★★★★★

きまぐれオレンジ☆ロード(まつもと泉)

投稿日:2020年10月16日 更新日:

  • さよならオレンジロード
  • 追悼記事みたいなもの
  • 劇場版について
  • 劇場版の衝撃度:★★★★★

去る10月6日に漫画家のまつもと泉先生が亡くなった、という報にふれた。ふだん、ちょっとした有名人が亡くなっても、とくにブログ記事にすることはないけど、最近『きまオレ』について書くことや、それの音楽を聴くことがマイブームというか個人的な推しごと?みたいになってたので、何かいろいろ書きたいと思いました。

この前の記事で、『俺ガイル』でも『きまオレ』には勝てなかったみたいなことを書きました。そのわけを簡単にいうと、小学生であんな漫画に触れたら、そりゃあ変な?性癖もつくほどに魂にすりこまれてしまい、あれ以上は望めないと思ってしょーがないです。しかも、あの衝撃的な劇場版を中学生で観てしまったら、もうこれを越えるものはないと思ってしまうのもとーぜん。

その劇場版のことを、原作者は認めてなかったようですが、個人的にはあの映画があったからこそ、今でも『きまオレ』から目が離せない。今年の春にも『きまオレ』劇場版を観ましたが、本当に何度観ても、胸が痛くなるほどにひかるちゃんが可哀想すぎる。かなしみ度MAXですよほんと。小学生の時には、鮎川に憧れてたけど、劇場版を観てしまうと、ひかるちゃんを応援したくなってしまう(劇場版ラストでは、ひかるのポジティブな面が見られたけど)。

その劇場版を、はじめて観たときには混乱してしまって、「なんだこれ、なんだこれ」と思ってしまったけど、三角関係を突き詰めていくと、ああなってしまう可能世界も考えられるよなぁ、と今では思ってしまう。『俺ガイル』で、もしあれをやってしまったら、たぶん炎上どころの話ではないんだろうなぁ。

ひかるちゃんは劇場版で、「逆転できた」というようなことを言ってたけど、しかし最初から恭介は鮎川に惹かれてたので、ひかるちゃんにはほぼノーチャンスだった。鮎川自身は、自分の初恋の男性と、その男性にそっくりな恭介と、そしてひかるとの友情関係という、みっつの板挟み?になっていた。そりゃあ、鮎川がどーしていいのかわからなくなるのも理解はできる。できるけれど、あの劇場版のような関係性の解消はフツーならしないかもしれない。でもまあ、今でも苦しみながら?数年に一度観るほどに好きではあるので、やはり並のシナリオではない。

で、最近『きまオレ』の記事を書いてから、ここんとこずっと『きまオレ』の歌やBGMを集中的に聴いていた。とくに、劇場版の主題歌である「あの空を抱きしめて」(和田加奈子)をよく聴いている。寝る前に、リピートで曲をかけながら目をつむっておると、時々歌詞の内容にひかるちゃんの姿がダブってしまい、気が付いたら落涙してるときがある。ほんまに和田加奈子は、すばらしい歌手だなぁということです。

それにしても、あのテレビアニメをゴールデンタイムで全国放送してたってのは、ほんまにスゴイ時代やったんやなと思う。ほんで、そんな『きまぐれオレンジロード』を、現代において新しく作り直したらどうなるだろうか。とりあえず言えるのは、鶴ひろみさん以上の鮎川は、ちょっと考えられないなぁということです。NHKあたりで、深夜に数クールでしれっと制作してくれんかなぁ(チラッ)

(成城比丘太郎)


-★★★★★
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

模倣犯(1-5) (宮部みゆき/新潮文庫)

続婦女誘拐殺人事件がテーマのサスペンス小説 事件が複数の視点で描かれる。非常にスリリングな展開 気になる点ももちろんあるが、ページをめくる手が止まらない大傑作 おススメ度:★★★★★/li> 「 …

残穢 (小野不由美/新潮文庫) ~あらすじとそれに関する軽いネタバレ、感想

実際起こった怪異の謎を追うドキュメントタッチの構成 心霊や呪いを信じるタイプの方は、絶対読まない方がいい 展開は地味だが、リアリティ抜群 おススメ度:★★★★☆(あるいは☆☆☆☆☆) 久々に「ヤバい」 …

新版 指輪物語〈1〉旅の仲間 上1 (J.R.R. トールキン (著)/田中明子 (翻訳)/評論社文庫) ~あらすじと感想

現代ファンタジーの元祖ともいえる偉大な名著 弱きものが勇気で悪を撃つ感動の物語 「読みにくさ」は万人の認めるところ おススメ度:★★★★★ 一般的には、映画「ロード・オブ・ザ・リング(Ama)」と知ら …

殺人犯はそこにいる (清水潔/新潮文庫)

実在の誘拐事件に迫る迫真のドキュメント 日本の警察や司法、マスコミへの警鐘 心を揺さぶる文章。読まないのはもったいない おススメ度:★★★★★ 実はこれを「怖い本」というカテゴリーで紹介していいのか迷 …

魍魎の匣(京極夏彦/講談社)

「生きた美少女の入った箱」という際どいネタ! シリーズ最高傑作の呼び声も高い 京極夏彦の作風が嫌いでなければ必読の一冊 おススメ度:★★★★★ 一連の京極堂シリーズでは最も人気が高い(と思われる)本作 …

アーカイブ