★★★★☆

白鳥の王子(野の白鳥) ~世界のメルヘン〈3〉(ハンス C.アンデルセン/講談社/挿絵は池田浩彰氏のもので)より ~あらすじと感想

投稿日:2017年5月2日 更新日:

  • 残酷且つ美しい童話
  • 継母によって追い出された王女の復活譚
  • エロティシズム溢れる挿絵。子供が「見て」いいのか?
  • おススメ度:★★★★☆

最近のアンデルセンの評価はどうなっているのか知らないが、せいぜい「裸の王様」「人魚姫」「雪の女王」ぐらいが頻繁に引き合いに出されるだけで、内容に見合った評価が為されているとは思えない。その中で、今回紹介するのは、物語としても最高に面白く、そして、小学生が読むには少々ショッキングな挿絵が入っている一冊である。

(あらすじ)王様が再婚。娘のエリサは継母に疎んじまれた上、醜い姿に変えられて追放される。11人もの兄の王子たちもこの悪女によって白鳥に変えられて放逐されていた。ただ、エリサは沐浴によって元の姿に戻り、王宮にも復帰するが、今度は執拗ないじめ。それでも、エリサには兄と自分を救う「秘策」があった……。

キーワードは沐浴で、直接乗せると色んなコードに引っかかりそうなので、Googleで「白鳥の王子 挿絵」で調べてもらえれば最初に出てくるはずだ。これを見た小学校の高学年が「目覚めて」しまうのも無理はない。記憶よりは美しくないが、それでも十分衝撃的だ。これが収蔵された童話集が家の本棚に並んでいて、一時期は毎日読んでいた。充分、変態資質を培ったというわけだ。

この後の展開も素晴らしく、いきなり復讐に出るのではなく、もう一回、物語的な「タメ」が入る。これが中々出来ないことだ。そして、ラストの美しさ。11人の美しい王子と美しい王女の対比。想像するだけで、素晴らしい光景ではないか。「裸の王様」ばかり引いてないで、ぜひこの話も広まってほしい。

最初の「悪意丸出し」具合は、シンデレラの継母か、ミンチン先生かというくらいの酷さ。この辺が説諭を飛び出して、サイコホラーっぽくなっているのでマジで怖い。今考えると、あの本にあった話は大体人間の「醜さ」を暴いていたような気がする。

一点注意がある。上記の挿絵が楽しめるのは、絶版になっているリンク先の本だけ(それも手元にないので確証がない)。物語そのものは、ネットであらすじも載っているし、青空文庫でも読めるが、ぜひ、あの挿絵で楽しんでもらいたい。

蛇足になるが、子供のころはアンデルセンの横にグリム童話もあって、その中の一番のお気に入りは「6人の男が世界をあるきまわる」だ。簡単に言うと、それぞれ超能力をもった男たちが成り上がる物語。ラノベでいうところの「能力モノ」の元祖のようで、非常に面白いお話だ。サイボーグ009のさらに原型のようでもある。また、機会があったら紹介したい。ちなみに検索すれば、どちらの話もタダで読めるはずだ。

(きうら)



-★★★★☆
-, ,

執筆者:

関連記事

お見世出し (森山 東/角川ホラー文庫)

舞妓の話が2つ、扇子職人の話が一つ 小編、中編、小編となっているが、だんだん壊れる 久々に嫌なものを読んだ おススメ度:★★★★☆ 読み終えてこれだけ後味が悪いのも久しぶりだ。最初は「ちょっと興味深い …

ぼっけえ、きょうてえ(岩井志麻子/角川ホラー文庫)

短編だが、グロテスクでゾッと来る恐怖感 巧みな岡山弁での語りが魅力的 表題作以外はいま一つ おススメ度:★★★★☆ あちこちの書評で「怖いホラー小説」の話題になると、必ず選ばれているのが、この「ぼっけ …

山の霊異記 赤いヤッケの男(安曇潤平/角川文庫) ~感想と軽いネタバレ

山にまつわる短編怪談集 基本的には登山者の死者の話 語り口も工夫されている おススメ度:★★★★☆ 本来、このサイトで取り上げようと思っていた主なお話は、ホラーというか、怪談のような話だった。もう結構 …

「雨月物語」(『日本文学全集11』)(上田秋成・円城塔[訳]/河出書房新社)~紹介と感想、中程度のネタばれあり

ヴァラエティーに富んだ9編。 観光文学としても読めます。 サラサラと流れるように読める翻訳。 おススメ度:★★★★☆ 『雨月物語』は近世の作品でありながら、(この翻訳によって)まるで現代の幻想怪奇小説 …

ダーク・タワーII 運命の三人〈下〉 (スティーヴン・キング (著)/風間賢二/角川文庫)

相変わらずの超展開ファンタジー ロクでもない仲間ばかり集まる 物語の行方は全く見えないまま おススメ度:★★★★☆ 第1巻では、西部劇風の架空の世界を舞台に、華麗にガンマンとして活躍するローランドの姿 …

アーカイブ