★★★☆☆ 読書メモ

エデン郡物語(ジョイス・キャロル・オーツ、中村一夫〔訳〕/文化書房博文社)~読書メモ(42)

投稿日:2019年6月7日 更新日:

(Amazonに画像無)

  • 読書メモ(042)
  • 「ジョイス・キャロル・オーツ初期短編選集」
  • 「北部のフォークナー」
  • おススメ度:★★★☆☆

去年ようやくレムの『エデン』を読んで、そのことを調べているときに、本書のことを知ったので、図書館で借りてきて読んだ。もちろん『エデン』とは一切何のかかわりもない(と思う)。「エデン郡」という架空の土地をめぐる短篇集。この「エデン郡」とは、アメリカ北部と読みとれるよう。以下、収録作品。

・「国勢調査員」
・「盲目の少年との出会い」
・「世界の果て」
・「儀式」
・「白い薄い冬の霧」
・「川のほとりで」
・「洪水に流されて」
・「北門の傍で」

読み始めたはじめの方の短篇は、読んでいるとなんか眠たくなるような、つかみどころのないかんじだった。しかし、読みすすめていくうちに、だんだんと不穏なかんじが作中から漂ってきて、目が覚めてきた。とくに、後半の三篇は、人殺しとかの暴力的な光景が、急に車道へとび出してきた人間の驚いた顔が、一瞬に刻みつけられた永遠のようにひろがって、これはなかなかのおもしろこわさ。

まとめ。人間のちょっとした悪意の噴出といった、そいつらの様々な感情と、それらにあわせて起こったかのような土地にふりかかる自然現象が、なんかごっちゃに渦巻いている。何も期待せずに読んだので、かえっておもろかった。

(成城比丘太郎)

-★★★☆☆, 読書メモ
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

モロー博士の島(H・G・ウェルズ[著]・中村融[訳]/創元SF文庫) ~あらすじと感想

孤島で行われる、狂気のような実験。 人間と獣の境目とは? エンターテインメントとしても読める。 おススメ度:★★★☆☆ (あらすじ)「エドワード・プレンディック」は、「海難事故」にあい、とある「貨物船 …

怒る技術(中島義道/PHP研究所・角川文庫)

中島流「怒る(いかる)」技術の伝授。 怒り方の倫理学ともいえる。 不必要に怒ると、怖いことになる。 おススメ度:★★★☆☆ 怒る(おこる)人を客観的に見ると、怖いものがあります。誰かを恫喝するかのよう …

二十世紀鉄仮面(小栗虫太郎/河出文庫) ~紹介と感想、軽いネタばれ

探偵・法水麟太郎が、ある意味大活躍。 ある一族の行末をめぐる事件の数々。 猛スピードで展開される物語。 おススメ度:★★★☆☆ 小栗虫太郎というと、読んだことはなくとも、あまりにも有名な作品である『黒 …

キャリー(スティーヴン・キング、永井淳〔訳〕/新潮文庫)~読書メモ(013)

読書メモ(13) キングの処女長編 テレキネシス(念動能力)をもった少女の大破壊的復讐までの顛末をドキュメンタリー風に おススメ度:★★★☆☆ 全世界というか、日本で広く読まれているスティーヴン・キン …

死の病いと生の哲学(船木亨/ちくま新書)~読書メモ(62)

読書メモ(062) がん療養の日記 がんになってから考える死と生 オススメ度:★★★☆☆ 著者は、フランス現代哲学専攻の学者。この人の著作はひとつくらいしか読んだことがなかったので、どういう哲学的信念 …

アーカイブ