3行で探せる本当に怖い本

ホラーを中心に様々な作品を紹介します

★★☆☆☆

死国(坂東真砂子/角川書店)

投稿日:2016年12月21日 更新日:

  • 心霊系恋愛小説
  • 四国の土俗的文化がベース
  • ホラーとしてはおすすめできない
  • おススメ度:★★☆☆☆

注・ここから先、ネタばれあり

過去に「猫殺し」の一件で話題になった坂東氏による「死国」は、死者の甦りと四国の土着文化をテーマにしており、文庫本の帯では「伝奇ロマン」と紹介されていた。問題はこの伝奇とロマンの比重だが「ほとんどロマン」といった感じで、三角関係がテーマの恋愛物になっている。

この三角関係の一角が死人という点がこの本の売りだと思うのだが、女性の愛憎渦巻く恋愛物のようで、見事に肩透かしを食らった感じ。また「霊魂が存在する」ことが前提になっているので、リアリティを欠く。

死者の甦り系のお話として「猿の手」という古典的なお話がある。死者への切ない思いと冒涜行為が交錯して悲劇的な結末を生む、というのが基本的なプロットだ。この「死国」もそういった要素もあるが、甦った死者が取った行動が「ヒロインとの男の取り合い」な所が、トホホ感いっぱいで「けっきょく痴話喧嘩かよ!」と、思わず突っ込んでしまった。

テーマである四国の土俗的文化についても、それほど突っ込まれておらず、中途半端感は否めない。期待して読んだだけに、どうにもお薦めしにくい一冊というのが今回の感想だ。

(きうら)


死国 [ 坂東眞砂子 ]


-★★☆☆☆
-, ,

執筆者:

関連記事

ロード・オブ・ザ・リング 力の指輪 ~2話までの短評

やっちまったな! ゲーム・オブ・スローンズとロード・オブ・ザ・リングはジャンルが違う 簡単に言うとスターウォーズEP7を観た感じ おススメ度:★★☆☆☆ ロード・オブ・ザ・リング(指輪物語)の冠は必要 …

シライサン(乙一/角川文庫) ~ネタバレあり

怪女系の和製ホラー どうも貞子っぽい オチがない おススメ度:★☆☆☆☆ 作者の乙一氏の過去作はそれなりに楽しめた記憶があったが、本書は全くダメ。ホラー好きでも読まない方がいいと言える支離滅裂な内容な …

忌み地 怪談社奇聞録 ( 福澤徹三・糸柳寿昭(共著)/ 講談社文庫)

実在する怪談蒐集団体のお話 糸柳と上間という二人の人物が取材した内容 を、取材した現代怪談集 オススメ度:★★☆☆☆ 冒頭でこの本が怪談社という団体に所属する二人の人物の取材記であることが記される。結 …

厭結び オチが最凶の怖い話 (竹書房文庫)

怪談サイト入賞作品の短編集 作者が違うのでクオリティはまちまち 多彩とも言えるが、まあ、ソコソコ おススメ度:★★☆☆☆ この怪談集の扉を開くと書いてある煽り文句がいい感じ。引用する。 最後の最後に笑 …

樹海考(村田らむ/晶文社)

「樹海」とは、すなわち青木ヶ原樹海のこと 樹海の観光案内的な 樹海に眠る死体(自殺遺体)の探索的な おススメ度:★★☆☆☆ 【はじめに】 本書は、富士山の裾野にひろがる青木ヶ原樹海の軽い観光案内である …

アーカイブ