インテルメッツォ

インテルメッツォ 07-かがく(4コマ漫画)

投稿日:2018年6月8日 更新日:

「加速器(かそくき、particle accelerator)とは、荷電粒子を加速する装置の総称。原子核/素粒子の実験による基礎科学研究のほか、癌治療、新素材開発といった実用にも使われる(Wikipedia)」さらに線形加速器とは「電極間にかけられる電圧には様々な実用上の問題から上限が存在する。その上限を超えて粒子を加速する工夫をしたもののうち、粒子を一直線上で加速するものを線形加速器と呼ぶ。(同Wiki内)」。ここで、自分で理解できないものに出合った時に、使えるセリフを書いておこうと思う。

「イメージでは大体わかる」

これで乗り切ろう。このシリーズは勝手に小百合シリーズと呼んでいるが、顔が変わっているので、同一人物なのかは曖昧。駄洒落になるが、先日上司に玳瑁(たいまい)といったら理解されなかった。そりゃあ、アダマンタイマイでバッチリ学習済みですよ。詳しくは、ファイナルファンタジーで検索を。だいたいイメージで分かればOK!

ちなみに大学時代に習った科学の入門書だが、けっこう体系的に整理されていて役に立つ。科学は大体ではまずい。ただし、30年前の本である(2018年現在)

(きうら)


-インテルメッツォ
-, ,

執筆者:

関連記事

インテルメッツォ 02-あかし(4コマ漫画)

20年前の原画を発掘してきた。だから腕立ての絵は変だ。まあいいか。因みにこれは前の二人なのか、付き合った後なのか前なのかは不明だ。具体的な条件を示してくれるのはむしろありがたいと思う。因みに相手がスポ …

インテルメッツォ 10-くらい(4コマ漫画)

ペンをサインペンに変えたので、色塗りが格段に楽になったが細かい絵が描けなくなってしまった。うーむ難しいが、元の画力があれなので、まあこんなものでしょう。子供を育ててみると分かるけど、たまにこういう気分 …

インテルメッツォ 03-さとり(4コマ漫画)

中学生の落書きのように見えるだろうが、たぶん、それであってる。こういう漫画をよく中学校時代に描いていた。自らの進歩のなさに感動すら覚える。青年は大人になっても「馬鹿」のままなのだろう。でもまあ、馬鹿な …

インテルメッツォ 06-はかい(4コマ漫画)

サラリーマンなら、朝起きたら職場が倒壊してくれないかと一度は願ったはず。いや、一度ではないか。私の中での破壊のイメージは未だに「アキラ」の各シーンか巨神兵のビームだな。私はディザスタームービーも大好き …

インテルメッツォ 05-ひでん(4コマ漫画)

今はもうテレビで放送されることは無いが、子供の時はTV映画のカンフー映画を何よりも楽しみに見ていた。ジャッキー映画を始め、少林寺三十六房や燃えよ!デブゴン(酷い邦題だ)とか。元ネタの「燃えよドラゴン」 …

アーカイブ