★★★☆☆ 未分類

ほぼ日の怪談。 (ほぼ日ブックス)

投稿日:2020年6月22日 更新日:

  • いつもの怪談
  • 何となく読み飛ばしてしまった
  • まあ、普通
  • おススメ度:★★☆☆☆

久しぶりの怪談集だが、まあ、いつもの「実話怪談」系ということで間違いない。違うと言えば、「ほぼ日の」というタイトルの示す通り、ほぼ日刊イトイ新聞という糸井重里が主宰するサイトで蒐集された階段集であるということ。

実は、このサイトはかなーり古くからあり、ゲーム関連を始め、幅広い話題を扱っている。その、高等遊民のようなスタイルは、時代を先取りしていたとも言えるが、今となっては「手帳屋さん」のイメージが大きいが。

この怪談集も、恐らく掲載当時に読んでいるものが多かった。例えば、教室で談笑していると、ある生徒がびっくりした顔で硬直する。あとで聞くと、窓に無数のひとがはりついていた……というような内容だ。これ自体はどうということもなく、ああそうか、程度の感想であるが、実は糸井重里が関わっているという点に付加価値があるのである。

今の若い人は知らないかも知れないが、糸井重里と言えば「トトロのお父さん」であり、「くうねるあそぶ」や「みなさんおげんきですか」、ジブリ系の映画のキャッチコピー「落ち込んだりもしたけど、私は元気です」などのキャッチコピーで一世を風靡したコピーライター界の巨人である。一行数億ともいわれるこの業界での成功者であろう。

ただ、最近はTwitterでたたかれることもあり、全盛期の勢いはない。知らない人も増えた。この怪談集も全盛期に読んでいれば、糸井重里という「リアリティ」が面白くさせてくれたかもしれないが、今となっては普通の怪談集である。

とはいえ、スッキリ読みやすく、それなりに読める話も多いので、この手の怪談が好きな私のようなヒトビトには、とりあえず、読んでみてはどうかなくらいの内容だ。

糸井重里は私にとってはゲーム「Mother」のシナリオライターという印象が強い。面白そうなことにはなんにでも首を突っ込む、というスタイルは、時代をかなり先取っていたのであろう。逆に今はユーチューバーなど、その劣化コピーのような素人スタイルばかりで辟易しているが。

そんなことを思いながら、よくある「何かが憑いている!」「誰かに呼ばれた」「謎の着信があった」などと言う怪談をしみじみと読むのであった。

(きうら)


-★★★☆☆, 未分類
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

メメント・モリ(後藤明生/中央公論社)

「私の食道手術体験」という副題 自らの「入院雑記」を基に再構成したもの 後藤式に綴られる入院体験など おススメ度:★★★☆☆ 【私と後藤明生との出会い】 後藤明生(ごとうめいせい)は、日本の小説家で、 …

最近読み終えた作品(2018年4月) ~黄色い雨/戦う操縦士

黄色い雨(フリオ・リャマサーレス、木村榮一〔訳)/河出文庫) 戦う操縦士(サン=テグジュペリ、鈴木雅生〔訳〕/光文社古典新訳文庫) 最近読んだ海外文学の感想です。 朽ちていく村と運命を共にする「私」( …

妖し語り 備前風呂屋怪談2(岩下志麻子/角川ホラー文庫)

天女のような湯女・お藤が客から聞く時代怪談 湯女は今で言う風俗嬢(ソープランド?) 嘘と真を行き来するので幻想的 おススメ度:★★★☆☆ シリーズものの本を読む場合、滅多に巻数を飛ばして読まないのだが …

ハイダウェイ(ディーン・R. クーンツ (著), 松本 剛史 (翻訳)/新潮文庫)

刺激的な出だし、エキセントリックな構想 魅力的な悪役ではあるのだが 最後の「やっつけまとめて感」がすごい 飽き飽きするほど聞かされたフレーズ「キングと並び称される」モダンホラーの巨匠クーンツの長編小説 …

考える蜚ブリ(ごきぶり)(奥本大三郎/中公文庫)

ファーブル昆虫記の訳者によるエッセイ 上品な読み物。旅行記やファーブルの生涯の描写も多い タイトルの正確な表記は画像参照 おススメ度:★★★☆☆ また何でこの本を読もうと思ったかは簡単で、そのインパク …

アーカイブ