★★★★☆

人体模型の夜 (中島らも/集英社文庫)

投稿日:2016年12月31日 更新日:

  • ユーモアのある作風が特徴のホラー短編集
  • 豊富なアイデアで読んでいて飽きない
  • オチが滑ることもあるが、よくできた話も多い
  • おススメ度:★★★★☆

人体のパーツをテーマに18の短編を集めホラー短編集。住人が誰も働かない南国の楽園の恐ろしい秘密を描く「セルフィネの血」、趣味が盗聴でその為に引っ越しを繰り返す男が遭遇した恐怖の体験「耳飢え」、金利で生活している暇人の<人面瘡>評論家が関わってしまったある男とのやり取りを描く「膝」等々、バラエティ豊かな内容となっている。

本作が通り一遍の短編集と違うのは、単純に恐怖を狙って書かれているものばかりではなく、どこかユーモアがあるところだろう。現代的な正統派怪談である上記の「耳飢え」以外にも、時に幻想的に、時にバカバカしく思えるエピソードが楽しめるのは中島らもならでは。一見突飛な設定でも「そんなこともあるかも」と思わされるのは、著者の波乱万丈な人生経験から生まれたものと思われる。

きちんとオチが付けられているのも、体験談を集めた怪談集とは一味違うところだ。短いエピソードも多いので、最初は物足りなく感じるかもしれないが、読み進めるにつれ、先が気になって止まらなくなる。ただし、グロテスクな描写も多いので、その辺は注意が必要だ。

個人的には最後の一行が素晴らしい「貴子の胃袋」のエピソードがお気に入り。ぜひ、過激な環境保護団体のメンバーに読ませてやりたい。

人体模型の夜 (集英社文庫)
人体模型の夜 [ 中島らも ]

-★★★★☆
-, ,

執筆者:

関連記事

ノヴァーリスの引用/滝 (奥泉光/創元推理文庫)  ~あらしじと軽いネタバレ

全編濃密なくらさ。 ミステリとサスペンス。 文体はかためですが、すっと読める。 おススメ度:★★★★☆ 『ノヴァーリスの引用』は、いわゆる「アンチミステリ」にも分類される、奥泉光の初期傑作。「死が絶対 …

ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち (ティム・バートン監督) ~感想と軽いネタバレ

異能者たちの苦悩と戦い 純粋なエンターテイメント映画 不満もあるが概ね良くできている おススメ度:★★★★☆ (あらすじ)リア充になれないオタク系男子のジェイクは、祖父の謎の死に遭遇する。祖父は奇怪な …

夏の花(原民喜/集英社文庫<青空文庫>) ~紹介と感想、軽いネタばれ

「壊滅」の予感を三人称で書く。 「私」が妻の墓に供えた花と、その後の惨禍と。 「廃墟」になった街を歩き回る「私」。 おススメ度:★★★★☆ この集英社文庫版には、『夏の花』三部作が収められています。ち …

玉藻の前 岡本綺堂伝奇小説集(岡本綺堂 /原書房)

妖怪をテーマにした悲恋 古典調だが読みやすい 予想以上に二転三転する物語 おススメ度:★★★★☆ 玉藻の前といえば、妖怪ファンにはお馴染みの九尾の狐、そして那須の殺生石。文学全集にも名を連ねる岡本綺堂 …

敗れざる者たち(沢木耕太郎/文春文庫) ~あらましと感想、愚痴

古い時代の「負けた後」の男たちのドキュメント 胸に迫る世の無常と男の意地 人生に疲れていたら、たぶん、泣ける。 おススメ度:★★★★☆ タイトルは「敗れざる者たち」となっているが、実際には「勝てなかっ …

アーカイブ