3行で探せる本当に怖い本

ホラーを中心に様々な作品を紹介します

★★★★☆ 読書メモ

『月刊ムー書評大全』(星野太朗、青土社)~「読書メモ(75)」

投稿日:

  • 「読書メモ075」
  • オカルト本などの書評集。
  • オカルト好きな人は読んでねー。
  • オススメ度:★★★★☆

【読書などの近況】

先週末から今週にかけて、電話会社の通信障害や台風(温帯低気圧)の通過などありまして、予定を少し遅らせました。やろうとしていたことを今日(7/6)にずらしました。色んな用事を今日済ませてきましたー。

そのせいで、読書の予定も少しずれました。読書をするときはどの本をどの日程で読むかをだいたい決めているのです。ですので、今回取り上げる本も火曜日には読み終える予定が、遅れたので今日(7/6)にずれこみました。ということで、『月刊ムー書評大全』をようやく読み終えました。

という言い訳をしつつ、紹介します。

【幅広い選書】

『月刊ムー書評大全』は、月刊ムーに連載されていた書評の書籍化です。「ムー」とはあのオカルト雑誌の「ムー」です。私は全くといっていいほどムーを読んでなかったので、こんな書評が載ってるとは思わなかったです。書評の連載自体は、2017年から2022年までになされたものです。この五年間に出版された書籍を書評の対象にしているようです。

書評として取り上げられている本は、都市伝説やUFO・UMA関係などはもちろん、占い(タロット・占星術)や心霊ものや妖怪、陰謀論に神話に古代文明に歴史(偽書)に民俗学に宗教関係、宇宙(天文)や量子力学やサイエンス、果ては恐竜に関する本など。ただし、ホラー小説やホラー漫画や、それに関する本はほとんど取り上げられていません(『呪術廻戦』と『鬼滅の刃』くらいかな)。ホラー小説やホラー漫画やホラー映画やホラーゲームは、ムー的には範囲外なのでしょうか?

『月刊ムー書評大全』で取り上げている本のうち、私が読んだことがあったのは10冊ほど。そのうち6冊の本を私のブログで取り上げました。私が取り上げなかった4冊の本は、正直イマイチだったからなのと、あとはめんどくさかったからです。ブログで取り上げようと思うと、かなり気合いを入れて書かないといけないのです。正直、個人のブログで気合いを入れて書いてもしょうがないとも思うのです。さすがに、めんどくさい本をきちんと取り上げるのは労力がかかるし、なにより知らない分野の本に関してはなかなか取り上げられませぬ。

その点、この『月刊ムー書評大全』の書評は、簡潔にまとめてあるので、いいなーと思います(嫌味ではないです)。というか、個人ブログなので簡単な文章でいいとは思いますが、できればきちんと書きたい性分でもありまする。

【タイトル勝ちの本】

この『月刊ムー書評大全』にて取り上げられたタイトルのうち、もっともインパクト(?)があるのは、『一家心中があった春日部の4DKに家族全員で暮らす』という本でしょう。

著者(星野太朗)が書くように、「キャッチー」すぎる。

【結論】

ここ五年に出版されたオカルト関係の本のカタログ的な書評集です。なので、オカルト好きの人ならオススメ度星5つでもいいです。もし、この書評集に取り上げらている本をすべて読んだ人がいたら、その人の書評をブログとかで読みたいです。もし半分読んだ人がいたら、その人は本物のオカルト大好き人間です。もし一冊も読んだことない人は、もしかしたら、そんな本など読む必要のないほどオカルトに精通しているひとなのかもしれません。

ちなみに私は並以下のオカルティストでしょう。

【余談】

『月刊ムー』というと、思い出されるのは、『ぼくの地球を守って』という漫画です。登場人物たちが手に持っている雑誌は『ムー』をモデルにしたものでしょう。現在の『ムー』の読者はあの漫画のようなことはしてるのでしょうか。

(成城比丘太郎)


-★★★★☆, 読書メモ
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

赤死病(ジャック・ロンドン、辻井栄滋〔訳〕/白水uブックス)~読書メモ(61)

読書メモ(061) 突如世界を襲った伝染病 人類滅亡の危機を描いたフィクション オススメ度:★★★☆☆ 【どーでもいい近況報告】 この記事が投稿されているときには10月になっていると思います。いつもな …

『夜の声』(ウィリアム・ホープ・ホジスン/井辻朱美・訳、創元推理文庫)〜「読書メモ(80)」

「読書080」 海洋ホラーの短編集。 海にまつわるホラー。 オススメ度:★★★★☆ 【近況】 1月はけっこう雪が降りました。九州の競馬場でも雪が降りました。小倉競馬場が雪にうもれることはたまにあります …

ヒストリエ(1)(岩明均/アフタヌーンコミックス)

アレキサンダー大王の書記官エウメネスの人生を壮大に描く 「寄生獣」ばりの強烈なシーンも散見できる一巻 壮大な物語の興味深いプロローグ おススメ度:★★★★☆ 前回、カズオ・イシグロ氏の「忘れられた巨人 …

オオカミは大神(青柳健二/天夢人〔発行〕・山と渓谷社〔発売〕)~読書メモ(47)

読書メモ(047) 「狼像をめぐる旅」 日本各地に残る狼信仰 おススメ度:★★★☆☆ 本書は、日本各地に残る狼信仰をもとめて、主に東日本の社などを著者が巡ったことを、写真付きで記したもの。「お犬さま像 …

2666(ロベルト・ボラーニョ/白水社)

850ページを超える分量。しかも二段組。 謎の作家をめぐる、重層的なストーリー。 読書に辛抱強い人向けの本。 おススメ度:★★★★☆ (はじめに)チリ出身の作家ロベルト・ボラーニョの遺作である本書は、 …

アーカイブ