3行で探せる本当に怖い本

ホラーを中心に様々な作品を紹介します

★★★★☆

ぷよぷよ テトリス S ~レビューと回顧録

投稿日:

  • テトリスとぷよぷよが上手く融合
  • 楽しいキャラクター
  • 安定の面白さ。接待用にも最適
  • おススメ度:★★★★☆

ストーリーのある「ゼルダの伝説 BOW」はともかく、さすがに怖い本のサイトでパズルものゲームの紹介は無いだろうという方もいるでしょう。しかし、ちょっと語らせて欲しい……このゲームの「ぷよぷよ」に出てくる「アルル」と「カーバンクル」のオリジナル作品をリアルタイムで遊んだ者として……‼︎ 恐らくこのサイトの読者の99.9%は該当しないと思う。お話はMSX2というキカイに遡るのであった。

そもそもですね……その昔、何十万円もするパソコン(NECのPC-88シリーズなど)を買えない若者の為にMSXというキーボードに本体が内蔵された様なパソコンがありましてね……その後継機種がMSX2だった。そりゃあ、ファミコンにも劣る様なグラフィック性能だったのだが、これが自分でプログラムを組めるというアドバンテージがあった。それでも3万円くらいしたので、14800円(消費税のない時代!)のファミコンの約2倍の価格。でも、プログラムが組めるということは理論的には無限に自分でゲームが作れる(と、思っていた)。

そのMSX2用にディスクステーションという、今で言う月刊誌の様な感覚でゲームを何本か収録したソフトが出ていた。これは実に画期的で、一本のソフトに幾つものゲームが入ってるのは夢の様な出来事(と、思っていた)。実際には、いわゆる「ミニゲーム集」だったのだが、「ミニゲーム集」というジャンル自体がない時代、実に画期的な試みだったのだ。

前置きが長くなったが、「ぷよぷよ」に登場するアルルとカーバンクルが登場するのが、このディスクステーションに収録された「魔導物語」という3DダンジョンRPGなのだ。ポリゴンなど影も形もない時代、3Dとは名ばかりのそれはもうショボいものであったが、キャラクターデザインとストーリーに光るものがあった(との記憶が朧げにある)。

話は回り回ってこのゲームに戻るが、記憶にあるアルルよりずっとファンキーなキャラが今風のデザインで登場する本作はテトリスとぷよぷよがクロス対戦できるゲームのニンテンドースイッチ版である。全くタイトル通りで紹介する余地もない。様々なモードがあるが、ストーリーモードはまあ、あってもなくてもいいような話と可愛いキャラで様々な条件で敵と対戦する。テトリスもぷよぷよも強制的にやらされるので、どちらかが苦手でも慣れれてよい。インターネット対戦もちゃんとできるので、腕に覚えのある宇多田ヒカルのような人でも大丈夫だ。

ゲームそのものは遥か昔に完成されたシステムなので面白いというより「よく知ってる」という感覚だ。ゲームとしてはロードも速いし、ボイスも悪くない。ちゃんとテトリスとぷよぷよで戦えるので、私のような古いゲーマーでも楽しめる。息抜きにはちょうどよい。子供たちも結構楽しんで遊んでいるので、ゲーム性そのものは高いと言える。なので、おススメ度は高くしてみた。

私の自慢は、ファミコン版のテトリスをいち早く買って遊んでいたことだ。それを見た当時の母親の感想は

「またピコピコ(ファミコンのこと)ばっかりやって!」

というお叱りだけであった。その後、テトリスが世界を席巻しようとは夢想だにしなかったが、ゲームに対するその慧眼が何か人生に役に立ったかと言うと、全くないと断言できる。結論としては、このゲームは面白いが、所詮、生きる為には何の役にも立たない(直接的には)。無理やり怖い話をするすれば、ゲームをやってる時間は人生が「止まってる」と思った方がいい。ただただ、老いていく……せめて将棋でもやってれば良かった……(時事ネタ)。

因みにカーバンクル、頭から破壊光線を出す(という四コマ漫画を「MSX・FAN」という雑誌で読んだ)。古い話だけに、実にカッコの多いお話でした。

(きうら)



(コジマ楽天市場)

-★★★★☆
-, ,

執筆者:

関連記事

「雨月物語」(『日本文学全集11』)(上田秋成・円城塔[訳]/河出書房新社)~紹介と感想、中程度のネタばれあり

ヴァラエティーに富んだ9編。 観光文学としても読めます。 サラサラと流れるように読める翻訳。 おススメ度:★★★★☆ 『雨月物語』は近世の作品でありながら、(この翻訳によって)まるで現代の幻想怪奇小説 …

海外文豪のこわ~い話(仮) スペードのクイーン(プーシキン/光文社)&グランド・ブルテーシュ奇譚(バルザック/光文社)

二編とも復讐にまつわる怖い話。 現代的な話として翻案できそうな面白さ。 短編で簡単に読める。 おススメ度:★★★★☆ 『スペードのクイーン』の舞台はペテルブルグ。「若い工兵将校」のゲルマンは、勝負好き …

2666(ロベルト・ボラーニョ/白水社)

850ページを超える分量。しかも二段組。 謎の作家をめぐる、重層的なストーリー。 読書に辛抱強い人向けの本。 おススメ度:★★★★☆ (はじめに)チリ出身の作家ロベルト・ボラーニョの遺作である本書は、 …

グスコーブドリの伝記(宮沢賢治/ちくま文庫) ~あらましと感想

残酷で美しい少年の成長記 静かなラストに深い余韻 宮沢賢治史上、最大のエンターテイメント小説 おススメ度:★★★★✩ 私の母が宮沢賢治のファンで、幼いころに「銀河鉄道の夜」を読めと、私に盛んに薦めてき …

死刑 その哲学的考察(萱野稔人/ちくま新書)

日本の死刑制度のもつ意味とは。 道徳的に、または政治哲学的に考える。 価値観の押しつけや、抽象論に堕しない死刑の考察。 おススメ度:★★★★☆ 【大雑把な本書の見取り図】 まず、(欧州に非難される)日 …

アーカイブ