3行で探せる本当に怖い本

ホラーを中心に様々な作品を紹介します

★★★★☆ 読書メモ

『雌犬』(ピラール・キンタナ、村岡直子〔訳〕/国書刊行会)~「読書メモ(74)」

投稿日:

  • 「読書メモ074」
  • コロンビアの僻村が舞台。
  • 不妊の黒人女性と飼い犬の相剋。
  • オススメ度:★★★★☆

【著者について】

著者のピラール・キンタナはコロンビア生まれの作家です。『雌犬』(原題La perra)は、コロンビア太平洋岸の寒村を舞台にした内容ですが、これは作家自身の生活経験(の一部)をもとに書かれたもののようです。著者は、ラテンアメリカ文学やスペイン語圏文学界隈だけでなく、世界的に注目されている作家のようです。

この作家が本格的に日本に紹介されたのは本作品が初めてでしょうけど、なんともめでたいことです。はじめて読んだ作家ですが、なかなか興味深いものでした。

【あらすじ】

あらすじは簡単です。舞台は、コロンビア太平洋岸にある僻村です。大自然(海やジャングル)に囲まれたその村に住む、黒人女性のダマリス(四十歳)が、一匹の雌犬を譲り受けて育てることから物語は始まります。その雌犬とダマリスたち村の住民とのなんやかんやがこの作品の大筋であります。その「なんやかんや」の中に、人間と動物(主に犬)と大自然にまつわる「愛と暴力」が含まれるのです。

【感想など】

この作品には、とにかく犬が出てきます。猫に関しては、私が読んだなかではこの本には全く出てきません。ダマリスが飼う雌犬やその子犬たちなどなど、犬ばかりです。だからといって、犬好きの読者の人が楽しめるかは分かりません。なんせ、この村の住人たちは、飼うのに面倒になった犬を密かに海へ捨てているのです。その他にも犬たちはけっこうヒドイ目に遭いもします。犬好きの人が読むとかなしくなるかもしれません。

その一方で、海で溺れ死ぬのは犬だけではありません。人間も死ぬのです。この作品内では、二人の人間が腐乱死体で発見されます。その中で奇妙な死に方(?)をするのが、ヘネ氏という老人です。ヘネ氏は、全身がほぼ麻痺していて車椅子でしか移動できません。そんなヘネ氏は、波とともに運ばれる腐乱した遺体となって発見されるのです。身動きのとれないそんな人がなぜ海へ転落したのか。その理由は分からないままですが、なんとも印象に残る出来事です。

まあ、やはり主題としておもしろいのは、ダマリスと雌犬との対比でしょう。最初はその雌犬をかわいがっていたダマリスが、雌犬の行動に翻弄されるうちに、犬への態度を変えていくところがおもしろいところです。犬好きの人にとっては考えられない行動をダマリスがとるのです。

あまり書くとネタバレになってしまうので、このあたりでやめておきます。ダマリスと飼い犬の関係性が変化していくところが読みどころだということだけ書いておきます。犬が奔放に暮らしているのがアクセントになっていて面白いのです。

コロンビアの現代女性作家に興味がありましたら手にとって読んでみてください。

(成城比丘太郎)


-★★★★☆, 読書メモ
-, , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

パンドラの少女(上)・(下)(M・R・ケアリー/創元推理文庫) ~あらましと感想、軽いネタばれ

不気味な存在が跋扈する、ポスト・アポカリプスもの。 荒廃した世界での、命をかけたサバイバル。 自分は何者なのか、ということに苦悩する少女。 おススメ度:★★★★☆ 世界は「<大崩壊>」という人類の危機 …

文字禍(中島敦/Kindle版)~概要と感想、中盤までのネタバレ

文字による禍をアッシリアの伝説で説く 短く鋭い文章と明確な主題 ネット時代にこそ意味があるストーリー おススメ度:★★★★☆ 先日、同じ著者による「山月記」を紹介したところ、共同運営者の成城氏より「( …

パルプ(チャールズ・ブコウスキー、柴田元幸[訳]/ちくま文庫)~読書メモ(35)

読書メモ(035) いい加減な探偵が奇妙な依頼を受けまくる 猥雑だがどこか爽快で、読みやすい、しかし気も滅入る おススメ度:★★★☆☆ 【あらすじとか感想とか】 ブコウスキーは、今年が生誕100年かと …

最近読んだ本と、そうでない本~読書メモ(018)

  ブッチャーズ・クロッシング(ジョン・ウィリアムズ、布施由紀子[訳]/作品社) 火星の人(アンディ・ウィアー、小野田和子[訳]/ハヤカワ文庫SF) 読書メモ(18) 19世紀アメリカの大自然での経験 …

千霊一霊物語(アレクサンドル・デュマ、前山悠〔訳〕/光文社古典新訳文庫)

「語り手」デュマによる「枠物語」 殺人事件から始まる怪奇譚の披露 まさに19世紀オカルティズムの潮流 おススメ度:★★★★☆ 【あらすじ】 時は19世紀フランス。語り手のデュマは20代の劇作家。彼はあ …

アーカイブ