★★★☆☆ 読書メモ

エデン郡物語(ジョイス・キャロル・オーツ、中村一夫〔訳〕/文化書房博文社)~読書メモ(42)

投稿日:2019年6月7日 更新日:

(Amazonに画像無)

  • 読書メモ(042)
  • 「ジョイス・キャロル・オーツ初期短編選集」
  • 「北部のフォークナー」
  • おススメ度:★★★☆☆

去年ようやくレムの『エデン』を読んで、そのことを調べているときに、本書のことを知ったので、図書館で借りてきて読んだ。もちろん『エデン』とは一切何のかかわりもない(と思う)。「エデン郡」という架空の土地をめぐる短篇集。この「エデン郡」とは、アメリカ北部と読みとれるよう。以下、収録作品。

・「国勢調査員」
・「盲目の少年との出会い」
・「世界の果て」
・「儀式」
・「白い薄い冬の霧」
・「川のほとりで」
・「洪水に流されて」
・「北門の傍で」

読み始めたはじめの方の短篇は、読んでいるとなんか眠たくなるような、つかみどころのないかんじだった。しかし、読みすすめていくうちに、だんだんと不穏なかんじが作中から漂ってきて、目が覚めてきた。とくに、後半の三篇は、人殺しとかの暴力的な光景が、急に車道へとび出してきた人間の驚いた顔が、一瞬に刻みつけられた永遠のようにひろがって、これはなかなかのおもしろこわさ。

まとめ。人間のちょっとした悪意の噴出といった、そいつらの様々な感情と、それらにあわせて起こったかのような土地にふりかかる自然現象が、なんかごっちゃに渦巻いている。何も期待せずに読んだので、かえっておもろかった。

(成城比丘太郎)

-★★★☆☆, 読書メモ
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

三丁目の地獄工場(岩城裕明/角川ホラー文庫)

不条理系スプラッタホラー短編集 最後の1作を除けば凡庸な印象 ホラーとは何を表現すべきか オススメ度:★★★☆☆ もちろん、読書の動機はタイトルである。注目したのは露骨な「三丁目の地獄」の方ではなく「 …

ステーシーズ―少女再殺全談 (大槻ケンヂ/角川文庫)

スプラッタ系ゾンビもの グロくはあるが余り直接的エロ要素は無い ちょっと変わった少女偏愛小説 おススメ度:★★★☆☆ またグロい小説を読んでしまった。副題に少女再殺全談とあるのである程度、覚悟はしてい …

海の底(有川浩/角川文庫)

突如横須賀だけを襲った謎の巨大甲殻類。 潜水艦にとり残された自衛隊員と、13人の子供たち。 警察組織(特に機動隊員)の意地と奮闘ぶり。 おススメ度:★★★☆☆ 本書は、きうら氏が以前紹介していた(20 …

二階の王(名梁和泉/角川ホラー文庫)~紹介と感想、軽いネタばれ

二階に引きこもる兄の正体は? 元「ひきこもり」達だけに見える異形と化した人々 彼らは「悪因研」と称し、見えない悪と対峙するが……。 おススメ度:★★★☆☆ 旧サイトの「新刊を勝手に予想」というコーナー …

魔法少女まどか☆マギカ上・中・下 ~The different story~ (ハノカゲ /まんがタイムきららフォワード)

人気アニメ「まどか☆マギカ」のスピンオフ・コミカライズ版 アニメのもし「あのキャラ」が生き残っていたらという設定 比較的原作に忠実な絵とキャラ。スッキリしないがアリはあり おススメ度:★★★☆☆ 皆さ …

アーカイブ