★★★★☆

天使の囀り (貴志祐介・角川文庫)

投稿日:2017年5月4日 更新日:

  • 気持ち悪いとはこういうことだ
  • 貴志作品で二回読みたくないのはこれだけ
  • 意外に読みにくい文章が惜しい
  • おススメ度:★★★✩✩

(あらすじ)主人公の北島早苗は、終末期医療に携わる精神科医だ。その恋人で作家(!)の若者が新聞社が主催したアマゾン調査隊に参加してから、性格が変転し、死への恐怖を忘れたようにふるまい自殺。さらに、調査隊にいたメンバーも次々と……。いったいアマゾンで何があったのか? 「天使の囀(さえず)り」とは? ジャンル的にはバイオ・ホラー系統に位置すると思うが……。

とにかく気持ち悪いの一言に尽きる。こんなネタを考えるのもどうかと思うが、それを「作品」にしてしまった貴志祐介には脱帽する。もし、自分が読書を「清らかなもの」と信じていたら「何なんですかこれは!」と怒り狂っていたかもしれない。最悪のオープニングからどんどん悪化し、あらぬ方向へ展開する物語。そして、ラストの狂気。未来永劫、教科書に載ったりはしないでしょう。
ただ、気持ち悪いといっても様々な気持ち悪さがあるが、この本の場合、

生理的にくる

のである。「黒い家」も「クリムゾンの迷宮」もその手の描写は多々あったが、前者のメインは人間の悪意、後者のメインはゲーム的サスペンスで、今回のようにメインディッシュに「生理的嫌悪感」を持ってきていなかった。だから、貴志ファンでもこの本だけは駄目だという人も多い。

欠点としては、冒頭からメールの内容で始まったり、途中で視点が入れ替わったりし、物語にダイナミックな切れがない。作者も色々考えたのであろうが、その読みにくさも「気持ち悪さ」を助長しているようにも思える。話としては面白いので、それでも読む価値はあると思うが。
ちなみにこれに匹敵する生理的嫌悪を味わいたい奇特な方は「お初の繭」か「孤虫症」を「おススメ」しますので、ぜひどうぞ。

(きうら)


天使の囀り [ 貴志祐介 ]


-★★★★☆
-, , , ,

執筆者:

関連記事

自分の中に毒を持て―あなたは“常識人間を捨てられるか(岡本太郎・青春文庫)

天才芸術家・岡本太郎氏の自伝的エッセー 「人生の道を踏み外す」可能性がある怖い本 恋愛観などは少し退屈な所も。 おススメ度:★★★★☆ 今回は「芸術は爆発だ!」の名言や万博公園の「太陽の塔」、巨大な壁 …

来るべき種族(エドワード・ブルワー=リットン、小澤正人[訳]/月曜社-叢書・エクリチュールの冒険)

「来るべき種族」という新人類? ユートピア文学の系譜を受け継いだSF的作品 謎の力「ヴリル」におびえる語り手 オモシロ度:★★★★☆ 【最初におしらせ】 はじめにちょっとしたおしらせですが、個人的な体 …

大長編ドラえもん (Vol.5) のび太の魔界大冒険 (藤子・F・不二雄/てんとう虫コミックス)

ドラえもん中ホラーと言える演出とアイデア 特に前半の描写が素晴らしい 小ネタも満載。大人も楽しめるSFファンタジー劇 おすすめ度:★★★★☆ 僭越ながら、巨匠と呼ばれる漫画家にも旬の時期というものがあ …

飛騨の怪談 新編 綺堂怪奇名作選 (岡本綺堂/幽クラシックス) ~あらすじと感想、軽いネタバレ

怪談と名のついているが、壮大な歴史伝奇ミステリ ミステリ、因果もの、悲恋もの、歴史、サスペンスが合体 岡本綺堂らしい、読みやすい文体 おススメ度:★★★★☆ 本の紹介にはこうある、以下引用する。 本書 …

幽霊人命救助隊 (高野和明/文春文庫) ~あらすじとそれに関する軽いネタバレ、感想

自殺者が幽霊となって100人の人間を救助 幽霊という題名だが、ホラーではなくエンタメ小説 まったく怖くはないが、面白い おススメ度:★★★★☆ この本は上記の通り、設定こそ「幽霊」という単語が出てくる …

アーカイブ