★★☆☆☆

ローズマリーの赤ちゃん(アイラ・レヴィン/ハヤカワ文庫)

投稿日:2017年1月5日 更新日:


(小説版の写真がないので映画版のパッケージです)

  • 率直な内容のモダンホラーの古典
  • キリスト教的世界観は日本時にはなじみが薄い
  • 妊娠中の方は特にお勧めできない
  • おススメ度:★★☆☆☆

モダン・ホラーの元祖として名高い本作品は、恐らく映画の方が有名だと思う。モダン・ホラーとは、直接的な残酷描写より、内面の恐怖を描いた作品らしいのだが、確かにこの作品も、一部に血や残酷描写があるものの妊婦の不安定な精神状態が主な「怖がらせ」のテーマになってる。

妊娠→出産の流れは非常にリアルに感じられ、主人公のローズマリーが感じる妊娠への恐怖がそのまま伝わってきて気持ちが悪かった。妊娠前後の母体は非常にデリケートな状態で、しかも、病気・事故などを除けば、人間が生命の危機にさらされる数少ないシチュエーションだ。この点に着目した作者の視点は、確かにモダン・ホラーの先駆けとして、秀逸なテーマだと感じた。

日本人からすると、テーマになっているキリスト教的世界観に実感がわかないので、今ひとつ怖さが伝わらないところもある。オチについても、最近の二段オチ、三段オチに慣れていると、少し物足りないが、中盤以降の徐々に人間不信に陥っていく様子はページを繰る手止まらない。妊婦や出産を経験していると怖さが倍増するだろう。

和風ホラーや心霊モノに飽きたら、一度手にとって見てはいかがだろうか。

(きうら)

-★★☆☆☆
-, ,

執筆者:

関連記事

星の王子さま(サン=テグジュペリ[作]・内藤濯[訳]/岩波文庫) ~ベストセラーを読む(3)、紹介と感想

「岩波文庫版」としての評価です。 作者のキャッチ―なイラストが効果的。 王子がいろんな人(動物・もの)に出会っていくという流れ。 おススメ度:★★☆☆☆ 「ベストセラーを読む」第三弾は、言わずと知れた …

百鬼夜行 陽 鬼童 青鷺火 墓の火 青女房【電子百鬼夜行

京極夏彦好きのためだけの小節 それなりに面白いがオチはない 壮大なサーガの一部 おススメ度:★★☆☆☆ 前回、同作者の「ヒトでなし: 金剛界の章 (京極夏彦/新潮文庫)」を読んだ後、何となく、まだ読み …

日本〔論〕についての会話

死者と先祖の話 (山折哲雄/角川選書) 日本論(石川九楊/講談社選書メチエ) 日本と日本文化を規定するものとは 宗教観と日本語から見る日本論 どちらも中途半端なかんじです おススメ度:★★☆☆☆ 【登 …

怪奇博物館(赤川次郎/角川文庫) ~あらましと感想、軽いネタバレ

非常に軽い内容のホラー風短編 大学教授と助手のコンビ連作と独立した短編 肩透かし、あるいは息抜き? おススメ度:★★☆☆☆ (あらまし)ドラキュラや謎の箱、呪いなどにテーマを取った7つの短編を収録。同 …

厭魅の如き憑くもの (三津田信三/講談社文庫)

憑き物をテーマにした戦後間もない架空の村の怪異 探偵役が登場する正しいミステリの構造 固有名詞に違和感があるが読みやすい おススメ度:★★☆☆☆ 戦後の昭和の架空の村が舞台で、谺呀治(かがち)家と神櫛 …

アーカイブ