★★★☆☆

お初の繭(一路晃司/角川ホラー文庫)

投稿日:2016年12月22日 更新日:

  • 製糸工場に売られた12歳の少女が体験する恐怖
  • 湿った雰囲気にキモイ描写、そしてロリータ趣味。
  • かなりのグロさ。読んだことを後悔する。
  • おススメ度:★★★☆☆

主人公のお初は架空の寒村に住む12歳の少女。貧しさ故に製糸工場に働きに出る。工場は常に品質の高い糸で経営が安定しているが、そこには恐ろしい秘密があった…というのが、導入部だ。「あゝ野麦峠」や「女工哀史」を思わせる設定に、ホラー要素が混ざって湿り気のある独特の陰鬱な雰囲気が特徴。

話のオチがすぐに分かるとか、第17回ホラー小説大賞にしてはツマラナイなどの批評が蔓延しているが、私は「読んでいけないものを読んでしまった」感があって、中々不気味で素晴らしいと思う。謎を解くというより、いつ「それ」が来るのかと思うと、ページを繰る手が止まらない。とにかく、グロテスクで救いがない。

現代でもブラック企業と呼ばれて厳しい労働環境が取り沙汰されることがあるが、仕事というものは、一歩間違えればこの小説のような暴走を招くもの。上記の「あゝ野麦峠」や「蟹工船」なども、見方を変えればリアルなホラーと言えなくもないと思う。

終盤、ある登場人物の名前に少々違和感を感じるのと、雰囲気に比べセリフが軽い気もするが、全体的には読みやすくて明瞭だ。ロリータ趣味的な描写も多いので、そういう趣味の方の興味も満たされるのではないかと思う。

(きうら)


お初の繭【電子書籍】[ 一路 晃司 ]


-★★★☆☆
-, , ,

執筆者:

関連記事

ファントム〈下〉 (ディーン・R・クーンツ (著) 大久保寛 (翻訳)/ハヤカワ文庫) ~あらましと感想

奇想天外なホラーサスペンスの完結編 住人500人が一瞬にして消失。その理由は? 少々強引だが、水準以上ではある。 おススメ度:★★★☆☆ (あらすじ)前編からの続き。一瞬にして500人の住人が消えうせ …

苦役列車(西村賢太/新潮文庫)

赤裸々で陰鬱な青春物語 タイトルほど仕事が苦役でない 寧ろ「生まれ」についての苦悩 私はかねてより、労働の本質を描くと絶対ホラーになるのではないかという意見を持っており、それがこの本を選んだ理由だ。奇 …

チューイングボーン (大山尚利/角川ホラー文庫)

自殺に絡むスリリングなサスペンス 素直に面白い、だが このテーマでこの作風は珍しい オススメ度:★★★☆☆ 【はじめに】 もし、何もこの本について予備知識がないなら、この先の紹介文章も含めて何の情報も …

かもめのジョナサン 完全版(リチャードバック (著)/五木寛之 (翻訳)/新潮文庫) ~ベストセラーを読む(4)

「飛ぶ」ことを純粋に求めるカモメの物語 いろんな意味でひたすら「美しい」 伝説化したのが分かるような、そうでないような おススメ度:★★★☆☆ 初めに読んだのは1974年に発行されたバージョンなので、 …

鼻(曽根圭介/角川ホラー文庫)~あらましと感想、軽いネタバレ

「ブタ」と「テング」に分けられた奇妙な現代社会を描く表題作 経済寓話的な「暴落」とワンシチュエーションホラーの「受難」も収録 やや幻想的な作風、虐げられたものの不幸が主なテーマに語られる 上記に表題作 …

アーカイブ