★★☆☆☆

つばめや仙次 ふしぎ瓦版(高橋由太/光文社)

投稿日:2020年4月13日 更新日:

  • 本当に不思議な小説
  • 薬種問屋の次男坊のえーと
  • 久しぶりによく分からない
  • おススメ度:★★☆☆☆

江戸を舞台に、本所深川の薬種問屋つばめやの道楽息子・仙次の活躍(?)を描く。彼は怪しい話専門の瓦版売りで、本業は無視して生きたいように生きている。友人に剣術使いの梶之進(かじのしん)がいるが、冒頭はその友人に木刀で殴られるシーンから始まる。その理由は、二人の幼なじみのお由有(おゆう)を泣かしたから……んん? この辺で早くも話の方向性が分からず、混乱を来してしまった。あだち充の「タッチ」じゃあるまいし、どういう話なんだと感じた。

タイトルからすれば、少し軽めの怪談話、例えば畠中恵の「しゃばけ」や緑川ゆきの「夏目友人帳」を想像していた。ところが、これが全く妖怪も物の怪も出てこない。

もちろん、事件は起こる。それは「拝み屋」を名乗る怪しい男、八兵衛の「武家の子供を生き返らせる」という騒動だ。基本的にはこの「蘇り」の謎を解くというのがメインのストーリーライン。一応オチもつくし、文章が読みにくい訳ではないのだが、何と言おうか「何についても熱心に語られない」のである。怪談も剣術もミステリも人情噺も盛り込まれているのだが、そのどれもにも傾かない。ひたすら、ゆらゆらと焦点の定まらない「事件」が進んでいく。

例えば、梶之進は剣を抜くと必殺技の名前を叫んだりする。その梶之進と仙次とお由有の三角関係を描くかと思ったら、肝心のヒロインがただのアイコンなのだ。かと言って謎解きはもう始まった辺りからネタは割れるし、お由有の父・医者の宗庵もよく分からない人情家設定。仙次は一人称が「あたし」で、一応ホームズ役なのだが、別に鋭い推理もしないしそれ程切れ物とも思えない。

そんな訳で、何に感情移入していいか迷ってうちに読み終わってしまった。かと言って、読みたくないほど投げやりな文章でもないし、どうにも中身を掴めずに今も何と紹介しようか呻吟している。Amazonの評価はそれなりあり、余計に悩む。

ここで、作者をググってみると、歴史小説家という説明があり、ホラー小説大賞に応募したりして、一応私の好みからすれば的は外れてないと思うのだが、いまだにピンとこない。「感想が無いのか感想」というのもレビュアーとしては悔しいところである。

とは言え、この身の入らない読書感、というのも貴重と言えば貴重だとは思うので、取り上げてみた。車で言えば何の売りも無い無難な車のようで、敢えて不満も感じないが、別に欲しいとも思わないだろう。今現在、世間がウイルスで揺れているいま、こんな本を読んでていいのかどうか、少し心配になってしまった。

ただ、タイトル通りふしぎな気分ではあるので、★2とした。貶すにも褒めるにも、何とも気が入らないのはこの文章から読み取って貰えたらありがたい。まあ、長所はすごく読みやすいことか。

(きうら)


-★★☆☆☆
-, , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

いきはよいよいかえりはこわい (鎌田敏夫/ハルキ・ホラー文庫)~あらすじとそれに関する軽いネタバレ、感想

セックス描写の多い、オカルト的サスペンス 謎の理由が不可解 内容と真逆の純愛もの おススメ度:★★☆☆☆ お話の導入はありがちだが面白い。広告代理店に勤めている由紀恵という主人公は、都心に格安マンショ …

厭魅の如き憑くもの (三津田信三/講談社文庫)

憑き物をテーマにした戦後間もない架空の村の怪異 探偵役が登場する正しいミステリの構造 固有名詞に違和感があるが読みやすい おススメ度:★★☆☆☆ 戦後の昭和の架空の村が舞台で、谺呀治(かがち)家と神櫛 …

日出る国の工場(村上春樹・著/安西水丸・画/新潮文庫)

工場見学の文章とイラスト どこを切っても村上春樹 30年前のドキュメントで時代を感じる おススメ度:★★☆☆☆ 初版発行が1987年平凡社となっている。およそ30年前である(2018年現在)。そもそも …

空飛ぶタイヤ(上)(池井戸潤/講談社文庫)

きわめて真っ当な企業小説 本当に予想通りの展開 随所にいい台詞もあるが・・・・・・ オススメ度:★★☆☆☆(上巻のみの評価) 発刊当初からそのインパクトのあるタイトルからすごく気になっていた一冊。この …

ケモノの城 (誉田哲也/双葉文庫) ~あらましと感想

いわゆる一つの胸糞悪いはなし 実在の事件を材に取ったというか、ほぼそのままの気が よほどのサディストでもない限り読まないほうが良い おススメ度:★★☆☆☆ 本を定価で買って久しぶりに後悔した。むろん、 …

アーカイブ