まとめ 未分類

この一週間を振り返って(2017年10月22日~10月28日)

投稿日:2017年10月30日 更新日:

前置き

選挙と台風で始まった一週間。私の郷里では、川が氾濫したが、昔から「氾濫慣れ」している地域なので、実家の母に聞くと「いつもの所に水が突いただけ」とのことで、却って落ち着いていた。子どもの頃は、車が通られるような橋が洪水で破壊されたり、家の前の道に濁流が流れたり、中々スリリングな地域だったが、ダムができてからは酷い被害はないらしい。確かに、上記の惨状は小学校時代だけだった。普段降らないところに大雨が降ると危ないのだろう。それでも、被害にあわれた地域も多いと思うので、心より早くの復興を願いたい。

そう言えば、昔住んでいた家は川(一級河川)から直線距離で50mもなかった。堤防もなかった。自転車で川を渡ろうとしたり、河原に子供の身長くらいの落とし穴を掘ったり、ダムを作ったり釣りをしたり、楽しい思い出しかない。そう、私は川の民と呼んでいい(?)のではないか。今でも川の流れる音を聞くと、気持ちが落ち着くのであった。

などと、またもや脇にそれた前説は置いておいて本編へ。

先週の記事

2017年10月
22日 谷崎潤一郎マゾヒズム小説集 ★★★★ S
23日 この一週間を振り返って(2017年10月15日~10月21日)
24日 メイド・イン・アビス ★★★★ K
25日 やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。(12) 評価不能 S
26日 忘れられた巨人 ★★★★ K
27日 タタール人の砂漠 ★★★★ S
28日 ヒストリエ(1) ★★★★ K

総評

先週もホラーというよりは、ファンタジー要素の強い一週間だった。アニメが1本、漫画が1本、小説が4本だが、全体の評価は高く、評価不能を除けば全部★4つなので、ホラー要素が薄くても良ければどれを読んでも(観ても)損はしないはず。その中で異彩を放つ、耽美主義派の谷崎潤一郎から一週間はスタートした。マゾヒズム作品集というだけあって、強烈な印象を残す一冊。耽美とは何たるかを感じられるのではないだろうか。その他、ラノベや文学、岩明均の歴史漫画もあったが、旬という意味ではカズオ・イシグロ氏の忘れられた巨人か。これは今週の一冊で取り上げてみたい。成城氏の読んだ作品は深い作品が多いので、タタール人の砂漠などもおススメ。ラノベは興味があればというところ。

今週の一冊


忘れられた巨人(カズオ・イシグロ[著]・土屋 政雄 [翻訳]/ハヤカワepi文庫)
ノーベル文学賞の波に乗って(調子に乗って)読んでみた一冊。恥ずかしながら、初めて著者の作品に触れた。率直に言うと、ど真ん中直球の重いファンタジー小説を読んだという深い感慨。まさか、ここまで完璧なファンタジーだとは思わなかったので、むしろ意表を突かれたような気分だ。いわゆるハイ・ファンタジーに興味がある方には一読の価値あり。逆にハリー・ポッターなどの楽しい現代ファンタジーを期待されると重すぎるかもしれない。ファンタジーと言っても様々なジャンルがあり、この作品はファンタジー文学でもあるので、単純な娯楽性だけを追っていない。だからと言って身構えるほど読みにくくもない。凡庸な感想だが、色々と考えさせられる物語の展開をする。ファンタジー好きなら、霧に包まれた幻想的で怪奇な世界の旅へ、ぜひ、一度旅立ってみて欲しいと思う。私はもともとファンタジーで読書に目覚めたので、大変楽しい読書体験だった。また、自分でもファンタジーを書いてみたいと思った。

(きうら)

-まとめ, 未分類
-,

執筆者:

関連記事

新編霊魂観の系譜(桜井徳太郎/ちくま学芸文庫)~読書メモ(39)

読書メモ(039) 民俗学から歴史を捉えられるか 著者は柳田國男の弟子 おススメ度:★★★☆☆ 著者は柳田國男の謦咳に接した弟子でもある民俗学者。民俗学と歴史とをどうつないでいくかに、それなりの補助線 …

この一週間を振り返って(2017年10月8日~10月14日)

前置き 先週のまとめは政治的なことばかり書いてしまい、ノーベル文学賞の話題に触れていなかった。正直、この話題を語るのは私より文学に造詣の深い成城比丘太郎氏の方が適任だ。なので、彼とやり取りして印象的だ …

ドラゴンヘッド(1)-(10) 【完結】(望月峯太郎/ヤングマガジンコミックス)

世紀末漫画の傑作 最初の方はよく出来ている 収拾が付かなくなったのが残念 おススメ度:★★★☆☆ 1995年にコミックスの初版を出版しているリアルなディストピアものの漫画。当時は、けっこうブームになっ …

動機 (横山秀夫/文春文庫)

警察・新聞記者・裁判官・元殺人犯の渋いドラマ ミステリ要素からサスペンス、ちょっとしたサイコ的要素も 安定した内容。一編を除いて地味でもある おススメ度:★★★☆☆ 著者の横山秀夫と言えば、「半落ち( …

怪異十三(三津田信三〔編〕/原書房)~読書メモ(014)

読書メモ(14) 三津田信三自身が「本当にぞっとした作品」を選ぶ 直球の怪談といった印象 おススメ度:★★★★☆ 『怪異十三』は、ホラー作家の三津田信三(著者の作品で本サイトで紹介した本:「凶宅」「禍 …

アーカイブ