★★★★☆

「新」怪奇現象41の真相(ASIOS/彩図社)

投稿日:2018年8月12日 更新日:

  • 実際に起こった怪奇現象を科学的に分析
  • 短いコラム風で非常に読みやすい
  • 笑えるものから、ちょっと考えさせらるものまで
  • おススメ度:★★★★☆

実際に起こった怪奇現象や伝説の正体を、真面目に追及するという内容で、以前に紹介した「謎解き 超常現象2」の続編にあたるもの。執筆者は多彩になっているが、編集方針は同じである。

構成としては、世界各国の怪奇現象や伝説をそのまま紹介し、次にその真相について調査するというもの。この手のサイトを運営しているものとしてはどうかと思わないでもないが、私も完全にこの手の現象や伝聞については懐疑派である。そういう考え方なので、様々にばら撒かれている嘘を見破るという意味で、爽快な気分が味わる楽しい読み物である。

今回のくくりとしては、

1.世界を騒然とさせた「怪奇・超常現象」
2.宇宙からの来訪者「UFO事件」の真相 その1
3.人類の未来を見通す「大予言」の真相
4.宇宙からの来訪者「UFO事件」の真相 その2
5.未知の怪生物との遭遇「UMA」の真相
6.歴史を変える大発見!?「超古代文明の真相」

の6章からなり、全部で題名通り41のエピソードが収録されている。

例えば、「マヤのピラミッドから伸びる光の柱」「黒騎士の衛星は存在するか」「イルカの大量座礁死は大地震の前兆か?」「太陽から給油する超巨大UFO」「謎のミイラ『アカタマ・ヒューマノイド』」「ドワーフの都市マクハニックは実存する?」などなど。この手の話が好きな方なら、思わず読みたいと思ってしまうような内容ばかりではないだろうか? 私もタイトルだけ書いていると実にワクワクする。この手の「怪しい話」は、昔は日本のテレビなどでも大真面目に取り上げられていたものだった。感性が昭和すぎるだろうか?

ただ、詳しくは書けないが、インターネットの発達した現代では、この手の話は実にもろく崩壊する。多分、本書を読まなくても上記のタイトルを検索するだけである程度真相は分かるのではないだろうか。事実、本書でもインターネットでの調査が多用されており、あっさり正体が判明するものも多い。ありていに言ってしまえば、ほとんどがデマか作り話、あるいは誤解、何らかの物理現象なのである。読む方もそういう気分で読むので、どういうがっかりな落ちが待っているかと想像するという、ある種の「怪奇ばなし好き」「それを究明する」というプロレスである。まあ、うまく言えないがある種の「ロマン」と言っても過言ではない。

ただ、そんな中にもキラリと光るエピソードもあり、印象に残っているのは「勝手う動くブランコ」(何年間も動いていて、よく住人が目撃する)、伸長15センチで6、7歳というアカタマ・ヒューマノイドのミイラのエピソードである。前者は大体想像はつくと思うが、そのメカニズムの解明が詳しく書かれていて非常に勉強になった。科学的な視点で物事を見ることの重要性が分かる。後者は結論がはっきり出ていないという点で興味深い。ほとんど嘘が一刀両断されている本書では珍しいエピソードであった。

ただ、遠野に出現した河童が、遠野物語も読まずに出てきたとか、地球性UFOの撃墜写真の正体が○○だったとか、思わず力が抜けてしまうような結論も多く、似た落ちのエピソードも多い。なので、一気に読むというよりは、失礼ながら「暇つぶし」にピッタリというのが正直なところだ。お盆休みなど、長期休暇にちょこちょこ読むには、最適な一冊と言える。

何にしても、小学生時代の自分がいかにメディアに騙されていたかが良く分かる一冊である。科学を妄信するのは良くないが、何でもかんでも怪奇現象だと思い込むのも危ないと思う。どちらにしても、ちゃんと自分で調べることが大事だということだろう。

(きうら)


-★★★★☆
-, , ,

執筆者:

関連記事

見えるもの見えざるもの(E・F・ベンスン、山田蘭〔訳〕/ナイトランド叢書)

科学者(や学者然とした者たち)の分析がおもしろい 降霊会や、幽霊や、雪男(怪物)や、吸血鬼など様々な題材 死ぬことがそれほど怖くないと錯覚できるホラー おススメ度:★★★★☆ この前『塔の中の部屋』を …

吉増剛造詩集 (吉増剛造/ハルキ文庫)

(異例の編者冒頭注)今回は詩集ということで、一般の読者の方には敷居が高いと思われるが、この紹介文を書いた私の盟友の文章も相当ぶっ飛んでいる。どこからどこまでが原典で、どこからが感想なのかが良くわからな …

絡新婦の理 (京極夏彦/講談社文庫) ~あらすじと感想、軽いネタバレ(前編)

目潰し魔と絞殺魔の事件を軸に進むシリーズ第5弾 展開が面白く、シリーズ中でも屈指の作品 これまでの京極堂の敵としては一番の難敵 おススメ度:★★★★☆ 著者の作品は結構な数を紹介しているので、恐らく私 …

それでも人生にイエスと言う(V.E. フランクル[著] 、山田邦男 [翻訳]、‎ 松田美佳 [翻訳])

生きる意味を真正面から問う易しい哲学書 「夜と霧」の著者の講演集 ある意味厳しい問いかけもある おススメ度:★★★★☆ 生きる意味と価値についてかたるということは、こんにち、これまでにもまして、なくて …

倉橋由美子の怪奇掌篇(倉橋由美子/新潮文庫)~紹介と感想、軽いネタばれ

「幻想・残酷・邪心・淫猥な世界」を描いた20篇。 簡潔で読みやすい。 著者の博識ぶりがいかんなく発揮されている。 おススメ度:★★★★☆ 倉橋由美子というと、一番(一般的に)有名なのは『大人のための残 …

アーカイブ