★★★☆☆

お初の繭(一路晃司/角川ホラー文庫)

投稿日:2016年12月22日 更新日:

  • 製糸工場に売られた12歳の少女が体験する恐怖
  • 湿った雰囲気にキモイ描写、そしてロリータ趣味。
  • かなりのグロさ。読んだことを後悔する。
  • おススメ度:★★★☆☆

主人公のお初は架空の寒村に住む12歳の少女。貧しさ故に製糸工場に働きに出る。工場は常に品質の高い糸で経営が安定しているが、そこには恐ろしい秘密があった…というのが、導入部だ。「あゝ野麦峠」や「女工哀史」を思わせる設定に、ホラー要素が混ざって湿り気のある独特の陰鬱な雰囲気が特徴。

話のオチがすぐに分かるとか、第17回ホラー小説大賞にしてはツマラナイなどの批評が蔓延しているが、私は「読んでいけないものを読んでしまった」感があって、中々不気味で素晴らしいと思う。謎を解くというより、いつ「それ」が来るのかと思うと、ページを繰る手が止まらない。とにかく、グロテスクで救いがない。

現代でもブラック企業と呼ばれて厳しい労働環境が取り沙汰されることがあるが、仕事というものは、一歩間違えればこの小説のような暴走を招くもの。上記の「あゝ野麦峠」や「蟹工船」なども、見方を変えればリアルなホラーと言えなくもないと思う。

終盤、ある登場人物の名前に少々違和感を感じるのと、雰囲気に比べセリフが軽い気もするが、全体的には読みやすくて明瞭だ。ロリータ趣味的な描写も多いので、そういう趣味の方の興味も満たされるのではないかと思う。

(きうら)


お初の繭【電子書籍】[ 一路 晃司 ]


-★★★☆☆
-, , ,

執筆者:

関連記事

絶滅危惧の地味な虫たち(小松貴/ちくま新書)

失われゆく自然と虫たち 虫探索のために全国を飛び回る著者の熱意 少しは虫が好きになるかも おススメ度:★★★☆☆ 【はじめに】 先日、図書館から『目からウロコの自然観察』(唐沢孝一/中公新書(Ama) …

感染(仙川環/小学館)

「臓器移植」がテーマの医療系サスペンス とにかく軽快で展開が早い。軽い読書向き。 タイトルから想像されるようなグロ系描写はほぼ無い おススメ度:★★★☆☆ 「感染」は、臓器移植を中心とした医療知識を縦 …

インクレディブル・ファミリー(ブラッド・バード (監督) )ネタバレあり

リアルなヒーローの悲哀がテーマのアクションアニメ 新キャラが多すぎて見せ場が分散してしまった これこそテレビアニメシリーズで観たい おススメ度:★★★☆☆ 去年、必ず観ると言いつつ、忙しさにかまけてス …

百年の散歩(多和田葉子/新潮社) ~概要と感想、軽いネタバレ

ベルリン観察記のような体裁。 次々と湧き起こる連想。 街そのものの持っている記憶がメイン。 おススメ度:★★★☆☆ 「わたし」は「あの人」を待ちながら、「あの人」との関わりを思い浮かべながら、ベルリン …

神鳥―イビス(篠田節子/集英社)

「発狂する謎の絵」「過去の惨劇」などの魅力的な設定 個性的なキャラクター造形。好みが分かれる。 オチは賛否両論。文章は読みやすい。 おススメ度:★★★☆☆ 本作品の大筋は、古典的な怨念モノのプロットを …

アーカイブ