★★★☆☆

新興宗教オモイデ教 (大槻ケンヂ/角川文庫)  ~あらすじ、感想、軽いネタバレ

投稿日:2017年2月16日 更新日:

  • 人を発狂させる力をもった人間の暴走を描く
  • 青春の行き場のないエネルギーのマイナス方向への発散
  • 精神的なエロ・グロ要素満載
  • おススメ度:★★★☆☆

「筋肉少女帯」などミュージシャンとしても有名な大槻ケンヂ氏による、新興宗教をテーマにしたある種の超能力を扱った青春(?)小説。作者の趣味が多分に反映されていると思うが、昭和のエロ本に載っているような、エロ・グロ満載の狂気に満ちた小説だ。

あらすじはこんな感じ。主人公・八尾二郎は、同級生のなつみさんに恋心を寄せていた。しかし、なつみさんは、一か月後「新興宗教オモイデ教」の信者になってしまっていた。オモイデ教の秘儀は「メグマ祈呪術」と言って人を発狂させる力を持つ。オモイデ教の信者によって次々と「破壊」される人々。そして、主人公は「教祖」と対峙するのだが――。

「青春時代のやり場のないエネルギー」の発散の方法として、人を発狂させる力を手に入れたらどうなるか? というようなテーマを、ひたすらマイナス方向に描いている内容で、とても小中学生には勧められないような「毒」がある。一言でいえば俗悪だ。だが、無駄にエネルギッシュでインパクトのある内容なので、作者の感性に共感できるなら、恐らく高く評価できるだろう。

個人的にはラスト付近の雰囲気が最高だ。ここでのやり取りが一番酷くてエロティックな要素に満ちている。作者の作品は他に「グミ・チョコレート・パイン グミ編」しか読んでいないが、何かこう、読んではいけないものを読むような背徳感が味わえる。電子書籍版は227円と極めて良心的な価格なので、怖いもの見たさでぜひ、一読を。ただし、後悔しても保証はできないが……私は結構楽しめた。

(きうら)


新興宗教オモイデ教【電子書籍】[ 大槻 ケンヂ ]


-★★★☆☆
-, , ,

執筆者:

関連記事

冥談(京極夏彦/角川文庫)

死の香り漂う8つの短篇 靄がかかったような景色が広がる 正統派の怪談という気もする オススメ度:★★★☆☆ 冥という漢字を調べてみると「暗い」という意味以外に、奥深い、あの世という意味もあるようだ。当 …

道元「典座教訓」(藤井宗哲〔訳・解説〕/ビギナーズ日本の思想)

禅寺の食事係の僧である典座(てんぞ)について 食事による身体と心の涵養 精進料理と言ってもヴァラエティは豊富 おススメ度:★★★☆☆ 生きることにおいて最も必要なのが食事をとることなのは言うまでもない …

百器徒然袋 風 (京極夏彦/講談社文庫)

百鬼夜行シリーズの外伝・主要キャラの榎木津礼二郎が主人公 平凡な設計士・本島の視点で描かれる「ギャグ」ミステリー 本編を知っている読者「には」楽しく読めるだろう おススメ度:★★★☆☆ 「姑獲鳥の夏」 …

応仁の乱(呉座勇一/中公新書) ~ベストセラーを読む(1)、あらましと感想

「ベストセラーを読んでみた」第一段。 「戦国時代を生んだ大乱」という副題。 実際の乱の内容は、様々な勢力が入り乱れて、簡単には図式化できない。 おススメ度:★★★☆☆ (はじめに) 今回から「ベストセ …

隣の家の少女(ジャック・ケッチャム/扶桑社ミステリー)

「少女虐待」という強烈なモチーフ 悪趣味かつグロテスク、ある意味期待通り 興味本位で読むのはお勧めできない おススメ度:★★★☆☆ 「読後感が最悪の小説」のベスト1に選ばれていることもある、実話をヒン …

アーカイブ