★★★☆☆

「超」怖い話ベストセレクション 怪恨 (久田樹生/竹書房文庫) ※Kindle Unlimited対応

投稿日:2017年1月15日 更新日:

  • 著者が取材した実録系怪談集
  • 「呪い」や「憎しみ」が主なテーマ
  • 短い区切りがあり読みやすい構成
  • おススメ度:★★★☆☆

著者が過去に発表した<「超」怖い話> シリーズ6篇から選んだエピソードに短い書下ろし3篇を加えた実録系怪談集。リンク先の説明を見るとわかるが、著者は基本的に「取材」を行った上で本書を執筆しており、又聞きや創作を行っていないスタイルが「売り」のようだ。タイトルからも分かるように、過去の著作の傑作選なので、新刊として出すのが気が引けるのか、前書きの副題が「本書を買ってはいけません」となっているのには笑った。

さて、内容は実録ものらしく、登場人物や時代設定もバラバラだが、全体的に「呪い」や「憎しみ」といった人間の負の感情がベースになっているものが多い。種類は様々なだが、それらが著者が取材をした人々に災いを為す、という構成の話がほとんど。ただ、実録ベースだけに明確なオチがつかなかったり「これは死ぬな」と思った登場人物が死ななかったり、エピソードはバラエティ豊かだ。その辺をリアルと取るか、物足りないと感じるかは読み手次第だろう。

印象に残ったのは、親友とのトラブルをテーマにした二つの連作、「機縁」から始まる会社の同僚との話と、「穏」から始まる結婚前の女性同士の愛憎を描く話だ。ともに親しい間だからこそ起こる憎しみと切るに切れない「縁」の恐ろしさが描かれている。誰でも起こり得るシチュエーションというのがポイントだ。他にも、この本には連作物も多く、短編と程よくミックスされている。数は少ないが人情話的なものも混じっている。

怖いというより「不条理だなぁ」とか「気持ち悪いことだ」と思うことが多かったが、読みやすい文章で、短い区切りがあるので、こういった怪談集が好きな方なら満足できる内容ではないだろうか。
蛇足になるが、2017年1月15日現在Amazonの「Kindle Unlimited(本の読み放題)」に対応しているので「Amazonプライム」に加入していれば無料で全編を読むことができるので、もし加入している方であれば下記のリンクから気軽に読んでみてほしい。

(きうら)

-★★★☆☆
-, ,

執筆者:

関連記事

蟹工船(小林多喜二/新潮文庫)

経済社会の恐怖を描くホラーとして読める文学 労働者の凄まじい絶望感を描く 後半の展開が性急に感じるが深いテーマ性 おススメ度:★★★☆☆ ご存知の通り小林多喜二と言えば「プロレタリア文学の代表者」とし …

荒神(宮部みゆき/朝日新聞社) ~あらすじとおススメ度 ※大きなネタバレなし

元禄時代に現れた怪獣と人々の戦いが真面目に描かれる 登場人物は多いが、丁寧な描写。残酷表現もあり 感想は「ギャーかいじゅうぅ!」に尽きる おススメ度:★★★☆☆ 本の帯に書かれていた文句は「東北小藩の …

絶滅危惧の地味な虫たち(小松貴/ちくま新書)

失われゆく自然と虫たち 虫探索のために全国を飛び回る著者の熱意 少しは虫が好きになるかも おススメ度:★★★☆☆ 【はじめに】 先日、図書館から『目からウロコの自然観察』(唐沢孝一/中公新書(Ama) …

劇画ヒットラー (水木しげる/ちくま文庫)

人間ヒットラーの生涯 彼の意志にフォーカスされている なぜ水木しげるはこのような描き方を? おススメ度:★★★☆☆ ご存知、水木しげる大先生の戦記物の一つだが、テーマは異色のヒットラー。彼の生涯が異常 …

君主論(マキャヴェッリ〔著〕森川辰文〔訳〕/光文社古典新訳文庫)

マキャヴェリズムの語源となった書物です。 当時のイタリア(ルネサンス)に、新しい君主像という処方箋を。 はっきり言うと、本書の訳文には読みにくい部分があります。 おススメ度:★★★☆☆ 「マキャヴェリ …

アーカイブ