★★☆☆☆

ジェノサイド(高野和明/角川文庫)

投稿日:2017年2月9日 更新日:

  • 傭兵と薬学の大学院生が同じ真相に導かれるサスペンス
  • 興味深い設定と読みやすい文章
  • オチが人によっては評価が割れる。私はだめだった
  • おススメ度:★★☆☆☆

以前、★5つで紹介した「13階段」というサスペンス小説の作者、高野和明氏の作品として、かなり期待をして読んだのだが、個人的には大変失望した。

あらすじは、アメリカ人の傭兵「イエーガー」と、薬理学を学ぶ大学院生「古賀研人」が同じ「謎の真相」に導かれるというもの。イエーガーはあるウイルスに感染した地域(ジャングル)の調査、大学院生は死んだ父の残した遺言から高たな新薬を作ろうとする……というもの。

物語のポイントは「この二人がどういった理由で、何を目的に活躍するのか」という点と、物語の真相は何かということだ。二人の実際の活動の裏にはもちろん物語的真相が隠されている。その辺が読書を続けるモチベーションとなるだろう。さらに、Amazonなどでも見られる本の紹介を引用すると「合衆国大統領が発動させた機密作戦の行方は―人類の未来を賭けた戦いを、緻密なリアリティと圧倒的なスケールで描き切り、その衝撃的なストーリーで出版界を震撼させた超弩級エンタテインメント」とある。新作アクション映画のキャッチコピーじゃあるまいし、これは煽り過ぎだ。

不満なのは「物語の真相があまり面白くない」ことと上記にある「綿密なリアリティ」をあまり感じなかった点だ。設定は面白い、文章も読みやすいのだが、ラストに至って、一種の「置いてけぼり感」を味わった。ここをネタバレするとこの本を読む価値が無くなるので書かないが、過度な期待は禁物、というところだ。

と、いう話を同じくこの本を読んだ友人にすると「最高に面白かった」とのことだ。人によっては本当に「超弩級エンタテインメント」になるのかも知れないので、よければご自身でご確認を。ちなみに新書では560ページに及び大長編なので、読むときはそれなりの覚悟が必要だ。

(きうら)


ジェノサイド(上) [ 高野和明 ]


-★★☆☆☆
-, , , ,

執筆者:

関連記事

死国(坂東真砂子/角川書店)

心霊系恋愛小説 四国の土俗的文化がベース ホラーとしてはおすすめできない おススメ度:★★☆☆☆ 注・ここから先、ネタばれあり 過去に「猫殺し」の一件で話題になった坂東氏による「死国」は、死者の甦りと …

奴隷小説(桐野夏生/文春文庫)

怪奇小説…いや幻想小説家 タイトルほどのインパクトはない どれもプロローグっぽい感じ おススメ度:★★☆☆☆ 自虐読書というものがあって、私は新年早々初出勤に合わせて「新装増補版 自動車絶 …

日出る国の工場(村上春樹・著/安西水丸・画/新潮文庫)

工場見学の文章とイラスト どこを切っても村上春樹 30年前のドキュメントで時代を感じる おススメ度:★★☆☆☆ 初版発行が1987年平凡社となっている。およそ30年前である(2018年現在)。そもそも …

プロメテウス(リドリー・スコット監督)~あらましと感想、散々なネタバレ評価

エイリアンの前日譚(のような)映画 初代の荘厳さはなく、ハチャメチャな内容 エイリアンシリーズを見て爆笑するとは思わなかった…… おススメ度:★★☆☆☆ 普段、一部の例外を除き、世間の時間の流れとは、 …

ローズマリーの赤ちゃん(アイラ・レヴィン/ハヤカワ文庫)

(小説版の写真がないので映画版のパッケージです) 率直な内容のモダンホラーの古典 キリスト教的世界観は日本時にはなじみが薄い 妊娠中の方は特にお勧めできない おススメ度:★★☆☆☆ モダン・ホラーの元 …

アーカイブ