★★★★☆

献灯使(多和田葉子/講談社)

投稿日:2017年4月21日 更新日:

  • 読後感に何も残らない。
  • ディストピア風だが、ちゃちな感じしかしない。
  • なぜこんなものを著したのだろうか。
  • おススメ度:★★☆☆☆

(あらすじ)何らかの「災厄」に見舞われた後、鎖国状態の日本で、死を奪われた老人は不幸に暮らしている。やがて少年と出会い海外へ旅立つ運命に……(以上、きうら追記)。

2014年刊行。おそらく震災後の日本を舞台にしたと思われます。かの国は鎖国中であり、死ねない老人がいつまでも罪を背負うかのように、生き延びている。この設定はそれに苦しめということなのでしょうか。汚染された土地、外来語の使えない状況、などなどその他の設定自体は安直です。それでも話が面白ければいいのだが、まったく面白いところがない。文学だろうとなんらかの面白さがなければいけないと思うのですが。

現代日本の状況を寓話として批判的に書こうとしているのでしょうが、ありきたりな批評性のせいで、発想がうまく活かせていないような気がします。一体何を書こうとしているのかというと、おそらく風刺小説の類いでしょうが、ひねりがなくて安っぽくて味気ないものになっています。豆腐味のガムをひたすら噛んでいるような、そんな感じです(豆腐はおいしいですが)。

何故こんなものを書いたのでしょうか、もしかしたら私が読み取れてないものがあるのかもしれません。難しく考えずに素直にそのまま受け取ればいいのか。それとも根本的な問題として、多和田葉子の作風にこのようなテーマは合わないのでしょうか。どなたかにでも読み方を教えて貰えたら有難いのですが。

もし他人に「何か面白い本ないか?」と訊かれても、本書を薦めることはまずないでしょう。

(成城比丘太郎)

(楽天)


-★★★★☆
-, , ,

執筆者:

関連記事

海外文学(小説)おすすめ50作品+α(成城比丘太郎のコラム-02)

非-専門家がおすすめする海外文学(小説)。 私の好きな本、もう一度読みたい本を中心に。 一応ホラー的な、ファンタジー的なものもあります(暗い本も)。 おススメ度:★★★★☆ ※編者注 一応全ての作品に …

吉野大夫『後藤明生コレクション・3』(後藤明生/国書刊行会)

「吉野大夫」という人物をめぐるお話 ノンフィクションの体をとった小説 「吉野大夫」を探るうちに、わけいる謎 個人的オモシロ度:★★★★☆ 【1】 今年は後藤明生の没後20年である。去年このブログにも書 …

この世界の片隅に(片淵須直〔監督〕/アニメーション映画)

日常というものを、戦前戦後という地平で連続的に描く 偶有性を帯びて見える「すず」さん 声優から楽しむ「この世界の片隅に」 おススメ度:★★★★☆ ようやく観ました、『この世界の片隅に』を。私はミーハー …

文字禍(中島敦/Kindle版)~概要と感想、中盤までのネタバレ

文字による禍をアッシリアの伝説で説く 短く鋭い文章と明確な主題 ネット時代にこそ意味があるストーリー おススメ度:★★★★☆ 先日、同じ著者による「山月記」を紹介したところ、共同運営者の成城氏より「( …

嗤う伊右衛門 (京極夏彦/角川文庫)

有名な四谷怪談を京極夏彦風にリブート 元ネタが有名なので意外性がある設定 怖いというより非常に美しい物語 おススメ度:★★★★☆ 有名な「四谷怪談」を京極夏彦が独自の解釈を加えて、再構築した作品。映画 …

アーカイブ