★★★★☆

ねじの回転(ヘンリー・ジェイムズ[著]・土屋政雄[訳]/光文社古典新訳文庫) ~あらすじと感想

投稿日:2017年8月26日 更新日:

  • クリスマスイブに古い屋敷で行われた怪奇譚。
  • 二人の美しい子どもたちと、二人の亡霊と、家庭教師の女性と。
  • (ゴシック小説風)ホラーとして読めます。
  • おススメ度:★★★★☆

本書は、聞き手の「私」を含む何人かで、クリスマスイブに、怪奇譚を披露する集まりからはじまります。「ダグラス」という男性が、昔出会った女性の家庭教師から送られた手記を朗読するのですが、その手記の内容部分、つまり本書で詳しく語られる女性の体験談は、実は「私」が正確に書き写したものです。ダグラスが朗読した女性の手記を、「私」が書き写して公表しているという形になるわけです。さらに、必ずしも「私」と同一ではないジェイムズが、この「三重の枠組みで語られた」(「解説」)ものを再構成した作品と読むと(ムダな深読み)、さらに四層の構造になって、そうなると「虚構」である感が強まります。

物語の筋は簡単です。その手記の書き手である女性(「わたし」)が、家庭教師として雇われて、「イングランド西部」の「カントリーハウスであるブライ」という土地に派遣されます。雇用主の男性は相当の紳士であり、彼女はこの雇用主に何かしら魅惑されたと思しき面があり、それがこの物語における女性の心理に何かしらの影響を与えているようです。そして、仕事に関する厄介事は雇用主に相談してはならない、全部自力で解決しなければならないという条件がまた、女性に更なる心理的な影響を与えたかもしれないと、読むことができるように思います。

その心理とは、(ためらいながら)女性が請けた仕事を、全部自分ひとりでやりきらねばならないという気負いからくるものでしょうか。仕事の内容とは、屋敷に住む二人の子供たちの家庭教師です。マイルズとフローラという、とても美しく、清純そうな見た目なのです。彼女は二人から良い印象を受けます。彼女はこの仕事を受け、ブライの地へやって来た時には、不安をおぼえ、気が滅入るのを感じたりしたのですが、この二人の明るさと雇い主への思いから、何とかやっていけそうだと思います。また、グロースという「お目付け役」の女性の存在も彼女にとって、良い相談相手になったようです。しかし、このグロースは、話が進ませるための都合のよい人物のようにもとれました。家庭教師の「わたし」だけでは、単なる妄想の話ともなるからです。「わたし」を相対化する人物として、この作品の恐怖が増すような役目をはたしているようです。

さて、その矢先に、彼女は塔の上に見知らぬ男を見かけます。さらに、今度は池のそばで、「女」の姿を見ます。この辺りは、「わたし」の心理状態が、何らかの恐怖対象としてあらわれ、彼女の外的世界受容について反射的な影響を与えているようにも思えました。この二人が屋敷に関わる人物だということをグロースから聞きながらも、「わたし」以外にその姿を見ることはありません。これ以降は、普通に読むと、神経質になっていく「わたし」が、周りの人(特にグロース)を振り回して行く様として捉えられます。

「私」が見た亡霊が実在していて、本当に彼女の思っている通りなら、ある意味彼女はその亡霊たちにとり憑かれたわけで、亡霊たちの思い通りに動いているとでもいうのでしょうか。それとは逆に、彼女の意識には、亡霊がはっきりと現れていながら、なにかしらの「神経症」におかされているのでしょうか。「解説」に書かれていますが、亡霊が実在するのか、それとも彼女は「神経症患者」なのかという読解は、この作品では(その判断が)回避されるように書かれているようです。そうであっても、「わたし」が狂っていって、最後の悲劇への導き手になっていく作品だと読むと、結構怖いものがあります。

また、「わたし」と子どもたちとの関係でいうと、何かしら迂遠な会話が交わされているように思います。「わたし」は、子どもたちに核心を突くようなことは最後まで聞きません。亡霊がいるかどうかというのもミステリですが、子どもたち自身の亡霊との関係も(一応)ほのめかされるだけで、その辺もミステリ的とはいえます。まあ、最後を見ると、謎ときはなされているようですが。

物語のラストへ向けて、ねじが回されていくように進む恐怖小説として読むと、結構面白いです。

(成城比丘太郎)



ねじの回転 (光文社古典新訳文庫) [ ヘンリ・ジェームズ ]

-★★★★☆
-, , , ,

執筆者:

関連記事

廃市(福永武彦/小学館P+D BOOKS)~紹介とレビュー

少し暗いところと、観念的(抽象的)なところとがあります。 きちんと構成された作品もあります。 表題作の映画についても。 おススメ度:★★★★☆ 福永武彦というと、今では、作家の池澤夏樹の父親としても知 …

ぼっけえ、きょうてえ(岩井志麻子/角川ホラー文庫)

短編だが、グロテスクでゾッと来る恐怖感 巧みな岡山弁での語りが魅力的 表題作以外はいま一つ おススメ度:★★★★☆ あちこちの書評で「怖いホラー小説」の話題になると、必ず選ばれているのが、この「ぼっけ …

野火(大岡昇平/新潮文庫)

極限のサバイバルを描く一級のサスペンス 洗練された読みやすい文章 哲学的な世界観に圧倒される おススメ度:★★★★☆ 敗戦間近のフィリピンの戦線で、肺病を患った下級兵卒・田村の厳しい逃走生活を描く。逃 …

十五少年漂流記(ジュール・ヴェルヌ(著)、波多野完治((翻訳)/新潮文庫)

タイトル通りの内容の傑作古典少年小説 底本もあるだろうが、翻訳もすばらしい 単純に面白い話を読みたい人に おススメ度:★★★★☆ この有名な少年向け小説を恥ずかしながらこの歳(40~)まで、ちゃんと読 …

人体模型の夜 (中島らも/集英社文庫)

ユーモアのある作風が特徴のホラー短編集 豊富なアイデアで読んでいて飽きない オチが滑ることもあるが、よくできた話も多い おススメ度:★★★★☆ 人体のパーツをテーマに18の短編を集めホラー短編集。住人 …

アーカイブ