★★★★★

殺人犯はそこにいる (清水潔/新潮文庫)

投稿日:2017年3月13日 更新日:

実在の誘拐事件に迫る迫真のドキュメント

日本の警察や司法、マスコミへの警鐘

心を揺さぶる文章。読まないのはもったいない

おススメ度:★★★★★

実はこれを「怖い本」というカテゴリーで紹介していいのか迷っている。内容は間違いなく傑作だ。ただ、実在の「事件」を扱っているため、余りに内容が重く、軽々と紹介していいものかどうか迷ったが、結局紹介することに決めた。それほど内容が素晴らしい。

勧めてくれた書店員さんによると、最初「作品名」を隠して売られていたらしいが、その理由が「一人でも多くの人に読んで欲しい」という理由で、ある小さい書店の店員が以下のような表紙で「仕掛けた」らしい。後に「題名がない本は買えない」というクレームが来て、表紙に題名を入れたそうだ。タイトルだけ読むと、推理物小説に見えるから、その気持ちはよく分かる。

hannninn - コピー.jpg

概要は、未解決事件である「北関東連続幼女誘拐殺人事件」についての詳しいドキュメント本で「足利事件(Wiki)」の経緯が詳しく書かれている。そして、ネタバレになってしまうので書けないが最後に重要な事実が明かされる。あくまでドキュメント、しかめて極めて真摯に書かれたドキュメントで、推理小説ではない。

読んでみて、これ程の熱意と正義感を持って戦っている実在の人物がいることに驚いた。自分の不見識を恥じるばかりだ。そして、少なからずその「決意」に驚嘆する。本人は作中で自分は凡人だと書いているが、とんでもない。彼は偉大な記者であり、ヒーローと言っても過言ではない。

徹夜で一気読みしたのは久しぶりの経験だ。そして内容の重さについても最大級だ。何しろ、現実である。主にこのブログで扱っている「物語」とは訳が違う。これを読んで何も感じない読書ファンはいないと本当にそう思う。感動とも違うが、その「熱さ」には震えがくる感覚がある。

最初に書いたように楽しく面白い怪談話やホラーやサスペンスではないので、このサイトの趣旨にあうかどうかは分からないが、間違いないく「怖い」本だ。そして、簡単に扱えない内容。ただ、本人も書かれているが「どんな形でもいいので、一人でも多くの人にこの事実を知ってほしい」と、書かれているので紹介した。

間違いなく傑作だ。そして未読の方は「今すぐ」読んだ方がいい。その理由はある程度読めば分かる。絶対に後悔はないと信じている。

(きうら)


(楽天)


-★★★★★
-, , ,

執筆者:

関連記事

もし本当に武道館に行ったら、誰を推せばいいのか~2010年代アニメまとめ(6.5)

「2010年代アニメまとめ」特別編 アイドルのアニメについて 推し武道とフランシュシュとWUG アイドル度:★★★★★ 【推し武道について】 2020年1月からはじまった『推しが武道館いってくれたら死 …

海豹島(久生十蘭/ゴマブックスor青空文庫) ~あらすじメイン・一部ネタバレあり

絶海の孤島での、ミステリ的挿話。 読みやすい文章。 かなしげなラスト。 おススメ度:★★★★★ 舞台は、「樺太の東海岸、オホーツク海にうかぶ絶海の孤島」である「海豹島」。時は大正元年三月、「樺太庁農林 …

模倣犯 (宮部みゆき/新潮文庫)

圧倒的な「読ませる力」を持った小説 連続誘拐事件をテーマにした宮部みゆき最大級の力作 深遠なテーマと深い感動を保証する おススメ度:★★★★★ 「なんだこれは?」と、第1部の途中で感じた。「これはヤバ …

風の谷のナウシカ(1)~(7)(宮崎駿/徳間書店)

アニメ版の後の長大な物語 残酷な死や直接的な戦闘描写 アニメ版ナウシカを少しでも好きな方は必読 おススメ度:★★★★★ いつもはなるべく客観的に怖い本を紹介しているが、今回はほぼ、自分語りに近いものだ …

桜の下には何がある? ~「桜の森の満開の下/坂口安吾」&「桜の樹の下には/梶井基次郎」

2編とも短くて簡単に読める。 桜には魔力のようなものがある(個人差あり)。 狂気と正気のあやうい均衡が感じられる。 おススメ度:★★★★★ 「桜の森の満開の下」は、桜の魔力にあてられた山賊と、彼が奪い …

アーカイブ