★★☆☆☆

厭魅の如き憑くもの (三津田信三/講談社文庫)

投稿日:2017年1月11日 更新日:

  • 憑き物をテーマにした戦後間もない架空の村の怪異
  • 探偵役が登場する正しいミステリの構造
  • 固有名詞に違和感があるが読みやすい
  • おススメ度:★★☆☆☆

戦後の昭和の架空の村が舞台で、谺呀治(かがち)家と神櫛(かみぐし)家、2つの旧家の間に起こる「憑き物」に関する怪異譚がメイン。ただし、金田一耕助もかくやという怪奇小説家が登場しミステリ風展開が行われる。構成の特徴としては、本章の間に3人の登場人物視点の短い挿話が挟まる形になっている。

何々家がそれぞれに力を持っていて、微妙な勢力図で争うという内容は使い古された設定だが、丁寧に描かれているし、憑き物に関する描写も中々凝っていて雰囲気はあると思う。ただ、前述の探偵役と思われる怪奇小説家が登場すると、一気にラノベ風になってしまうのが残念だ。小説中に作家が登場するのは、著者の分身だと思っているのだが、どうも本当に書きたいのはこの部分ではないかと疑ってしまう。個人的にはこのキャラクターがマイナス点だ。

この作品はシリーズ化されているので、一定の読者の評価は得ているようだ。どちらかというと怖い雰囲気を持ったミステリという位置づけのように感じる。残酷描写も控えめで(若い人には)親しみやすいキャラクターも登場するし、ラノベではものたりない読者の次の一冊に最適、というような内容ではないかと思う。

(きうら)

厭魅の如き憑くもの (講談社文庫)

-★★☆☆☆
-, ,

執筆者:

関連記事

狐火の家 (貴志祐介/角川文庫) ~簡単なあらすじの紹介と感想

作者の前作「硝子のハンマー」に続く短編集 前作を読んでいることが前提なので注意。 作者の持ち味と作品のテーマがずれている気がする おススメ度:★★☆☆☆ 前作・密室の謎を解く正統派ミステリー「硝子のハ …

ハサミ男(殊能将之/講談社文庫)

ミステリ寄りのトリッキーなサスペンス 残酷描写が苦手な方も大丈夫 面白いが癖が強く、万人には薦められない おススメ度:★★☆☆☆ 少女の首にハサミを突き立てるという「ハサミ男」による残虐な連続殺人が起 …

世界の果て(中村文則/文春文庫) ~あらましと感想、軽いネタばれ

暗くて生硬な文章。 ちょっとしたユーモア(のある作品)もある。 面白い本を読みたい人には、おススメしない。 おススメ度:★★☆☆☆ 中村文則の作品を最初に読んだのは、芥川賞受賞作『土の中の子供』で、一 …

首都消失 (小松左京/ハルキ文庫)  ~概要と感想、かなりのネタバレ

タイトルが全てのがっかりSF小説 首都は消失する、するが…… 読みたいテーマと微妙に違う おススメ度:★★✩✩✩ (あらまし)首都圏に突如発生する正体不明の異変。都心を半径30㎞、高さ1000mにもな …

ブラッドハーレーの馬車(沙村広明/太田出版)

少女趣味と人体欠損要素あり 全体的に鬱展開で救いがない 絵は作者特有の緻密な画風 おススメ度:★★☆☆☆【閲覧注意】 とある資産家のブラッドハレー家では「慈善事業」と称して、孤児院から少女を選び、養女 …

アーカイブ