★★★★★

ザ・スタンド(5) (スティーヴン・キング/文春文庫) ~あらすじとおススメ度

投稿日:2017年3月23日 更新日:

  • 大長編パンデミック系ホラーの完結編
  • 善と悪が交錯するダイナミックな展開
  • 不思議な後味と感動
  • おススメ度:★★★★★

第5巻は、強力なインフルエンザ・ウイルス<スーパーフルー>が実験施設から漏洩したことで、アメリカに住む人々が凄まじい勢いで死んでいく世界から始まった物語の完結編で、残された人々は<善>と<悪>に分かれて、正面衝突する。旅に出た<善>の人々は、<悪>は倒せるのか、どちらへ行こうか揺れ動いていた人々の運命は……ここまで読んで来られた方にはもう、説明不要。とにかく読むしかない。

ちなみにここから読まれた方は(1)を参照してください。

と、いうわけで細かいストーリーは何を書いてもネタバレになるので、あらすじは(4)の続きとだけ書いておく。ちゃんとこの巻でスッキリ完結するので、その点は心配ない。前巻の最後で、だいたい予想できるが、あのキーキャラクター二人が実に面白い役割を果たす。そこが注目点だ。

スティーヴン・キングは、代表作を何作品か読んだが(ITやミスト、ミザリー、グリーンマイル、アンダーザドームなど)、間違いなくこの作品が一番面白いと思う。キャラは立っているし、話も面白いし、何より怖い。古い小説だが、鳥インフルエンザで大騒ぎしていることを思うと、却ってリアリティがあるくらいだ。前にも書いたが「(新しい作品を書いたのに)いまだにこの作品のことを聞かれる」と作者自身が冗談交じりにぼやいていたがそれも納得の出来だ。

正直、たくさんの本を読むので、忘れている本も多い。しかし、この作品だけは不思議と記憶に深く残っている。ホラーというジャンルを超えて、人間の真実に迫る深さがあるからだと思う。作者自身が目指したダークな指輪物語は、成功したといっていいだろう。

もし、このレビューを読んで「ザ・スタンド」を読んでくれた人が一人でもいれば、非常に嬉しい。ありがとうございました。

(きうら)


(楽天)


-★★★★★
-, , ,

執筆者:

関連記事

フランケンシュタイン(メアリー・シェリー、芹澤恵[訳]/新潮文庫)

「怪物」とは何かを考えながら読むと面白い 怪奇小説の古典だが、文学的にも読める 科学主義の時代を告げる作品か おススメ度:★★★★★ 【前口上】 『フランケンシュタイン-あるいは現代のプロメテウス』は …

夜と霧 新版(ヴィクトール・E・フランクル (著)・ 池田香代子 (翻訳)/みすず書房) ~感想と紹介

ナチスの強制収容所に収容された心理学者の冷静な回想 読むと非常に重い現実が現れる。娯楽要素はゼロ 誰もが絶対に読むべき本だと私は思う おススメ度:★★★★★ 皆さんは、人間の「性善説」と「性悪説」とい …

ゴジラ キング・オブ・モンスターズ と ゴジラ(前編)【完全ネタバレ】

身に染み込んだ怪獣の記憶 ゴジラを巡る個人的な理由と最新作の感想 昭和と令和のゴジラは主張が反対 おススメ度: ★★★☆☆(ゴジラ キング・オブ・モンスターズ) ★★★★★(ゴジラ) 【前説・なぜ怪獣 …

ゴジラ キング・オブ・モンスターズ と ゴジラ(後編)【完全ネタバレ】

中途半端な娯楽観は見抜かれる ゴジラと恐怖 それでも怪獣映画は嫌いになれない おススメ度: ★★★☆☆(ゴジラ キング・オブ・モンスターズ) ★★★★★(ゴジラ) 【承前】 「本」ではなく、2019年 …

伊達政宗 (1) 朝明けの巻 (山岡荘八/講談社)

高名な伊達政宗の誕生から最初の挫折まで 読みやすく、かつ、中身が深い 読み物として単純に面白い おススメ度:★★★★★ まず、言い訳がある。言い訳なので、回りくどいのが嫌な方はこの段落は飛ばして欲しい …

アーカイブ