★★★☆☆

怪談・奇談(ラフカディオ・ハーン/角川書店)

投稿日:2017年1月10日 更新日:

  • 有名な怪談を含む42編の短編ホラー集
  • ほとんどは「昔ばなし」風だが、たまに強烈なガチ系の話が混じる
  • 最下段に完全ネタバレ紹介が若干あり。
  • おススメ度:★★★☆☆

今回は日本古来の怪奇譚を集めたラフカディオ・ハーン(小泉八雲)の「怪談・奇談」を紹介。巻末の解説によれば「ハーンの作品からその真髄たる怪奇な話に絞って42編を集めたもの」で、短くて切れのある怪談がたっぷり楽しめる。

「昔ばなし」風の子ども向けの話もあるが、けっこう怖い話も混ざっている。「耳なし芳一」や「雪女」などの有名な怪談に「知ってる知ってる、その話、聞いたことある」と油断して読んでいると、いきなりガチ系の話が混ざってくる。本ブログでは基本的にはネタバレを避けて本を紹介しているが、短い話なので最下段に一部あらすじと感想をを紹介してみたい。ネタバレを回避したい方はご注意を。

総じて、ハーンの冷静な視点で怪談が書かれており、訳もいいのだと思うが、非常に読みやすい文章になっている。当時の西洋人の視点が、今の日本人の視点と重なるからかも知れない。ホラーとしては、たまに怖い話が混じっているという程度だが、民話や昔話系の階段に興味がある方は、手に取ってみて損はない内容となっている。

(きうら)


怪談・奇談 [ ラフカディオ・ハーン(小泉八雲) ]

(注)以下は完全なネタバレ
(1)「因果ばなし」
死にかけた妻が、夫の後妻になるかもしれないと「自分が思っただけ」の美しい下女を騙し、女の乳房を掴んだまま絶命。その手は外れず、ミイラ化したので切断したが、手首から先だけ外れず、夜ごと「その両腕は乳房をひっつかみ、おしつけ、責めさいなむのだった」。
被害を蒙った下女の雪子は、本当に夫とは無関係なのに単なる嫉妬だけでこの酷い仕打ち。雪子は尼僧になったのだが最後まで呪いは解けず、乳房にミイラの手を付けたまま消息不明。不条理かつ変態性を感じる「あなおそろしや」な一遍。

(2)幽霊滝の伝説
欲に目がくらんだ子連れの女が、滝にお供えしてある賽銭箱を「肝試し」の証拠として持ち帰る話。当然罰を受けるのだが、その罰が「背中に背負った赤子の首がなくなって血だらけになっている」と言うもの。
罰を与えるにしてもこんなスプラッター映画ばりの方法はないだろうと度肝を抜かれた。他の昔話風の話が、こういった話の前フリになっているようにも思える。

-★★★☆☆
-, ,

執筆者:

関連記事

メメント・モリ(後藤明生/中央公論社)

「私の食道手術体験」という副題 自らの「入院雑記」を基に再構成したもの 後藤式に綴られる入院体験など おススメ度:★★★☆☆ 【私と後藤明生との出会い】 後藤明生(ごとうめいせい)は、日本の小説家で、 …

病の世紀 (牧野修/角川ホラー文庫)

様々な病気が人を殺すバイオSFホラー けっこうグロイので注意 オチはイマイチだが、病気系ホラー好きにはいい本 おススメ度:★★★☆☆ (あらすじ)色んな奇病が発生する世界が舞台。人体を発火させるカビ、 …

TENGU (祥伝社文/柴田 哲孝) ~あらすじ・レビュー

「天狗」をテーマにした大真面目なサスペンス・推理系小説 超常現象には極力頼らず、合理的結論が用意されている 社会情勢などの時事ネタ要素もあり。文章は読みやすい おススメ度:★★★☆☆ インパクト抜群の …

乱歩と正史(内田隆三/講談社選書メチエ)

乱歩について言及されているのが、ほとんど。 横溝(作品)にも最後の方で触れています。 乱歩と横溝が直面した、戦争に対する探偵小説の行方。 おススメ度:★★★☆☆ 江戸川乱歩と横溝正史という、戦前・戦後 …

感染領域(くろきすがや/宝島社)

珍しい植物バイオ系サスペンス 途中までは傑作! 不満は無いわけでは無い おススメ度:★★★☆☆ 1/3くらいまで読んだ時は★5でも良いかと思うほど、久しぶりに楽しい作品だった。定番だが、自分の知らない …

アーカイブ