★★★☆☆

鳩笛草―燔祭・朽ちてゆくまで(宮部みゆき/光文社) ~簡単なあらすじとレビュー

投稿日:2017年2月3日 更新日:

  • 超能力を持った女性をテーマにした3つの物語
  • ジャンルはSFサスペンスだが、十分なリアリティ
  • 語り口の巧みさで読みやすい小説
  • おススメ度:★★★☆☆

本作品では特殊な能力を持った3人の女性の物語が描かれている。死んだ両親が残したビデオから自分に特殊な力があったことを知る「朽ちてゆくまで」、パイロキネシス(火を発生させることのできる能力)を持った女性の復讐譚「燔祭」、他人の心が読める女性刑事の苦悩を描く「鳩笛草」。

作品紹介に「傑作推理小説」と書かれているが、全く推理要素がない。現代を舞台にしたSFサスペンスと言ったところではないだろうか。図らずも超能力を持ってしまった3人の女性の数奇な運命が哀しさたっぷりに描かれていて、広義ではホラーの要素もちょこっと入っている。

宮部氏の作品は、以前「レベル7」「魔術はささやく」「かまいたち」などを読んだが、微妙なリアリティと悲劇性が自分に合わず、どうもスッキリしない読後感だった。しかしながら、魅かれる要素も多く、今回の作品も設定の面白さは抜群だと思う。

本作は超能力をテーマにしているが、いずれも前半でたっぷり感情移入させておいて、後半で悲劇(あるいはちょっと切ない展開)に持っていく。前半の導入部分が巧みなので、超能力を扱っていても違和感が余りないのは流石だ。また、2作目の燔祭(はんさい)は、長編「クロスファイア」につながる作品らしく、女性と主役の男性との心理描写がスリリングだ。

総じて、SFとしてのアイデアはありふれているが、語りの巧みさで楽しませるタイプの小説で、読みやすさは抜群だ。どれも短編なので物足りなさはあるが残酷度も低く、これはこれで十分楽しめる作品集だと思う。

(きうら)


鳩笛草 [ 宮部みゆき ]


-★★★☆☆
-, , ,

執筆者:

関連記事

幻視(米山公啓/角川ホラー文庫)

比較的スリリングな医療系ホラー テンポが速くて読みやすい 落ちはちょっと おススメ度:★★★☆☆ (あらすじ)ライブ会場でいきなり頭から血が噴き出してロックシンガーが死亡した。同時期、同様の症状で死亡 …

悪の教典(貴志祐介/文藝春秋)~あらすじとそれに関する軽いネタバレ、感想

人気者教師のとんでもない素顔を描く学園ホラー・ミステリ 残酷描写はかなり多め。 終盤はあの小説にそっくり。 おススメ度:★★★☆☆ このブログでも何度も取り上げている貴志祐介氏の作品。発表当年は「この …

神鳥―イビス(篠田節子/集英社)

「発狂する謎の絵」「過去の惨劇」などの魅力的な設定 個性的なキャラクター造形。好みが分かれる。 オチは賛否両論。文章は読みやすい。 おススメ度:★★★☆☆ 本作品の大筋は、古典的な怨念モノのプロットを …

魔法使いの弟子 (ジョルジュ・バタイユ[著]・酒井健[訳]/景文館書店) ~紹介と考察

バタイユの「恋愛論」についての感想。 失われた実存の総合性を回復させるものとは。 デュカスの同名交響詩に少し触れられている。ちなみにダンセイニの小説とは関係ない。 おススメ度:★★★☆☆ (編者注)本 …

鼻(曽根圭介/角川ホラー文庫)~あらましと感想、軽いネタバレ

「ブタ」と「テング」に分けられた奇妙な現代社会を描く表題作 経済寓話的な「暴落」とワンシチュエーションホラーの「受難」も収録 やや幻想的な作風、虐げられたものの不幸が主なテーマに語られる 上記に表題作 …

アーカイブ