3行で探せる本当に怖い本

ホラーを中心に様々な作品を紹介します

★★★☆☆ 読書メモ

『フォンターネ』(パオロ・コニェッティ、関口英子〔訳〕/新潮クレストブックス)~「読書メモ(70)」

投稿日:

  • 「読書メモ070」
  • 「山小屋の生活」
  • 山には人の歴史あり
  • オススメ度:★★★☆☆

【本書について】

著者のパオロ・コニェッティは、現代イタリアの作家です。本書『フォンターネ』(2013年)は、代表作の『帰れない山』の三年前に書かれたものだそうです。本書の原題(イタリア語)をそのまま訳すと「野生の若者ー山の日誌」というものになるようです。

「山の日誌」とありますから山での生活が書かれたものです。内容的には、著者のコニェッティ自身が山小屋生活をしながら大自然や、山に住む人々との交流を綴ったものです。作家としてスランプに陥ったコニェッティが、山にのぼり孤独と対話することで何かを得ることができたという感じの内容です。要は、都会の生活に疲れたからちょっと山にこもって大自然や孤独と向き合い、やがて回復して山を下りようというところまでを書いたものです。元気になってよかったねー。

山に孤独でいると、そのうち人恋しくなる。そのことは、作中の「僕」だけでなく、山に暮らす人たちも独りは寂しいものと思っているように読めまする。でも、たまに山や田舎にこもって自然と戯れるのもいいよねー。

ところで、本書カバーの裏には、「スマホを捨てよ、山へ出よう。」と書かれてますけど、なるべくスマホは捨てない方がいいですよー。まあ、『ゆるキャン△』の拡大バージョンとして読んでもいいかも。スマホなどの文明の利器(?)を都会に置いて、山にキャンプに行ってみない?みたいな気分で読めます。もしくは、作品で「僕」が向かうのはアルプス山麓なので、アルプスの少女ハイジのアニメを思い浮かべてもいいかも。あるいは、自然描写に関しては、『赤毛のアン』のアニメを思い出してもいいかも。まあ、少女はこの作品にはほぼでてこないけど。

【隙あらば自分語り】

私の祖父母が住んでいた所は、山の方のド田舎だったので、その場所を思い出しながら読んでいました。その田舎には、祖父母の家から歩いて20分くらいかけて行く畑がありました。しかし、その畑は20年くらい前にはすでに放棄されていて、おそらく現在は森に侵略(?)されてることでしょう。というか、人伝てに聞いたところでは、その畑に通じる道自体が森で閉ざされているようです。私も20年以上その畑に行っていませんので。

この自分語り(?)から何が言いたいかというと、山の景色というのはその多くに人の手が入っているということです。山の自然はその多くが人為的だということです。手付かずの(?)自然ならともかく、ふだん人が入る山の景色は人が造り出したものです。山の暮らしの光景には、多くの人の歴史が折り畳まれているとも言えます。

「樹木や草原や渓流からなる、一見したところひどく手つかずで野性的に見える景色も、実のところ人間の手によって何世紀もかけて造りあげられたもので、都会のそれと変わらぬ人工的な風景なのだ。もし人間がいなかったら、山の上のものはひとつとして現在とおなじ姿をしていなかっただろう」(本書、p.28)

山や里山の景色は多くの人間の手によって何百年もかけて造られたものだということは、日本も同じものだということです。『おもひでぽろぽろ』でも登場人物が似たようなことを言ってましたねー。今ある形に造ってくれた、山の人たちに感謝。サンキューでーす。

私がいつも歩いている公園も、人の手によって整備されています。整備してくれてる人たちにも感謝デース。いつも素敵な公園をつくって下さってありがとうごじゃいマース。とはいえ、杉とヒノキの植林ばかりなのも困る部分はあるけど。

とにかく、現代の山の景色にはこれまでの人々の歴史が重なっています。歴史を知るにはまずその土地(地理)を知ることが重要でもありますデース。土地を知るにはやはり地図を見るのが手っ取り早いデース。

私自身は、『地図で訪ねる歴史の舞台(日本)』(帝国書院)という地図を手元に置いてマース。その他にも、歴史地図みたいな本はたくさんありますよー。

(成城比丘太郎)


-★★★☆☆, 読書メモ
-, , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

TENGU (祥伝社文/柴田 哲孝) ~あらすじ・レビュー

「天狗」をテーマにした大真面目なサスペンス・推理系小説 超常現象には極力頼らず、合理的結論が用意されている 社会情勢などの時事ネタ要素もあり。文章は読みやすい おススメ度:★★★☆☆ インパクト抜群の …

ヴェトナム戦場の殺人 (デイヴィッド・K・ハーフォード(著)、松本 剛史(翻訳)/扶桑社ミステリー)

ヴェトナム戦争の米軍の内部犯罪物 実にまっとうなミステリ ヴェトナムへの掘り下げ度は浅い おススメ度:★★★☆☆ 霊能者や呪いに少々食傷気味な気分で、タイトルだけで選んだ一冊。ミステリは数あれど、ヴェ …

クリーピー (前川裕/光文社文庫) ネタバレあり

「不気味な隣人」がテーマ 途中までは傑作感がある 期待と落胆 おススメ度:★★★☆☆ タイトルの意味は本書の冒頭で、 creepy (恐怖のために)ぞっと身の毛がよだつような; 気味の悪い(『小学館ラ …

生ける屍(ピーター・ディキンスン[著]・神鳥統夫[訳]/ちくま文庫) ~印象と感想

ある島(国家)で行われる実験と、それに携わる男の行末。 ミステリーの要素が付け加わっている、社会派小説のよう。 紹介文というより、印象と感想を。 おススメ度:★★★☆☆ 私は、ディキンスンの作品は一度 …

クトゥルー(2)(オーガスト・ダーレス/青心社)

クトゥルー復活を阻止する博士と、五人の若者。 だいたい似たような話。 軽くネタバレしてます。 おススメ度:★★★☆☆ 青心社の「暗黒神話体系シリーズ(クトゥルー神話)」の第二巻です。一巻はラヴクラフト …

アーカイブ