★★★☆☆

魔法少女まどか☆マギカ上・中・下 ~The different story~ (ハノカゲ /まんがタイムきららフォワード)

投稿日:2017年3月30日 更新日:

  • 人気アニメ「まどか☆マギカ」のスピンオフ・コミカライズ版
  • アニメのもし「あのキャラ」が生き残っていたらという設定
  • 比較的原作に忠実な絵とキャラ。スッキリしないがアリはあり
  • おススメ度:★★★☆☆

皆さんは、アニメ「魔法少女まどか☆マギカ(Wiki)」をご存じだろうか? もし、御覧になられていないなら、この漫画は本編を観ていることが条件となるので、ぜひ、ご覧ください。いまなら「Amazonプライム・ビデオ」に入れば全話みられるはずです。ただし、いつ公開停止になるかは分かりませんので、ご了承を。

前提条件としての「魔法少女まどか☆マギカ」のあらすじ。主人公の住む町では「魔法少女」が「魔女」と戦いを行い、勝てば「魔法少女」のエネルギーが回復し、負ければひどい結末がまっている。主人公の鹿目まどかは「キュウべぇ」に魔法少女にスカウトされるが……。極端なホラー要素も含む、とっても怖いおとぎ話だ。

これがまた、とんでもない「食わせ物」で、「プリキュア」や「プリパラ」、古くは「ミンキーモモ」なんかと同列の扱いで観ると、強烈な「逆襲」を食らうことになる。何も具体的なネタバレには触れないが、先人たちがせっせと積み上げた「魔法少女」という巨大なレゴブロックを、逆にぶち壊しにくるという構図で、視聴者の度肝を抜く。脚本もしたたかで、少しも油断できない作りになっている。
余談だが、アニメに限れば「エヴァンゲリオン」以来の衝撃であった。「魔法少女」と馬鹿にするなかれ。ここ数年でいえば、このアニメを上回る映像作品の衝撃は、海外ドラマ「ゲーム・オブ・スローンズ 第一章:(Ama)」位しか思い出せない。軽い気持ちで見始めると、エライ目にあうので、決して自分の就学前の娘と一緒に見たりしないように。

前置きが長くなったが、この作品は、前半の山場であるシーンが「もし起こらなかったら」という「if」を比較的真面目に描いている。絵は満足できるレベルだし、原作へのリスペクトも忘れない。作者はアニメのコミカライズ版も担当しているので、手慣れたものだ。表紙の二人に興味があれば、読んでみても損のない仕上がり。逆に原作を知らないと何の価値もないので、ご注意を。

レゴブロックやマインクラフトでもそうだが、緻密に出来上がったブロックを壊すときの快感。原作アニメの魅力はそんなところにある。必ず「魔法少女」モノの「お約束」を知っていないと楽しめないが、素晴らしい脚本だ。美少女、友情アリ、バトルアリ、絶望アリ、お色気要素、どんでん返しありと、青少年がアニメに期待する全てが濃密に詰まっている。こだわりを捨てて、大人もみて欲しいな、と思う。

そして「外伝」は「外伝」なので、余程好きな人にしか薦めない。他にも色々外伝を読んだが、この本が一番いいので、紹介してみた。
まずは、原作アニメ(と映画)を味わってください。話はそれからだ!

(きうら)


楽天[ MagicaQuartet ]


-★★★☆☆
-, , ,

執筆者:

関連記事

魔境遊撃隊・第一部/第二部(栗本薫/角川文庫)

「栗本薫」が登場する、南島でのクトゥルー作品 ライトなエンタメで、とくに怖くはない。 「グイン・サーガ」の着想を得たという記念碑的作品 おススメ度:★★★☆☆ これまた、『All Over クトゥルー …

古井由吉「木曜日に」を読む

円陣を組む女たち(古井由吉/中公文庫) 古井由吉の処女作「木曜日に」を読んでみる。 はじめの頃から「古井由吉」は「古井由吉」だった。 分明と不分明をかきわけながら確かめる存在のありどころ。 おススメ度 …

蜂と蟻に刺されてみた(ジャスティン・O・シュミット、今西康子[訳]/白揚社)

「痛さ」からわかった毒針昆虫のヒミツ(副題) 刺されて一番痛い「虫」は何か 昆虫の生態学的見地から得られたもの おススメ度:★★★☆☆ 【はじめに】 原題は『THE-STING-OF-THE-WILD …

百器徒然袋 風 (京極夏彦/講談社文庫)

百鬼夜行シリーズの外伝・主要キャラの榎木津礼二郎が主人公 平凡な設計士・本島の視点で描かれる「ギャグ」ミステリー 本編を知っている読者「には」楽しく読めるだろう おススメ度:★★★☆☆ 「姑獲鳥の夏」 …

今週読んだ作品(12月第3週)と、軽いアニメ感想 ~宝石と詩の世界

鉱物 人と文化をめぐる物語(堀秀道/ちくま学芸文庫) 日本の詩歌(大岡信/岩波文庫) アニメ『宝石の国』(原作:市川春子)についての感想。 鉱物と人や文化との関わり(一冊目)。 日本の古代から中世の詩 …

アーカイブ