★★★☆☆

6時間後に君は死ぬ(高野和明/講談社文庫) ~あらすじとそれに関する軽いネタバレ

投稿日:2017年4月16日 更新日:

  • 未来予知ができる青年が関わる短編連作
  • 落ちは読めるが面白い
  • ただ、少々わきが甘い気もする
  • おススメ度:★★★✩✩

高野氏の著作は結構読んでいるが、失礼ながら当たり外れが激しい方で、外れると手に追えない甘すぎる作風になる。当たると最高のサスペンスかハートフルストーリーが出来上がる。では、この作品は? ちょうど中間あたりに位置する。もちろん、プロが書いたプロの作品だ。面白い。ただ、手放しでは褒められない。

(あらすじ)他人の未来が「ビジョン」として見える青年・圭史が狂言回し役となり6時間後に死ぬ女性と出会うところからストーリーが進行する。全部で6編の短編が収録されているが、そのどこかに圭史が何らかの役割を果たす。直接連関しているのは、最初と最後のストーリーだけだ。

読後感はなかなかいいし、サスペンス的な部分も、標準的な仕掛けだがよくできている。間に挟まるのは、ファンタジーであったり、女性の友情であったり、ホラーやサスペンスからやや距離を置いて描かれている。どうだろう、ネットで調べて★3.5くらいついているケーキ屋さんで評判のケーキを買ったら中々おいしかった、明日また行こうとは思わないが、機会があればまた食べたい、そんな感じで仕上がっている。

導入エピソードがいけないと思う。たしかに、キャッチーだが先が読めるし、高野氏の実力からすればもう一ひねりできるはずだ。これは職人が職人の仕事をしたことを確認しただけ。ただ、途中のダンサーの話はぐっと来た。こっち方面は求めていなかったが、むしろハートフルストーリーとしての出来映えがいい。

ラストも少々不満だ。後味はいいのだが、そこはもう一回物語を回転させないと「甘く」なりすぎてしまう。やや砂糖過多。ただ、軽い読書には最適だし、不遇な主人公たちに共感できればもっと楽しめる。

これも「本屋の店員さん」に薦めてもらった一冊。もう一冊、高野氏の「K・Nの悲劇」も買った。こちらは未読なので、また読了次第紹介したい。自分の知らない本をいつも快く薦めてくださる「店員さん」への感謝は絶えない。
全体的にはサスペンスといえるが、力を入れず、ゆったり楽しみたい一冊。あえて★3としたが、気分的には3.8ぐらいはあってもいいと思っている。

(きうら)

6時間後に君は死ぬ [ 高野和明 ]


-★★★☆☆
-, , ,

執筆者:

関連記事

甲賀忍法帖(山田風太郎/講談社)

忍術バトルが見もののエンタメ小説 展開がかなり早い 個人的に伊賀の方が悪者のように思えてしまう おススメ度:★★★☆☆ 【あらすじ】 時は、江戸時代初期。大阪冬の陣の半年ほど前のこと。徳川家康は将軍後 …

感染領域(くろきすがや/宝島社)

珍しい植物バイオ系サスペンス 途中までは傑作! 不満は無いわけでは無い おススメ度:★★★☆☆ 1/3くらいまで読んだ時は★5でも良いかと思うほど、久しぶりに楽しい作品だった。定番だが、自分の知らない …

仮面病棟(知念実希人/実業之日本社) 〜あらましと感想、軽いネタバレ

病院に立て籠もった犯人と医者のサスペンス 文章は読みやすい。キャラもわかりやすい そこそこ楽しいがもう一捻り欲しい おススメ度:★★★☆☆ (あらまし)アルバイトである病院の夜勤についた主人公の外科医 …

KAPPA (柴田哲孝/徳間文庫) ~あらすじと感想、軽いネタバレ

沼で人が喰い殺された謎を追うルポライター ホラーでもなく、ミステリでもない、サスペンス系 割と明るい雰囲気の気楽な娯楽小説 おススメ度:★★★☆☆ かなり前に「TENGU」という小説を取り上げたが、そ …

七夕の国(1)(岩明均/ビッグコミックス)

超能力と歴史がテーマの伝奇SFものというジャンル 「寄生獣」に比べると全体に緩い雰囲気 もちろん著者特有の人体欠損や非人間的な登場人物も おススメ度:★★★☆☆ 「寄生獣」「ヒストリエ」などで著名な岩 …

アーカイブ