★★★☆☆

とにかくうちに帰ります(津村記久子/新潮文庫)

投稿日:2017年9月29日 更新日:

  • (小さな)職場という狭い範囲での出来事。
  • あるフィギュア選手をめぐる話。
  • 豪雨の中で必死に歩く姿が、人生の謂を思わせる。
  • おススメ度:★★★☆☆

『職場の作法』……「私」こと、「鳥飼」の視点から職場の人間関係を描いた、短編連作。私は一見他人の行動を観察するだけかと思いきや、「ブラックホール」という話では、ある混乱から自らその関係の網の中に入り込んでしまいます。規模の大きくない職場なので、同僚たちの細かいマイルールや、ちょっとした嫌悪感といった、(ある意味)身近に感じられる出来事の数々です。最後の「小規模なパンデミック」というインフルエンザの蔓延を題材にした話は、その内容を考えるとあぶないものです。さらにいうと、「私」はインフルエンザと推測するだけで、体調不良の人に詳しく病名を聞くわけではないのがおそろしいところです。そういうラフさがこの一編にはあります。

『バリローチェのファン・カルロス・モリーナ』……ふと見かけたフィギュア選手に関心を持った「私」の話。職場の「浄之内」さんは、自分が関心を持ったスポーツ選手は必ずダメになるという、何らかの「厄」がつくといいます。私はその選手のことを「浄乃内」さんに話さないでおこうとするのですが……。津村作品にはスポーツ選手に関する話がよくありますが、だいたいはその人のパーソナルなこととか、(プレイとは関係のない)周辺情報からふくらました妄想などが描かれて面白いです。

『とにかくうちに帰ります』……大雨のため交通機関(バス等)に乗れなくなってしまい、「洲(埋立地)」にとり残される形になってしまった人たちが何とかして帰宅しようとする話。主に、三人の大人と一人の子供(この子供がこまっしゃくれていて面白い)とが、「本土」にたどり着こうと橋を目指して、協力しあいながら徒行するさまを描いています。彼らは雨に濡れながら、家にたどり着いた時の日常の光景をまるで「奇蹟」だと思います。この感覚はよく分かります。私も大雨の中歩いている時には、この苦難・苦行の果てにあるはずの明るい部屋には、汗を流すためのシャワー、自分を待つ人々、まるで《ネクタル》のごときビール、バカバカしいテレビのアホっぽい笑い声などが待っていると思い込んだものです。ちょっとした苦難の最中にふと浮かぶ何気ない日常が遠い空想のように思えてくることはあるでしょう。

(成城比丘太郎)


-★★★☆☆
-,

執筆者:

関連記事

ザ・スタンド(4)(スティーヴン・キング/文春文庫) ※レビューとおススメ度、軽いネタバレあり

「善」の停滞と葛藤を描くシリーズ第4弾 前半は退屈、後半に焦点がある ナディーンに注目。表紙の美しい女性が彼女(だと思う) おススメ度:★★★☆☆ 第4巻は、<フリーゾーン>つまり「善」側の人々の葛藤 …

雪の階(奥泉光/中央公論新社)

心中事件を探る推理ものの体をとったもの 奥泉文学の題材を詰め込んだ、ごった煮的作品 いろんなものに目を配った娯楽小説 おススメ度:★★★☆☆ 【時候の挨拶的まえがき】 先日(4/2)、軽い花見をしてき …

かもめのジョナサン 完全版(リチャードバック (著)/五木寛之 (翻訳)/新潮文庫) ~ベストセラーを読む(4)

「飛ぶ」ことを純粋に求めるカモメの物語 いろんな意味でひたすら「美しい」 伝説化したのが分かるような、そうでないような おススメ度:★★★☆☆ 初めに読んだのは1974年に発行されたバージョンなので、 …

本の雑誌血風録 (椎名誠/朝日文庫)

椎名誠たちの黎明期を描く 馬鹿げに満ちた壮大なプロローグ 著者が好きな方には勧めたい おススメ度:★★★☆☆ 本書は、小説家・エッセイスト・映画監督・タレント・編集者と、様々な顔を持って活躍していた3 …

最後から二番目の真実(P・K・ディック[著]、佐藤龍雄[訳]/創元SF文庫)

世界を二分する勢力による戦争の行方とは。 地下に移り住んだ人々に隠された真実。 主要人物数人のドラマ。 おススメ度:★★★☆☆ フィリップ・K・ディックは日本でよく読まれています。最近読んだ『フィリッ …

アーカイブ