★★★☆☆ 読書メモ

オオカミは大神(青柳健二/天夢人〔発行〕・山と渓谷社〔発売〕)~読書メモ(47)

投稿日:2019年7月19日 更新日:

  • 読書メモ(047)
  • 「狼像をめぐる旅」
  • 日本各地に残る狼信仰
  • おススメ度:★★★☆☆

本書は、日本各地に残る狼信仰をもとめて、主に東日本の社などを著者が巡ったことを、写真付きで記したもの。「お犬さま像」とお犬さまのお札の写真を中心に。これを読むと(見ると)、各地に色々な狼像があるのだなとわかる。これが狼像なのか、といった形状の狛犬も狼像らしいので、なるほど面白いと思った。それに各地の神社では、お札を配って今でも神事を続けているところもある。特に関東(東京圏や秩父地方)では狼信仰(お犬さま信仰)は多くのこっている。パワースポット巡りもあってか、今では愛犬とめぐることもできる神社もあるよう。

あーさて、日本にいたオオカミ(ニホンオオカミ・エゾオオカミ)は明治期に根絶されたと思われている。もちろん今でも目撃情報はあると主張している人たちはいる。その真偽はわからないけども、オオカミに対する何らかの畏怖や信仰はかろうじて生き残っているのだろうか。

江戸時代の江戸で狼信仰が多かったのは、江戸では「火防・盗賊除けの守り神」として敬われていたからという。秩父地方で狼信仰のお札を配ったことから始まったとされる。また、農業に従事する人たちにとっては、害獣である鹿やイノシシなどを襲ってくれる益獣であったことから狼信仰は始まったのだろう。

他方で、東北地方といった馬産地では狼は害獣でしかないので、むしろ恐怖の対象になっていた。個人的に思うに、そうした恐怖の対象が畏怖のそれになり、かえって信仰の対象になることはあろうと思う。そうやってオオカミは、山の神のような存在になって信仰されたという面もあるかもしれない。ということは、もし現在において、狼を日本で復活させたとしたら、馬や家畜が襲われる可能性が高くなるだろう。野生の鹿やイノシシや猿なんかを襲うよりも、家畜をおそっていた方が狼にとっても楽だろうし。だとしたら、狼を日本で復活させたいと(半ば本気で)思っている人たちは、そこらへんの問題をどう考えているのだろうか。よくわからん。

ところで、日本にいた野生のオオカミは、野犬と区別がつかない体型で、しかも犬との雑種もいたらしいことから考えると、もしかしたら、そういったオオカミの血を継いだ野犬が生き残っている可能性は、ないとはいえない。野犬とはその昔、墓場や処刑場で人間の肉を処理する存在でもあった。でも、そういったことがない今にあっては、もうそういった野犬が存在する可能性はないかもしれない。まあ、もしいたとしたら糞(ふん)とか残されていたりするかもしれないので、それが見つかったら面白いなとは思う。

まあなんというか、狼像やお犬さま像を見て歩きたくなった。お札に描かれたオオカミのイラスト像は、なかなかカッコイイのもあるし。

(成城比丘太郎)


-★★★☆☆, 読書メモ
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

孤狼の血(柚月裕子/角川文庫)

ダークヒーローを描く警察小説の一種 ステロタイプと見るか完成度が高いと見るか 熱い大衆小説である おススメ度:★★★☆☆ 昭和63年、広島県の架空の都市を舞台として、暴力団と癒着しながらも独自の倫理観 …

ボクが逆さに生きる理由(中島宏章/ナツメ社)

「誤解だらけのコウモリ」という副題 コウモリが好きになる、かも とにかくコウモリさん、スゲー おススメ度:★★★☆☆ コウモリについて何か知っていますか、と訊かれたら、私は「昔、釣りの帰りに、夕方、川 …

苦役列車(西村賢太/新潮文庫)

赤裸々で陰鬱な青春物語 タイトルほど仕事が苦役でない 寧ろ「生まれ」についての苦悩 私はかねてより、労働の本質を描くと絶対ホラーになるのではないかという意見を持っており、それがこの本を選んだ理由だ。奇 …

ブルックリンの少女 (ギヨーム ミュッソ (著), 吉田恒雄 (翻訳)/集英社文庫)

恋人の衝撃の告白から始まるスピード感のあるサスペンス 連続少女監禁殺害事件が核となっている 前半は素晴らしい出来、後半は賛否の分かれるところ おススメ度:★★★☆☆ 結婚を決めた美しい恋人との運命の夜 …

ワルプルギスの夜(グスタフ・マイリンク、垂野創一郎[訳]/国書刊行会)

長篇2本と、短篇・エッセイ各数篇。 幻想的で、神秘主義的な作品群。 ユーモアのあるものもあります。 おススメ度:★★★☆☆ 本書は、「マイリンク幻想小説集」と題された、マイリンクの長篇と短篇〔とエッセ …

アーカイブ