★★☆☆☆

バトルロワイヤル(高見広春/幻冬舎)

投稿日:2016年12月25日 更新日:

  • 当時斬新だった「中学生同士の殺し合い」がテーマ
  • キャラが類型的で単調な展開
  • ごく普通の娯楽小説
  • おススメ度:★★☆☆☆

出版当時は国会で話題に上がったという問題作……のはずだが、中身はごくごく普通の娯楽作品だ。「中学生同士の殺し合い」という設定以外は、多くのキャラクターが互いにバトルを繰り広げて勝ち残り戦を展開するという一つの定型に乗っ取って書かれてる。

本題からそれるが、この本が「有害図書(変なレッテルだが)」とは思えない。なぜなら、最初から「この物語の設定はあくまでジョークですよ」と作者が冒頭で声高に述べているからだ。物語の前の引用が「金八先生」で、悪役の名前も「金持」となっている。危ない本も確かにあるが、この程度の本を読んで犯罪が起きるなら、日本は犯罪大国になっていたと思う。

内容は、全員の死に様をひたすら書き続けるというスタイル。手法的には疑問もあるが、ある種の迫力になっているのも事実。ただ、類型的なキャラが次々登場する展開に途中で厭きる。部分部分はそこそこ楽しめるので、上手く編集すればもっと良くなるとも思う。

そこそこ楽しめる娯楽作品で、それ以上でもそれ以下でもない。「プレイヤー同士の殺し合い」では貴志祐介の「クリムゾンの迷宮」の方が好みだ。


-★★☆☆☆
-, ,

執筆者:

関連記事

えじきしょんを呼んではいけない (最東対地/角川ホラー文庫) ~ネタバレ気味注意

怪人系不条理(?)ホラー 設定は面白いが色々大雑把 許せるタイプのホラーファンに おススメ度:★★☆☆☆ ツッコミどころ満載という意味で、近年稀にみる怪作ではないかと思ったが、全体の構造が、先達である …

ハサミ男(殊能将之/講談社文庫)

ミステリ寄りのトリッキーなサスペンス 残酷描写が苦手な方も大丈夫 面白いが癖が強く、万人には薦められない おススメ度:★★☆☆☆ 少女の首にハサミを突き立てるという「ハサミ男」による残虐な連続殺人が起 …

水に似た感情 (中島らも/集英社文庫)

ほぼ実話のTV制作ドキュメント 驚くほどの下品さと繊細さが混在 ちなみに躁病の時に半分書いたらしい おススメ度:★★☆☆☆ まず「中嶋らも」という作家の情報をどの程度知っているかで、この本の面白さが変 …

忌み地 怪談社奇聞録 ( 福澤徹三・糸柳寿昭(共著)/ 講談社文庫)

実在する怪談蒐集団体のお話 糸柳と上間という二人の人物が取材した内容 を、取材した現代怪談集 オススメ度:★★☆☆☆ 冒頭でこの本が怪談社という団体に所属する二人の人物の取材記であることが記される。結 …

狐火の家 (貴志祐介/角川文庫) ~簡単なあらすじの紹介と感想

作者の前作「硝子のハンマー」に続く短編集 前作を読んでいることが前提なので注意。 作者の持ち味と作品のテーマがずれている気がする おススメ度:★★☆☆☆ 前作・密室の謎を解く正統派ミステリー「硝子のハ …

アーカイブ