東対地/角川ホラー文庫) ~ネタバレ気味注意

怪人系不条理(?)ホラー 設定は面白いが色々大雑把 許せるタイプのホラーファンに おススメ度:★★☆☆☆ ツッコミどころ満載という意味で、近年稀にみる怪作ではないかと思ったが、全体の構造が、先達である …

アーカイブ