★★★☆☆

ホワイトアウト(真保裕一/新潮文庫)

投稿日:2017年1月24日 更新日:

  • 驚愕するほど読みやすい文章
  • 構成はシンプル。ダムを舞台に男が暴れまわるのみ
  • 小説がオリジナルだが、映画版のノベライズのような作品
  • おススメ度:★★★☆☆

本作は、厳冬期のダムを乗っ取ったテログループに立ち向かう一人の男の孤独な戦いを描いたサスペンス小説だ。過去、織田裕二主演で映画化もされ、和製ダイハードなどと呼ばれていたが、確かに物語の図式はそっくりだ。テロのグループと舞台が違うだけで、このまま翻案してダイ・ハードの続編としてもいいのでは、と思うぐらいである。

私も以前「アクション映画を小悦で表現できないか?」と、考えたことがあるので、この小説の表現したかったことは本当に良く分かる。そして、グイグイ読ませる力もある。しかし、最後まで読んでみると、これは「ダイハードのようなアクション小説」ではなく、「ダイハードのようなアクション映画の脚本の小説化」のような、微妙にずれたものになっているような気がした。

と、いうのも、誰もが読む前に期待するであろう「テログループに立ち向かう孤独なヒーロー」というものに対して、本当に「一人でテログループをやっつける」という答えしかないからだ。一応、テログループのテロの動機、親友とその婚約者とのドラマなども絡めているが、はっきり言ってなくてもあまり変わらない。本当に、ダムを舞台に男が暴れまわる、それ以上でもそれ以下でもないように思う。

テログループが安っぽいとか、ただのダム職員が小銃を乱射するとか、実質ヒロイン不在で盛り上がらないとか、他にも色々不満もあるが、600ページを超えるにも関わらず、驚くほどすんなり読めてしまう点は驚愕に値すると思う。これは皮肉ではなく、あまり内容の深くない長編作品を、これほど読ませるバランスの取れた文章力は、これはこれで凄いものだ。

(きうら)


ホワイトアウト [ 真保裕一 ]


-★★★☆☆
-, , ,

執筆者:

関連記事

再読の秋(成城比丘太郎のコラム-06)

「コラム」という名の穴埋め企画(二度目) 過去に読んだ本を再読する 現在再読中の本について おススメ度:★★★☆☆ 【はじめに】 「~の秋」というと、世間ではよく読書の秋とか言われたりしますが、真正の …

ZOO〈1〉 (乙一/集英社文庫)~紹介と感想

趣の違うホラー短編を5つ収録 ワンシチュエーション物からちょっとした感動物語まで 「状況」だけで「意味」が弱い気がする おススメ度:★★★☆☆ 新年、一発目の通常更新は、前年に「平面いぬ。」で紹介した …

隣の家の少女(ジャック・ケッチャム/扶桑社ミステリー)

「少女虐待」という強烈なモチーフ 悪趣味かつグロテスク、ある意味期待通り 興味本位で読むのはお勧めできない おススメ度:★★★☆☆ 「読後感が最悪の小説」のベスト1に選ばれていることもある、実話をヒン …

デーミアン(ヘッセ[著]・酒寄進一[訳]/光文社古典新訳文庫) ~

「ぼく」ことシンクレアの「魂の遍歴」。 デーミアンという少年に導かれる「ぼく」。 BL小説として読もうと思えば、読めなくもない。 おススメ度:★★★☆☆ 本書は、エーミール・シンクレアが語り手となって …

百年の散歩(多和田葉子/新潮社) ~概要と感想、軽いネタバレ

ベルリン観察記のような体裁。 次々と湧き起こる連想。 街そのものの持っている記憶がメイン。 おススメ度:★★★☆☆ 「わたし」は「あの人」を待ちながら、「あの人」との関わりを思い浮かべながら、ベルリン …

アーカイブ