★★★☆☆ 読書メモ

エデン郡物語(ジョイス・キャロル・オーツ、中村一夫〔訳〕/文化書房博文社)~読書メモ(42)

投稿日:2019年6月7日 更新日:

(Amazonに画像無)

  • 読書メモ(042)
  • 「ジョイス・キャロル・オーツ初期短編選集」
  • 「北部のフォークナー」
  • おススメ度:★★★☆☆

去年ようやくレムの『エデン』を読んで、そのことを調べているときに、本書のことを知ったので、図書館で借りてきて読んだ。もちろん『エデン』とは一切何のかかわりもない(と思う)。「エデン郡」という架空の土地をめぐる短篇集。この「エデン郡」とは、アメリカ北部と読みとれるよう。以下、収録作品。

・「国勢調査員」
・「盲目の少年との出会い」
・「世界の果て」
・「儀式」
・「白い薄い冬の霧」
・「川のほとりで」
・「洪水に流されて」
・「北門の傍で」

読み始めたはじめの方の短篇は、読んでいるとなんか眠たくなるような、つかみどころのないかんじだった。しかし、読みすすめていくうちに、だんだんと不穏なかんじが作中から漂ってきて、目が覚めてきた。とくに、後半の三篇は、人殺しとかの暴力的な光景が、急に車道へとび出してきた人間の驚いた顔が、一瞬に刻みつけられた永遠のようにひろがって、これはなかなかのおもしろこわさ。

まとめ。人間のちょっとした悪意の噴出といった、そいつらの様々な感情と、それらにあわせて起こったかのような土地にふりかかる自然現象が、なんかごっちゃに渦巻いている。何も期待せずに読んだので、かえっておもろかった。

(成城比丘太郎)

-★★★☆☆, 読書メモ
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

邪魅の雫(京極夏彦/講談社) ~続刊「鵺の碑」はいつ出るのか&感想

毒をテーマにミステリ寄りの展開 全体的に薄味の内容で、物足りない 続編は現段階でやはり未定。詳細は下段参照 おススメ度:★★★☆☆ 2017年現在、京極夏彦のデビュー作「姑獲鳥の夏」から長編8編、短編 …

冥談(京極夏彦/角川文庫)

死の香り漂う8つの短篇 靄がかかったような景色が広がる 正統派の怪談という気もする オススメ度:★★★☆☆ 冥という漢字を調べてみると「暗い」という意味以外に、奥深い、あの世という意味もあるようだ。当 …

ザ・スタンド(4)(スティーヴン・キング/文春文庫) ※レビューとおススメ度、軽いネタバレあり

「善」の停滞と葛藤を描くシリーズ第4弾 前半は退屈、後半に焦点がある ナディーンに注目。表紙の美しい女性が彼女(だと思う) おススメ度:★★★☆☆ 第4巻は、<フリーゾーン>つまり「善」側の人々の葛藤 …

実話怪事記 穢れ家(真白圭/竹書房文庫)

毎度おなじみ伝聞調の現代怪談集 どこかユーモアを感じる作風 破綻しているような気もする話もあるが至極真っ当に楽しく読める おススメ度:★★★☆☆(このタイプの怪談集が好きなら★+0.5) 本の紹介には …

ブラックホールをのぞいてみたら(大須賀健/KADOKAWA)~概略と感想

簡単にブラックホールのことがわかる。 「大胆な簡略化」がされていて、厳密な説明がなされるわけではない。 でも、(私のような)理系オンチにはわかりやすい。 おススメ度:★★★☆☆ 2017年のノーベル物 …

アーカイブ