★★★☆☆

死の棘(島尾敏雄/新潮文庫)

投稿日:2017年4月2日 更新日:

  • 壮大な夫婦の痴話喧嘩の詳細
  • 妻の狂いっぷりが凄い
  • ひたすら繰り返される嫉妬の恐怖
  • おススメ度:★★★☆☆

この本もいつもの本屋の女性店員さんに推薦頂いた一冊だ。本の帯には「絶望的煉獄か 究極の夫婦愛か」とある。煉獄と言うのは天国と地獄の間のことで、要するに今生きている世界のことだろう。「いま、メディアで話題沸騰『狂うひと「死の棘」の妻・島尾ミホ』梯久久美子」とも書いてある。話題は沸騰しているかどうかは知らないが、これからの注目株だろう。ちなみに昭和56年発行なのでかなり古い本だ

(あらすじ)優しかった妻が作家である夫の浮気で大爆発。今でいう極度のヤンデレに変身し、日々、夫を責め続ける。ただ、それだけの話でミステリでもホラーでもサスペンスでもない。狂う妻、なだめる夫、怯える子供、この構図が延々繰り返される。

はっきり言って私小説的文学作品なので、軽い読書には向かないし、そもそもエンターテイメントを目指して書かれたものではない。しかし、妻のその「狂いっぷり」は一読の価値がある。性的・暴力的な描写はないが、とにかく「言葉攻め」で夫を苛む。夫は自殺を考えながらもひたすら宥める。このやり取りがホラーといえばサイコホラーっぽい。夫婦でやっている「ミザリー(Ama)」みたいなものだ。「夫婦喧嘩は犬も食わない」ということわざがあるが、ここまでやれば「食って」みてもいいのではないか?

思い出すのは、同じく文学者の壇一雄の「火宅の人 (上巻/Ama)」で、これも家族を顧みない文学者の家庭崩壊を描く狂気の長編小説だ。こんな作家ばかりではないだろうが、大なり小なり狂っているのが作家というもので、その妻はそうとう「しんどい」だろうなぁと同情する。井上ひさし氏もDVしてたとか、石川啄木は女狂いとか、まあ、一流になればなるほど変人率も高くなるのだろう。
他人と違うことを考えて文章にし、飯を食うのがプロの文学家だ。だから、そもそも世間と交わること自体、難しいことなのだ。詩を書いてる私の実感でもあるが「誰にも理解できないほど、俺は素晴らしい」と思う節がある。困ったものだ。飯を食う金があってこそ、文章も書けるのだが。

と、いうことで、「狂った妻」を読みたい方にはプッシュできる一冊。小中学生には向かない内容。生きるのはしんどい。

(きうら)


死の棘35刷改版 [ 島尾敏雄 ]


-★★★☆☆
-, ,

執筆者:

関連記事

考える蜚ブリ(ごきぶり)(奥本大三郎/中公文庫)

ファーブル昆虫記の訳者によるエッセイ 上品な読み物。旅行記やファーブルの生涯の描写も多い タイトルの正確な表記は画像参照 おススメ度:★★★☆☆ また何でこの本を読もうと思ったかは簡単で、そのインパク …

人生を変えるアニメ(河出書房新社〔編〕/河出書房新社)~読書メモ(016)

読書メモ(16) 中学生以上の人に向けて、著名人がアニメをお薦めするという内容 基本的に、無難な選定 おススメ度:★★★☆☆ 【おわびと訂正】 はじめにおわびから。以前の記事で、『君の名は。』の主役の …

呪いの恐怖―完全呪符つき (1979年) (目でみる四次元シリーズ)(中岡俊哉/※絶版本)

少年向けのオカルト話と呪いのリアルな方法の解説 オカルト話のエピソードの内容は結構エグイ 絶版本のため、新品では入手不可(今後もたぶん…) おススメ度:★★★☆☆ 絶版本を紹介してどうする …

魔法使いの弟子 (ジョルジュ・バタイユ[著]・酒井健[訳]/景文館書店) ~紹介と考察

バタイユの「恋愛論」についての感想。 失われた実存の総合性を回復させるものとは。 デュカスの同名交響詩に少し触れられている。ちなみにダンセイニの小説とは関係ない。 おススメ度:★★★☆☆ (編者注)本 …

コンパス・ローズ(アーシュラ・K・ル=グウィン、越智道雄[訳]/ちくま文庫)~読書メモ(31)

読書メモ(031) 人生の指針となりうるかもしれない20の短篇 SFとファンタジーと文学の融合 おススメ度:★★★☆☆ 昨年亡くなったアーシュラ・K・ル=グウィン(Le-Guin、1929-2018) …

アーカイブ