★★★★☆

魔界水滸伝(栗本薫/小学館)

投稿日:2016年12月30日 更新日:

  • クトゥルー神話をモチーフにした壮大な伝奇小説
  • ホラー要素もあるが能力バトル物としても楽しめる
  • 古さはあるが面白さは一級品
  • おススメ度:★★★★☆

今でこそラヴクラフトのクトゥルー神話を扱った小説や漫画は多く存在するが、この作品が発表された1981年では、クトゥルー神話の二次創作的作品の先駆的作品だった。私は当時、この作品でインスマウスやナイアルラトホテップなどの名前を初めて知った。

物語の構図としては、水滸伝のタイトル通り、特殊な能力を持った古来の神々が集結し、侵略者であるクトゥルーの神々と戦うというものである。外伝を除くと文庫本で20冊もある作品であるが、神々が自らの能力に目覚め、異形の神々と戦うさまは王道中の王道といった展開で、絶対に楽しめるはずだ。特に前半の日常生活とクトゥルーの先兵が入り乱れて戦う様は当時かなりのめり込んだ。

残念ながら故人となってしまったが、著者の栗本薫は、デビュー当時は博覧強記の美人小説家という扱いで、知識の幅と量が桁違いで、やっていることは超能力対戦でも、大人も読める深さがある作品になっている。また、多作で知られミステリからファンタジーまで実に多くの代表作がある。その中でも、魔界水滸伝はかなり読みやすい方ではないだろうか。

ただ、栗本薫は、いまでいう「腐女子」の元祖的な存在でもあり、非常にボーイズラブ系の展開を好む。自分で自分の小説のボーイズラブ同人誌を作ったりもしていた。この作品も前半はいいのだが、後半はそういう要素がクローズアップされ、少々煩わしくもあった。とはいえ、未完となっている外伝を除けば、グインサーガほどの破綻もなく、最初の数巻が気に入れば最後まで楽しめるはずだ。もはや伝奇小説の「古典」と化したが、一読の価値は十分にあるだろう。

余談だが、当時の挿絵担当があの永井豪であり、独特且つダイナミックな絵柄が素晴らしかった。リンクに貼ってあるような味気ない表紙ではなく、良くも悪くも素晴らしいインパクトで個人的には表紙だけでも怖かった。もし、可能であれば元の挿絵で楽しんでもらいたい程である。

P+D BOOKS 魔界水滸伝 1
P+D BOOKS 魔界水滸伝 1【電子書籍】[ 栗本薫 ]

-★★★★☆
-, , ,

執筆者:

関連記事

方丈記 現代語訳付き (鴨 長明(著)簗瀬一雄(訳) /角川ソフィア文庫)

読んで心地よい不朽の名文 素敵な世捨人ライフ 無常感というよりむしろエネルギッシュ おススメ度:★★★★☆ 【ご挨拶】 今年最後の更新がなぜか古典。まあ、世知辛い世の中、一年の締めにはふさわしいとも思 …

ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち (ティム・バートン監督) ~感想と軽いネタバレ

異能者たちの苦悩と戦い 純粋なエンターテイメント映画 不満もあるが概ね良くできている おススメ度:★★★★☆ (あらすじ)リア充になれないオタク系男子のジェイクは、祖父の謎の死に遭遇する。祖父は奇怪な …

赤目四十八瀧心中未遂(車谷長吉/文藝春秋)

昭和の尼崎で臓物をさばく堕ちたインテリの悲哀 とにかく猥雑。あらゆる人間の醜さが描かれる 異様な文章力で一度囚われると離れられない おススメ度:★★★★☆ 久しぶりにとんでもないものを読んでしまったな …

来るべき種族(エドワード・ブルワー=リットン、小澤正人[訳]/月曜社-叢書・エクリチュールの冒険)

「来るべき種族」という新人類? ユートピア文学の系譜を受け継いだSF的作品 謎の力「ヴリル」におびえる語り手 オモシロ度:★★★★☆ 【最初におしらせ】 はじめにちょっとしたおしらせですが、個人的な体 …

愛 (ウラジーミル・ソローキン (著), 亀山 郁夫 (翻訳)/文学の冒険シリーズ)~中程度のネタバレ、とはいえネタバレしても意味不明

ロシアの牧歌的な会話から急転直下する狂気の短編集 同性愛、スカトロジー、エロティシズム、スプラッターと何でもあり もはやこれは一種の「芸」である(※芸術ではなく)。 おススメ度:★★★★☆ 先日、村上 …

アーカイブ