★★★☆☆

新興宗教オモイデ教 (大槻ケンヂ/角川文庫)  ~あらすじ、感想、軽いネタバレ

投稿日:2017年2月16日 更新日:

  • 人を発狂させる力をもった人間の暴走を描く
  • 青春の行き場のないエネルギーのマイナス方向への発散
  • 精神的なエロ・グロ要素満載
  • おススメ度:★★★☆☆

「筋肉少女帯」などミュージシャンとしても有名な大槻ケンヂ氏による、新興宗教をテーマにしたある種の超能力を扱った青春(?)小説。作者の趣味が多分に反映されていると思うが、昭和のエロ本に載っているような、エロ・グロ満載の狂気に満ちた小説だ。

あらすじはこんな感じ。主人公・八尾二郎は、同級生のなつみさんに恋心を寄せていた。しかし、なつみさんは、一か月後「新興宗教オモイデ教」の信者になってしまっていた。オモイデ教の秘儀は「メグマ祈呪術」と言って人を発狂させる力を持つ。オモイデ教の信者によって次々と「破壊」される人々。そして、主人公は「教祖」と対峙するのだが――。

「青春時代のやり場のないエネルギー」の発散の方法として、人を発狂させる力を手に入れたらどうなるか? というようなテーマを、ひたすらマイナス方向に描いている内容で、とても小中学生には勧められないような「毒」がある。一言でいえば俗悪だ。だが、無駄にエネルギッシュでインパクトのある内容なので、作者の感性に共感できるなら、恐らく高く評価できるだろう。

個人的にはラスト付近の雰囲気が最高だ。ここでのやり取りが一番酷くてエロティックな要素に満ちている。作者の作品は他に「グミ・チョコレート・パイン グミ編」しか読んでいないが、何かこう、読んではいけないものを読むような背徳感が味わえる。電子書籍版は227円と極めて良心的な価格なので、怖いもの見たさでぜひ、一読を。ただし、後悔しても保証はできないが……私は結構楽しめた。

(きうら)


新興宗教オモイデ教【電子書籍】[ 大槻 ケンヂ ]


-★★★☆☆
-, , ,

執筆者:

関連記事

道元「典座教訓」(藤井宗哲〔訳・解説〕/ビギナーズ日本の思想)

禅寺の食事係の僧である典座(てんぞ)について 食事による身体と心の涵養 精進料理と言ってもヴァラエティは豊富 おススメ度:★★★☆☆ 生きることにおいて最も必要なのが食事をとることなのは言うまでもない …

孤虫症(真梨幸子/講談社文庫)

怖い、エロい、痒い 読みやすいが万人向けなテーマではない シモネタ系悪趣味パラダイス おススメ度:★★★☆☆ 体中にブルーベリー大のコブが出来る奇病が発生。その中には無数の寄生虫が……という設定で「う …

蔵書一代(紀田順一郎/松籟社)

「なぜ蔵書は増え、そして散逸するのか」という副題 いつのまにか集まってしまう、それが蔵書 蔵書が散逸するのは、日本の文化レベルの低下のせいか おススメ度:★★★☆☆ 2018年明けましたが、とくになん …

読んでいない本について堂々と語る方法(ピエール・バイヤール/ちくま学芸文庫) ~ちょっと変わった紹介

読書の仕方について教えてくれる? 結構知的な本。 これを読んでも、すぐに実践で役に立つわけではない。 おススメ度:★★★☆☆ タイトルからして、この読書ブログ、いえ、読書そのものに対して喧嘩をふっかけ …

ボクが逆さに生きる理由(中島宏章/ナツメ社)

「誤解だらけのコウモリ」という副題 コウモリが好きになる、かも とにかくコウモリさん、スゲー おススメ度:★★★☆☆ コウモリについて何か知っていますか、と訊かれたら、私は「昔、釣りの帰りに、夕方、川 …

アーカイブ