★★★★☆

『ネクロノミコン』の物語(H・P・ラヴクラフト、森瀬繚〔訳〕/星海社)~読書メモ(40)

投稿日:2019年5月24日 更新日:

  • 読書メモ(040)
  • 「新訳クトゥルー神話コレクション・2」
  • 超ベタなゴシックホラーとして読める
  • おススメ度:★★★★☆

本書は、ラヴクラフト(と、一部の作品では別の人)が書いた、クトゥルーものから『ネクロノミコン』という一応架空の書物をめぐる作物をあつめたものだが、もちろん『ネクロノミコン』自体にこだわることなく楽しく読める。というか、何も知らずに読んだら、まあコテコテのB級グルメ風のゴシックホラーとしておもしろく読めるかもしれない。では以下に収録作品を。

・「無名都市」
・「猟犬」
・「祝祭」
・「ピックマンのモデル」
・「『ネクロノミコン』の歴史」
・「往古の民」
・「ダンウィッチの怪異」
・「アロンゾ・タイパーの日記」
・「アロンゾ・タイパーの日記[初期稿]」(ウィリアム・ラムレイ)

クトゥルー神話とはもちろんラヴクラフトから始まったと思われるもの。それはいわばシェアードワールドとして、様々な追随者や共鳴者や、また時代をさかのぼった先行者を通しても作り上げられているものなので、『ネクロノミコン』もそうしたクトゥルー神話世界の広がりを通して作り上げられたものといえるかもしれない。本書には、その『ネクロノミコン』の初登場からはじまって、色んな形で『ネクロノミコン』に触れられる短篇があつめられている。もちろん『ネクロノミコン』のことを気にせず読んでもよいと思う。

私は、初めて読んだ(と思う)作品もあったけど、それなりに楽しんで読んだ。といいたいところだが、実は最初の「無名都市」と「猟犬」を読み終わって、「あれっ、なんか怖くない。こんなに怖くなかったっけ?」と思った。そのわけはすぐにわかった。本書には詳細にすぎる訳注がつけられているのだけど、それをいちいち本文を読んでいる途中で脱線しながら読んでいたため、怖くなかったのだ。それはどういうことかというと、クトゥルー神話とは、細かい訳注など気にせずに、本文に出てくる魔導書や神名などをわけのわからないままその響きを楽しむものだと分かったのだ。てなわけでそれが分かってからは、訳注は、各短篇を読み終えた後に、気になる部分だけ確かめるだけにした。クトゥルー神話とは、何か分からないけどそこでほのめかされていることに何かしらの言い知れぬ恐怖を味わうところに醍醐味があるのだから。それでもしかし、なかなか有益に思える訳注や解説もあったことだけ付記しておく。

(成城比丘太郎)


-★★★★☆
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

日本怪奇小説傑作集1 (創元推理文庫)

巨匠たちが描く怪奇・幻想・怪談短編集 万華鏡のような怪奇世界 読書の基本に戻られる良書 おススメ度:★★★★☆ 夏目漱石に森鴎外、芥川龍之介、川端康成、谷崎潤一郎、室生犀星……文学短編集かと思うほどの …

老人Z(大友克洋〔原作・脚本〕、北久保弘之〔監督〕/アニメーション映画)

「老人問題」をテーマにしたアニメーション 1991年公開映画なので少し古いけど、おもしろい この映画に続く現代版を誰かに制作してもらいたい おススメ度:★★★★☆ 【「はじめに」の前に】 本記事を書い …

自分の中に毒を持て―あなたは“常識人間を捨てられるか(岡本太郎・青春文庫)

天才芸術家・岡本太郎氏の自伝的エッセー 「人生の道を踏み外す」可能性がある怖い本 恋愛観などは少し退屈な所も。 おススメ度:★★★★☆ 今回は「芸術は爆発だ!」の名言や万博公園の「太陽の塔」、巨大な壁 …

恐怖箱 怪医(雨宮淳司/竹書房文庫)

医療にまつわる実話系怪談集 変化に富んだ内容で読み応えあり 抑えた文章で読みやすい おススメ度:★★★★☆ 実際に医療現場に携わった著者による実話系怪談集だが、よくあるこの手の怪談集より語り口がアレン …

十五少年漂流記(ジュール・ヴェルヌ(著)、波多野完治((翻訳)/新潮文庫)

タイトル通りの内容の傑作古典少年小説 底本もあるだろうが、翻訳もすばらしい 単純に面白い話を読みたい人に おススメ度:★★★★☆ この有名な少年向け小説を恥ずかしながらこの歳(40~)まで、ちゃんと読 …

アーカイブ