★★★★★

バガボンド(1)~(10)くらい (井上雄彦/公団社)~あらすじとそれに関する軽いネタバレ、感想

投稿日:2017年3月26日 更新日:

初期の作風はまさに衝動的殺人事件そのもの

間に挟まる味のあるシーンで深みを与える

戦闘の続く序盤はまさに大傑作バトル漫画

おススメ:★★★★★

何の因果か20年前を振り返る羽目に陥っており、その関係で有名な「バガボンド」の最初の方を再読してみた。何というか、滅茶苦茶な話で、ほとんど人を殺しているシーンばかり。これは怖い本として通用すると思ったので今回はその感想を少し。

(あらすじ)もはや説明の必要もないほど有名な宮本武蔵の生涯を「スラムダンク」などで(当時)最高の漫画家とされていた井上武彦が独自の解釈で漫画化したもの。第1巻は17歳の武蔵が関ヶ原の合戦で敗れて殺されかけるシーンから始まる。親友の又八と再起を誓うのだが、やがて運命は複雑に分岐していき……という長大なお話。

現在37巻まで発刊されているようだ。本棚には27巻まであるので、その辺で私は読むのを挫けたみたいだ。挫けた辺りは少々哲学的な展開になっており、娯楽を捨てて世界の真理に迫ろうとしているように見えた。エンターテイメントを期待していた読者はその辺で離れていたのではないかと思う。私もその一人で、最新刊はどうなっているのか実は知らない。

しかし、序盤はまさに人間殺害エンターテイメント。とにかく殴る、切る、殺すのオンパレード。それはもう爽快なほど殺しまくる。しかも、エロ要素も遠慮なくぶっこんで来て、とにかくこの時期の作者は、自分の中にたまっていた暴力性を楽しそうに開放している。しかし、もちろん、何の戦略もなく描いているだけでなく、間あいだに人間性を問うシーンを挟んでくるので、描写に重みがある。

この作品は歴史物としての側面も持ちながら、初期は特に、青年漫画のダイナミックな手法を用いて最大限「面白く」しようと描かれているので、異様な迫力に満ちている。何か作者を突き動かすような激しい衝動があったのだろう。その反動で哲学的な展開が強い時もあったりするが、とりあえず20巻くらいまでは大傑作「人切り」エンターテイメント。先日紹介した「無限の住人」より、はるかに一般的な切り口なので、読みやすいだろう。

古くてもいいので面白いコミックを探している方にはオススメの傑作。初版は1999年3月。あの頃特有の世紀末的やけくそ的退廃感も漂っていて懐かしくもあった。

(きうら)


(楽天)


-★★★★★
-, , ,

執筆者:

関連記事

茄子 スーツケースの渡り鳥(黒田硫黄:原作/高坂希太郎:監督) ~無限の住人との比較・感想

茄子 アンダルシアの夏の続編映画 原作の良さをさらに伸長 経済と芸術について深く考えさせられる おススメ度:★★★★✩ 前日の「映画 無限の住人」について、改めて思い返してみたが、やはり、三池監督(あ …

フランケンシュタイン(メアリー・シェリー、芹澤恵[訳]/新潮文庫)

「怪物」とは何かを考えながら読むと面白い 怪奇小説の古典だが、文学的にも読める 科学主義の時代を告げる作品か おススメ度:★★★★★ 【前口上】 『フランケンシュタイン-あるいは現代のプロメテウス』は …

ザ・スタンド(2)(スティーヴン・キング/文春文庫) ※レビューとおススメ度、軽いネタバレあり

「崩壊後」の世界が緻密に描かれる 魅力あふれるキャラクターが次々登場する 作品屈指の名シーンあり。必読 おススメ度:★★★★★ ほとんどの人間が<スーパーフルー>という強力なインフルエンザで死に絶えた …

ザ・スタンド(5) (スティーヴン・キング/文春文庫) ~あらすじとおススメ度

大長編パンデミック系ホラーの完結編 善と悪が交錯するダイナミックな展開 不思議な後味と感動 おススメ度:★★★★★ 第5巻は、強力なインフルエンザ・ウイルス<スーパーフルー>が実験施設から漏洩したこと …

続巷説百物語(京極夏彦/角川文庫) ~(紹介・後編)、あらましと軽いネタバレ

「死神」にまつわる凄惨な連作怪談 3つのエピソードがあるが最後はプロローグ的な短いもの かなり猟奇的な描写があるので注意 おススメ度:★★★★★ 長いお話なのと、前半・後半でカラーが変わるので2回に分 …

アーカイブ