3行で探せる本当に怖い本

ホラーを中心に様々な作品を紹介します

★★★☆☆ 読書メモ

『かわうそ堀怪談見習い』(柴崎友香、角川文庫)〜「読書メモ(90)」

投稿日:

  • 「読書メモ090」
  • 怪談作家へと転身するわたしに起こる怪異。
  • 怪談というより、奇妙な話。
  • オススメ度:★★★☆☆

【近況〜怪談】

この夏には、少し怪談を聴きました。怪奇小説も少し読みました。ホラー関係の番組も少し観ました。ホラー関係の番組というと、ほん怖とかです。

ちなみに、私自身に怪談めいたことは起こりませんでしたけど、蟻が家に侵入してきた話なら。20年くらい前に、我が家の飴ちゃんにたかって列をなしていたのとおそらく同種の蟻さんが、数年ぶりに我が家の同じ侵入路からこんにちはしてきましたので、またその侵入経路をふさぎました。ここ最近ふさがなかったからなぁ。

【怪談についての小説】

さて、いくつか読んだ怪奇小説のうち、柴崎友香の『かわうそ堀怪談見習い』を取り上げます。タイトルに「怪談」がついていたので、柴崎友香の怪談とは?と、少し身構えて読み始めました。読みすすめていくうちに、おもしろ怖くなる怪異譚の集まりで、個人的には興味深いエピソードがいくつかありまして。

話の筋は、恋愛作家の「わたし」が怪談作家へと転身するために、東京から故郷の大阪へと戻ってきて、そこから不思議な出来事に遭うようになるのです。

その不思議なこととは、友人の「たまみ」から聞いた怪談や、その他の人物から聞いた話や、自分自身に起こる怪異譚めいた出来事などなどです。この「わたし」には霊感めいたものはないと書いているものの、大阪に戻ってから、何かを思い出すように不思議な出来事に遭うのです。これを読むと大阪が怪談まみれの地だと思われることはないでしょう。

その出来事には、明らかに怪談の類いが含まれます。なぜ故郷に戻ってから怪談めいた出来事に遭うのかの理由めいたものは、作中でほのかに明かされます。27章からなる怪異譚は、それぞれが単独でありつつ、繋がってもいますので、枠物語ともいえるでしょうか。見えない人たちが見えてしまう話や、いわくのある茶筒のことや、蜘蛛に関する話などなど内容は雑多ではありますけど。

作者が、「わたし」を通じて怪談ライフ(?)や怪奇ライフ(?)を楽しんでいるかんじです。最終的に、「わたし」は順調に怪奇現象に見舞われつつ、順調に怪談作家として進んでいけるようです。最終章に現れるもうひとりのわたしとは、何なのか。それ以前の「わたし」の姿なのか。だとしたら、本格的な怪奇作家としてうまくいくのかも。

ちなみに、怪談作家となる「わたし」が眼鏡をかけてるかどうかはわかりませんが、なんとなくかけてるような気がします。

まとめると、ほんとにあった怖い話を少し不思議にしたようなエピソード群ですので、ホラー苦手な人も読めるかと。

(成城比丘太郎)


-★★★☆☆, 読書メモ
-, , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

TENGU (祥伝社文/柴田 哲孝) ~あらすじ・レビュー

「天狗」をテーマにした大真面目なサスペンス・推理系小説 超常現象には極力頼らず、合理的結論が用意されている 社会情勢などの時事ネタ要素もあり。文章は読みやすい おススメ度:★★★☆☆ インパクト抜群の …

荒神(宮部みゆき/朝日新聞社) ~あらすじとおススメ度 ※大きなネタバレなし

元禄時代に現れた怪獣と人々の戦いが真面目に描かれる 登場人物は多いが、丁寧な描写。残酷表現もあり 感想は「ギャーかいじゅうぅ!」に尽きる おススメ度:★★★☆☆ 本の帯に書かれていた文句は「東北小藩の …

女生徒(太宰治/角川文庫・青空文庫)~感想文を楽に書くシリーズ(小学校高学年〜中学生向け例文)

作品は女生徒に仮託した語り。 小学生を想定した感想文。 部分的に適当にきりとってお使いください。 おススメ度:★★★☆☆(作品としての評価) はじめに (戯言のようなまえがき) 読書感想文は、なぜいや …

生ける屍(ピーター・ディキンスン[著]・神鳥統夫[訳]/ちくま文庫) ~印象と感想

ある島(国家)で行われる実験と、それに携わる男の行末。 ミステリーの要素が付け加わっている、社会派小説のよう。 紹介文というより、印象と感想を。 おススメ度:★★★☆☆ 私は、ディキンスンの作品は一度 …

ラヴクラフト全集(1)(H・P・ラヴクラフト (著)、大西尹明(翻訳)/創元推理文庫)

架空のクトゥルフ神話体系をベースにした怪奇譚 恐怖の周辺を描く独特の作風 コズミックホラーと称される壮大なバックグラウンド おススメ度:★★★☆☆ 日本でも二次創作や三次創作が行われ「知る人ぞ知る」怪 …

アーカイブ