★★★☆☆

悪の教典(貴志祐介/文藝春秋)~あらすじとそれに関する軽いネタバレ、感想

投稿日:2017年3月29日 更新日:

  • 人気者教師のとんでもない素顔を描く学園ホラー・ミステリ
  • 残酷描写はかなり多め。
  • 終盤はあの小説にそっくり。
  • おススメ度:★★★☆☆

このブログでも何度も取り上げている貴志祐介氏の作品。発表当年は「このミス一位」「週刊文春一位」など華々しい評価を受けた作品で、映画化もされ、非常に有名だと思う。
しかし、はっきり言うとこれは作者の最良の作品ではない。もっとひどいことを言わせてもらえば凡作だ。「黒い家」や「クリムゾンの迷宮」、「新世界より」の方が明らかに優れている。

(あらすじ)高校の英語教師である蓮実聖司(生徒間での通称はハスミン)は、イケメンで頭脳明晰、生徒を初め、学校中の人気者。しかし、その素顔は凄まじい残虐性、というか、相手の痛みを感じないいわゆるサイコパスだった……という筋書き。長い話だが、特に後半は血みどろの展開が連発する。それまでもかなり陰湿でキモイ描写が多い。

著者は個人的に大好きだが、この話を「無理して書いているな」「心がこもってないな」という印象を受けた。読者に受けるための要素を一生懸命に調査し、それを作品として仕上げた。それは商業的に成功した。プロがプロの仕事をし、正当に評価されたと言ってもいい。でも、である。貴志祐介はこんな程度ではないはずなのだ。これでは、そこら辺の凡百作家と変わらない。しかも、自ら苦手とする恋愛やエロ、若者要素を取り込んでいる。

違う見方をすると、敢えて苦手なジャンルに踏み込んで、作家としての幅を広げようとしているようにも見える。そのあと「新世界より」を発表し、それは傑作だと思うので、この試みは必要だと思う。コアな話で申し訳ないが、私が好きなスピッツが、POP路線を脱却してロック路線を取り入れるために「隼(Ama)」というアルバムを作ったのと同様に、一度、自分を壊して見たかったのかも知れない。
内容は上記の通りで、簡単に言えば、イケメン教師が殺人しまくるだけの内容だ。後半はまんま「あの小説(ネタバレ)」と同じような雰囲気になる。あまり積極的におススメはしないが、そこはプロ作家。払った値段分くらいは楽しませてくれる作品でもある。

ちなみに作者には「雀蜂」というさらにどうしようもない超駄作がある。コンスタントに良作を送り続けるのは、作者ほどの天才でも難しいのだろう。「雀蜂」はまた後日紹介してみます。

(きうら)


(楽天)


-★★★☆☆
-, , ,

執筆者:

関連記事

ステーシーズ―少女再殺全談 (大槻ケンヂ/角川文庫)

スプラッタ系ゾンビもの グロくはあるが余り直接的エロ要素は無い ちょっと変わった少女偏愛小説 おススメ度:★★★☆☆ またグロい小説を読んでしまった。副題に少女再殺全談とあるのである程度、覚悟はしてい …

穴の町(ショーン・プレスコット、北田絵里子〔訳〕/早川書房)

「カフカ、カルヴィーノ、安部公房の系譜を継ぐ」物語? 消えゆく町のことを本にしようとする「ぼく」 町が消えることは町に関することがすべて消え去ること おススメ度:★★★☆☆ 【はじめに】 オーストラリ …

最近読んだ本などについて(2018年08月)~読書メモ(015)

読書メモ(15) テクノロジーから歴史書関係の対談本まで 暇つぶし用に読んだもの おススメ度:★★★☆☆ 【はじめに】 八月下旬から九月上旬にかけては、いつもなんやかんやとあって、ややこしい本やホラー …

ラヴクラフト全集(1)(H・P・ラヴクラフト (著)、大西尹明(翻訳)/創元推理文庫)

架空のクトゥルフ神話体系をベースにした怪奇譚 恐怖の周辺を描く独特の作風 コズミックホラーと称される壮大なバックグラウンド おススメ度:★★★☆☆ 日本でも二次創作や三次創作が行われ「知る人ぞ知る」怪 …

未来の年表2(河合雅司/講談社現代新書)

「人口減少日本」で起きること 前著の二番煎じでないわけではないが 高齢の方向けの本になっている おススメ度:★★★☆☆ 本書は、昨年度ベストセラーになったとされる『未来の年表』の続編。去年それを読んだ …

アーカイブ