★★★★☆

献灯使(多和田葉子/講談社)

投稿日:2017年4月21日 更新日:

  • 読後感に何も残らない。
  • ディストピア風だが、ちゃちな感じしかしない。
  • なぜこんなものを著したのだろうか。
  • おススメ度:★★☆☆☆

(あらすじ)何らかの「災厄」に見舞われた後、鎖国状態の日本で、死を奪われた老人は不幸に暮らしている。やがて少年と出会い海外へ旅立つ運命に……(以上、きうら追記)。

2014年刊行。おそらく震災後の日本を舞台にしたと思われます。かの国は鎖国中であり、死ねない老人がいつまでも罪を背負うかのように、生き延びている。この設定はそれに苦しめということなのでしょうか。汚染された土地、外来語の使えない状況、などなどその他の設定自体は安直です。それでも話が面白ければいいのだが、まったく面白いところがない。文学だろうとなんらかの面白さがなければいけないと思うのですが。

現代日本の状況を寓話として批判的に書こうとしているのでしょうが、ありきたりな批評性のせいで、発想がうまく活かせていないような気がします。一体何を書こうとしているのかというと、おそらく風刺小説の類いでしょうが、ひねりがなくて安っぽくて味気ないものになっています。豆腐味のガムをひたすら噛んでいるような、そんな感じです(豆腐はおいしいですが)。

何故こんなものを書いたのでしょうか、もしかしたら私が読み取れてないものがあるのかもしれません。難しく考えずに素直にそのまま受け取ればいいのか。それとも根本的な問題として、多和田葉子の作風にこのようなテーマは合わないのでしょうか。どなたかにでも読み方を教えて貰えたら有難いのですが。

もし他人に「何か面白い本ないか?」と訊かれても、本書を薦めることはまずないでしょう。

(成城比丘太郎)

(楽天)


-★★★★☆
-, , ,

執筆者:

関連記事

岩田さん 岩田聡はこんなことを話していた。 (株式会社ほぼ日)/ITTA(NintendoSwich/Steam)

社長の思い出 そのゲーム機でゲーム「ITTA」を遊ぶ。 個人的にジワジワ泣ける おススメ度:★★★☆☆ 岩田聡氏は、2015/7/11に亡くなられた任天堂の元経営者(享年55歳)である。今回は、突発的 …

「新」怪奇現象41の真相(ASIOS/彩図社)

実際に起こった怪奇現象を科学的に分析 短いコラム風で非常に読みやすい 笑えるものから、ちょっと考えさせらるものまで おススメ度:★★★★☆ 実際に起こった怪奇現象や伝説の正体を、真面目に追及するという …

凍(トーマス・ベルンハルト、池田信雄[訳]/河出書房新社)

ベルンハルトの長編小説第1作 研修医が、とある画家を観察する 何もかもが凍てついた集落での呪詛のごとき言葉 おススメ度:★★★★☆ 【はじめに、本書紹介など】 トーマス・ベルンハルト(1931-198 …

紫の雲(M・P・シール、南條竹則[訳]/ナイトランド叢書)

「SF作家」シールの代表作 死をもたらす紫の雲 冒険ものにはじまり、やがて破滅系SFになり、最後は神話へ おススメ度:★★★★☆ 【はじめに】 M・P・シールの『紫の雲』(1901)は、ホラーチックな …

トロッコ(芥川龍之介/岩波文庫)〜趣向を変えて誰でも書けるオリジナル感想文風(小学生向け・理論編)

名作トロッコの感想を小学生風に これでだれでも「普通」の感想文を量産 さらに「良」をもらえるポイントも解説 おススメ度:★★★★✩ はじめに 読書感想文、それはほとんどの人にとって面倒な障害物に過ぎな …

アーカイブ