★★☆☆☆

死国(坂東真砂子/角川書店)

投稿日:2016年12月21日 更新日:

  • 心霊系恋愛小説
  • 四国の土俗的文化がベース
  • ホラーとしてはおすすめできない
  • おススメ度:★★☆☆☆

注・ここから先、ネタばれあり

過去に「猫殺し」の一件で話題になった坂東氏による「死国」は、死者の甦りと四国の土着文化をテーマにしており、文庫本の帯では「伝奇ロマン」と紹介されていた。問題はこの伝奇とロマンの比重だが「ほとんどロマン」といった感じで、三角関係がテーマの恋愛物になっている。

この三角関係の一角が死人という点がこの本の売りだと思うのだが、女性の愛憎渦巻く恋愛物のようで、見事に肩透かしを食らった感じ。また「霊魂が存在する」ことが前提になっているので、リアリティを欠く。

死者の甦り系のお話として「猿の手」という古典的なお話がある。死者への切ない思いと冒涜行為が交錯して悲劇的な結末を生む、というのが基本的なプロットだ。この「死国」もそういった要素もあるが、甦った死者が取った行動が「ヒロインとの男の取り合い」な所が、トホホ感いっぱいで「けっきょく痴話喧嘩かよ!」と、思わず突っ込んでしまった。

テーマである四国の土俗的文化についても、それほど突っ込まれておらず、中途半端感は否めない。期待して読んだだけに、どうにもお薦めしにくい一冊というのが今回の感想だ。

(きうら)


死国 [ 坂東眞砂子 ]


-★★☆☆☆
-, ,

執筆者:

関連記事

世界の果て(中村文則/文春文庫) ~あらましと感想、軽いネタばれ

暗くて生硬な文章。 ちょっとしたユーモア(のある作品)もある。 面白い本を読みたい人には、おススメしない。 おススメ度:★★☆☆☆ 中村文則の作品を最初に読んだのは、芥川賞受賞作『土の中の子供』で、一 …

星の王子さま(サン=テグジュペリ[作]・内藤濯[訳]/岩波文庫) ~ベストセラーを読む(3)、紹介と感想

「岩波文庫版」としての評価です。 作者のキャッチ―なイラストが効果的。 王子がいろんな人(動物・もの)に出会っていくという流れ。 おススメ度:★★☆☆☆ 「ベストセラーを読む」第三弾は、言わずと知れた …

厭結び オチが最凶の怖い話 (竹書房文庫)

怪談サイト入賞作品の短編集 作者が違うのでクオリティはまちまち 多彩とも言えるが、まあ、ソコソコ おススメ度:★★☆☆☆ この怪談集の扉を開くと書いてある煽り文句がいい感じ。引用する。 最後の最後に笑 …

川を覆う闇(桐生祐狩/角川ホラー文庫)

不潔と清潔とのたたかい とにかくお下劣ばんざい でも、文章(文体)は、まとも おススメ度:★★☆☆☆ 【まえおき】 一か月に15冊くらいの本を読んでいる。図書館で借りてきて部分的に読む(見る)ものを含 …

ハサミ男(殊能将之/講談社文庫)

ミステリ寄りのトリッキーなサスペンス 残酷描写が苦手な方も大丈夫 面白いが癖が強く、万人には薦められない おススメ度:★★☆☆☆ 少女の首にハサミを突き立てるという「ハサミ男」による残虐な連続殺人が起 …

アーカイブ