特になし

「かけがえのなさ」について(成城比丘太郎のコラム-16)

投稿日:

  • コラム(016)
  • 「かけがえのなさ」と「個別性」
  • 「絶対的な喪失」を受け入れられるのか

おススメ度:特になし

最近、野矢茂樹『そっとページをめくる』(岩波書店)を読み終えた。この本に収められているのは、著者自身が新聞に書いた書評と、読書に関することや、自著に関すること。その中で印象に残ったのは、「かけがえのなさ」と「個別性」と「一般性」に関することだった。なぜ印象に残ったのか。それは、この前起こった「京アニ放火事件」のことが頭に浮かばざるを得なかったから。野矢は本書で、「かけがえのなさ」というものが「個別性」と結びついていることを書いていて、さらに「個別性」とはレベルの違う「一般性」についても書いている。

私が本書に書かれたことから連想したのはあらまし以下のようなこと。「京アニ放火事件」をめぐる(報道とかの)アレコレを考えていて、それが「個別性」と「一般性」の両者で捉えられるのではないかということだった。ここで本音を言うと、私は未だ事件に関して実感がわかないし、犠牲者の氏名が公表されても、信じられない想いしかない。その中には、私のよく知っている人もいれば知らなかった人もいた。しかし名前自体を見ても、それらは「個別性」ではなくて「一般性」を帯びた一種の記号にしか見えない。それはなぜかというと、先にも書いたように、事件のことをまだ受け止めきれていないからで、もっというと、個人的には、京アニや(遺族)側の態勢がととのうまで(公表されるのを)待つつもりでいたから。そういう点でいうと、今回報道されたのは残念ではある。

もちろん、遺族の方々の中には、その人がいたという確かな「個別性」を表すために公表に同意した人もいるけれど、それはおそらく報道機関などからの要請があったからだろう。それがなければ積極的にその人たちのことを語っていたかどうか。私はこの記事において、これまで何気なく「個別性」という概念を用いているけれども、よく考えると、今回の事件の遺族にとっては「個別性」を超えているのではないだろうか。私みたいな単なるファンにとっては、犠牲者の方々はアニメーターなどという肩書での「個別性」が先にくるのだけども、遺族や関係者にとってはそれだけでは捉えきれないものがあるのではないだろうか。私などがいくらその人たちのことを知ったとしても、遺族側の抱いていると思われる、「かけがえのない何か」の「絶対的な喪失」には届きえないような気がする、ということを考えていた。

報道することによる、何らかの社会的な効用はあるかもしれない。しかしそれは、結局「一般性」のレベルにしかとどまっていない。私の書いた「個別性」を超えたものと、そういう「一般性」の水準とがあるとして、それらが私の中でないまぜになっているので、どうにもすっきりしないものがある。それは新聞の記事を見た時にもそうだった。

たとえば、「毎日新聞」は8/28付朝刊の一面に、京都府警が身元を公表した犠牲者の氏名を(そのまま)載せていて、次のような一文を添えている。

「毎日新聞は、事件や事故の犠牲者について実名での報道を原則としています。(以下、略)」

なるほど、というかんじである。「原則」とあるからには必然的に例外事項があるわけで、ということは今回の事件はその例外には当たらないということなのだろう。読む限りでは、例外事項が何かには触れていないので、何が例外に当たるのかは分らない。まあ要は、ニュースヴァリューと、何らかの(報道に関しての)不都合とが、今回に関しては矛盾しないからこそ、こうした報道になったのだろう。今回の事件に関しては、犯行に用いられた手段をどう考えていくかという報道はあまり見られないので、他に書くことがないのか、それとも報道機関側にもそれなりの混乱があるのか。というか、報道機関は、これからどのようなフォローをしていくつもりなのだろうか。何もないなら、京アニ側から何らかのレスポンスでもない限り、そっとしておいてはどうかと思うんだがなぁ。

今回の報道に関しては、いろんな方面からそれを糾弾する声が上がっているけれども、どちらも話がすすむと結局は、「実名報道の意義とは何か」といったような「一般性」のレベルにおちいってしまうように思うので、私としてはどちらにも与したくはない。今のところは、「個別性」を超えた「かけがえのない」何らかのものがあるとして、それは何かということをひそかに探っていきたい。それだけ。

(成城比丘太郎)


-特になし
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

雑談【3】(成城比丘太郎のコラム-15)

コラム(015) 夏休みに読みたい作品 夏の100冊読み比べ おススメ度:特になし 【はじめに】 このブログの主要目的はとくにありません。基本的には本などを読み、映画やアニメなどを観て、その感想を書く …

「価値観」について(成城比丘太郎のコラム-14)

コラム(014) 「価値観」という言葉の意味について いくつかの国語辞典から、その字義を考える おススメ度:特になし 【はじめに】 今回書くのは、私の価値観についてではなくて、「価値観」という単語(概 …

「死」とは何か(シェリー・ケーガン、柴田裕之[訳]/文響社)

「死の本質」について哲学的に考える 「死」を考えることで「生」が浮かびあがる 「自殺」の合理性と道徳性について おススメ度:特になし 【はじめに注意喚起】 まず注意として述べておきますと、この日本語版 …

レダ【全3巻】(栗本薫/ハヤカワ文庫JA)

ボーイ・ミーツ・ガール? ユートピア(ディストピア)SFとしてはイマイチ 作者自身の青春のモニュメント おススメ度:特になし 今年(2019年)は、小説家栗本薫の没後10年にあたる。生前は、商業出版さ …

小論・障碍者は社会に不必要なのか?

物書きのざれごと この論説は不愉快かもしれません 賢い人へのお願い おススメ度:特になし 少し前、「相模原障害者施設殺傷事件」の犯人が、直接このままではないが、Wikipediaにもあるように「自分は …

アーカイブ