★★★★☆

玉藻の前 岡本綺堂伝奇小説集(岡本綺堂 /原書房)

投稿日:2016年12月23日 更新日:

  • 妖怪をテーマにした悲恋
  • 古典調だが読みやすい
  • 予想以上に二転三転する物語
  • おススメ度:★★★★☆

玉藻の前といえば、妖怪ファンにはお馴染みの九尾の狐、そして那須の殺生石。文学全集にも名を連ねる岡本綺堂がそんな妖怪を題材にどんな小説を書くのか。結構ワクワクして読んだ。

出だしは地味な展開だが、これが実に面白い。古文調だが、読みやすく、すぐに物語に引き込まれる。基本的な物語構造は悲恋で、立場の違う二人が惹かれあい、やがて悲劇を迎えるロミオ&ジュリエット方式だ。

物語の展開は非常に不安定で、現代的な予定調和を見ないところがいい。地味な展開が続くかと思うと、突然、妖怪が跋扈する幻想的な描写が入る。主人公が破滅しそうになると救われ、救われそうになると破滅する。大団円に落ち着くと見えて、まだ何転かする。偉大な先達にこんな言い方は失礼だが、小説の作りが非常に上手い。

九尾の狐、陰陽師、術比べなど、ライトノベル的要素を内包しながらも、これほど奥の深いエンターテイメントに仕上げるとは、岡本綺堂は恐るべき作家だ。妖怪好き、奇譚好きには是非オススメ。ちなみに青空文庫でも読める(玉藻の前のみ)。

(きうら)


-★★★★☆
-, ,

執筆者:

関連記事

塔の中の部屋(E・F・ベンスン〔著〕、中野善夫・圷香織・山田蘭・金子浩〔訳〕/ナイトランド叢書)

超自然現象を、結構冷静な目線で。 オモシロ怖い怪談を含むホラー短編集。 何かを感じるということについて。 おススメ度:★★★★☆ E・F・ベンスンは、「イギリス怪奇小説の名匠」ということで、丁度100 …

動きの悪魔(ステファン・グラビンスキ、芝田文乃〔訳〕/国書刊行会) ~ネタバレあり感想

グラビンスキ短篇集の本格的な初邦訳 鉄道にまつわる(神秘主義的)怪談集 鉄道のもつ「動き」や怖さが感じられる おススメ度:★★★★☆ 【まえがき】 グラビンスキという、「ポーランド文学史上ほぼ唯一の恐 …

凍(トーマス・ベルンハルト、池田信雄[訳]/河出書房新社)

ベルンハルトの長編小説第1作 研修医が、とある画家を観察する 何もかもが凍てついた集落での呪詛のごとき言葉 おススメ度:★★★★☆ 【はじめに、本書紹介など】 トーマス・ベルンハルト(1931-198 …

原民喜(梯久美子/岩波新書)~読書メモ(012)

読書メモ(12) 原民喜の「死と愛と孤独の肖像」 様々な「死」に囲繞された人生 おススメ度:★★★★☆ 原民喜は1905年生まれということで、私の曾祖母と同年生まれ(ちなみに曾祖母は10年前に他界)な …

世界の終わりの天文台(リリー・ブルックス=ダルトン〔著〕佐田千織〔訳〕/東京創元社)

世界は終末をむかえたらしいが、はっきりしない 地上の老人と、宇宙船内部の状況を交互に描く アイリスという少女は何者なのか おススメ度:★★★★☆ 【あらすじ】 北極圏にある天文台に、研究者として就任し …

アーカイブ