★★★★☆

ナイトランド(ウィリアム・ホープホジスン/原書房)※絶版本~あらすじとそれに関する軽いネタバレ、感想

投稿日:2017年4月9日 更新日:

  • 長編ファンタジーにホラー要素の加わった冒険譚
  • 得たいの知れない怪物のオンパレード
  • 愛する女性をおもいやる男の一途な想い。いい意味で
  • おススメ度:★★★★☆

イギリスの怪奇小説家ホジスンの最高傑作。舞台は未来の地球。愛妻を失った男が百万年後の地球に転生し、妻のイメージをもつ女性を救うために、化物どもが跋扈する「ナイトランド」へ一人足を踏み入れる。はたして女性を救出し無事帰還を果たせるのか。

百万年後の地球は滅亡の危機にあり、化物から身を守るため人類はピラミッド型の建造物に引きこもり暮らしている。主人公の男はテレパシーで交信した女性のいる、もうひとつのピラミッドに赴こうとするわけだが、ピラミッドの外は危険地帯。魔獣や魔人や悪霊や巨大ナメクジなど、不気味な生物がうようよ。

男は単身それらに立ち向かうわけだが、マンガアニメの『進撃の巨人』でいう壁外調査を一人で行うようなもの。それがどれだけ恐ろしいか分かるだろうか。分かったならいいけど。(この作品にも巨人が出てきますが、そいつらはあまり動くことなくじっとピラミッドを見張っているのみ。こっちの方が不気味だ)

男をそこまでさせる動機は、ただ愛する女性に逢いたい、救い出したいという思いのみ。読者は、襲いかかる脅威の連続に立ち向かう男と共に、あやうい冒険へとひきこまれます。
しかし、後半は愛する人を思いやるシーンの連発、ラヴロマンスに次ぐラヴロマンス。これが書きたかったのかよ作者は。私は後半部分を読んでいる間、頭の中で下世話ながら「Feel like makin’ love」の曲が流れまくってました。

残念ながら絶版なので、図書館などで借りて読んでもらうしかないです。ちょっと冗長な所もありますが、大作ファンタジーが好きな人には是非ともお勧めしたいです。

(成城比丘太郎)

編者注:絶版本なので中古が高すぎるのでご注意を。本当に図書館で探してください。~「営利誘拐なら協力せんぞ」「商売抜きだぁ」(カリオストロの城「ルパン」と「銭形」の会話より抜粋)


-★★★★☆
-, , ,

執筆者:

関連記事

死の舞踏(スティーヴン・キング[著]、安野玲[訳]/ちくま文庫)

スティーヴン・キングのホラー評論。 原著は1981年刊行なので、本書で取り上げる作品は古いものです。 つまみ読みの紹介です。 おススメ度:★★★★☆ ホラーものを読む(観る)というのは、当サイトの「こ …

ヒトごろし(京極夏彦/講談社) 【概要編】ネタばれなし(歴史ものにネタばれがあるとして)

土方歳三目線の新撰組伝 徹底した「ヒトごろし」の理屈 面白い、そして長い おススメ度:★★★★☆ 【はじめに】 私は京極夏彦好きなので、この本もKindle版でサンプルをパラパラ読んで、買うことを決め …

古井由吉自撰作品(一)(古井由吉/河出書房新社)

初期作品では個人的に一番好きな小説である『行隠れ』を読む。 死者と生きる者が、一人の若者に重なりあう。 一つの死が家族のありようを浮かびあがらせる。 おススメ度:★★★★☆ 【はじめに】 近年出版され …

クリムゾンの迷宮 (貴志裕介/角川文庫) ~簡単なあらすじと感想

隔離された舞台での頭脳戦を描くサバイバルホラー 非常にゲームを意識した展開。結末に物足りなさも 痛い描写も多数あるので、苦手な方は注意 おススメ度:★★★★☆ 表紙の写真にあるようなまるで火星のような …

怖くて眠れなくなる感染症(岡田晴恵/PHP研究所)

軽く読めるが、中身は結構重い。 身近にある、気をつけるべき病気。 海外渡航する人は特に注意。 おススメ度:★★★★☆ 感染症というのは、人間誰しもかかるし、いつ発症してもおかしくない病気です。(201 …

アーカイブ