★★★☆☆

死の棘(島尾敏雄/新潮文庫)

投稿日:2017年4月2日 更新日:

  • 壮大な夫婦の痴話喧嘩の詳細
  • 妻の狂いっぷりが凄い
  • ひたすら繰り返される嫉妬の恐怖
  • おススメ度:★★★☆☆

この本もいつもの本屋の女性店員さんに推薦頂いた一冊だ。本の帯には「絶望的煉獄か 究極の夫婦愛か」とある。煉獄と言うのは天国と地獄の間のことで、要するに今生きている世界のことだろう。「いま、メディアで話題沸騰『狂うひと「死の棘」の妻・島尾ミホ』梯久久美子」とも書いてある。話題は沸騰しているかどうかは知らないが、これからの注目株だろう。ちなみに昭和56年発行なのでかなり古い本だ

(あらすじ)優しかった妻が作家である夫の浮気で大爆発。今でいう極度のヤンデレに変身し、日々、夫を責め続ける。ただ、それだけの話でミステリでもホラーでもサスペンスでもない。狂う妻、なだめる夫、怯える子供、この構図が延々繰り返される。

はっきり言って私小説的文学作品なので、軽い読書には向かないし、そもそもエンターテイメントを目指して書かれたものではない。しかし、妻のその「狂いっぷり」は一読の価値がある。性的・暴力的な描写はないが、とにかく「言葉攻め」で夫を苛む。夫は自殺を考えながらもひたすら宥める。このやり取りがホラーといえばサイコホラーっぽい。夫婦でやっている「ミザリー(Ama)」みたいなものだ。「夫婦喧嘩は犬も食わない」ということわざがあるが、ここまでやれば「食って」みてもいいのではないか?

思い出すのは、同じく文学者の壇一雄の「火宅の人 (上巻/Ama)」で、これも家族を顧みない文学者の家庭崩壊を描く狂気の長編小説だ。こんな作家ばかりではないだろうが、大なり小なり狂っているのが作家というもので、その妻はそうとう「しんどい」だろうなぁと同情する。井上ひさし氏もDVしてたとか、石川啄木は女狂いとか、まあ、一流になればなるほど変人率も高くなるのだろう。
他人と違うことを考えて文章にし、飯を食うのがプロの文学家だ。だから、そもそも世間と交わること自体、難しいことなのだ。詩を書いてる私の実感でもあるが「誰にも理解できないほど、俺は素晴らしい」と思う節がある。困ったものだ。飯を食う金があってこそ、文章も書けるのだが。

と、いうことで、「狂った妻」を読みたい方にはプッシュできる一冊。小中学生には向かない内容。生きるのはしんどい。

(きうら)


死の棘35刷改版 [ 島尾敏雄 ]


-★★★☆☆
-, ,

執筆者:

関連記事

アンダーグラウンド(村上春樹/講談社文庫)

地下鉄サリン事件の被害者のインタービュー集 多くのどこにでもいる人を襲う奇禍 村上春樹っぽさは随所に感じる おススメ度:★★★☆☆ 【はじめに】 今年、平成30年はご存知の通りオウム真理教の教祖であっ …

慟哭(貫井徳郎/創元推理文庫) ~あらましと感想とちょっとした後悔

連続幼女殺人事件をめぐるミステリ 新興宗教がテーマ いわゆる「あれ」が登場する おススメ度:★★★☆☆ (あらまし)捜査一課課長の佐伯は、連続幼女誘事件の捜査が行き詰まり懊悩する。警察内部にも、組織特 …

絲的サバイバル(絲山秋子/講談社文庫)

本当に、簡単に読めるエッセイ。 一人キャンプの、絲山的堪能法。 これを読んだ後には、酒と、旨いメシが食いたくなる。 おススメ度:★★★☆☆ 芥川賞作家絲山秋子、このエッセイ連載当時、40歳になったとこ …

魔法の水(編集・村上龍/角川書店)

作家人が非常に豪華 ホラーと言えない短編もあり 編集者である村上龍氏の短編は強烈 おススメ度:★★★☆☆ 本作は、村上龍の編集によって別々の作者による短編が9つ収められている。作家陣が豪華で、編集者自 …

古井由吉「木曜日に」を読む

円陣を組む女たち(古井由吉/中公文庫) 古井由吉の処女作「木曜日に」を読んでみる。 はじめの頃から「古井由吉」は「古井由吉」だった。 分明と不分明をかきわけながら確かめる存在のありどころ。 おススメ度 …

アーカイブ