★★★☆☆

オペラ座の怪人(ガストン・ルルー、平岡敦〔訳〕/光文社古典新訳文庫)

投稿日:2018年6月23日 更新日:

  • リのオペラ座を舞台にした憎しみと愛の劇
  • 怪人の境遇に同情できるか
  • 恐怖譚の中にひそむ滑稽さ
  • おススメ度:★★★☆☆

【簡単なあらすじ】
オペラ座に怪人(ファントム)が出没するという目撃情報が流れだした。そいつの風貌は「黒い服に骸骨の顔」という仮面をかぶった、今でいうならワンピースのブルックを思わせるもの(というかブルックも歌を唄うなぁ)。そう思うと滑稽さが出るかもしれませんが、あくまでも恐怖を振りまく存在。とくにヒロインのクリスティーヌに対しては。オペラ座に住まう怪人は人々をおそろしい目に合わせる一方、そのクリスティーヌに愛情を持って歌のレッスンをするのです。彼女を怪人の手から取り戻そうとするのは、これまた彼女を思うラウール。ラウールとペルシャ人の二人は怪人を追ってオペラ座の地下へと潜るのですが。

【ネタバレ気味の感想】
本作品は、ミュージカル化され、また映画化もされている有名作品です。私はその両方ともに観たことがない(映画の一場面はおそらく観たことありますが)。はじめて「オペラ座の怪人」というものを意識したのは、レーモン・ルフェーブル・オーケストラの曲でしょう。これを書く前に久々に聴いてみたら、オペラ座にいる怪人のおどろおどろしさ(と憎しみの強さ)を感じられる力強い編曲でした。

怪人は、その名称(ファントム)からして幽霊的な存在を思わせますが、しかし、エリックという名前をもつこの怪人は生きている人間なのです。醜い容貌を持ったため不幸な人生をおくったとされ、そのせいで人間への憎しみにとらわれたのです。これはよくあるモチーフなのでしょう。醜い人間が怪物とみなされて忌み嫌われるというものとして。本作がよくある怪物もの(?)と違うのは、単なる外形的な化け物の怖さではなくて、怪人が胸中にはぐくんだ憎悪といえる感情が、人間のなかに潜む闇の感情を照らし出すからです。このことをもって、訳者解説では「サイコサスペンス」の類に通じるといいます。さらに、怪人の憎しみよりも彼の不幸ゆえのかなしみとクリスティーヌへの(ゆがんだ)愛がなぜか読む者へ「哀れみ」を抱かせるようです。そして、怪人たるエリックの容貌が詳しく描かれないところが、かえって読者に彼自身への想像力と同情のようなものをかきたてるような気もします。

本作品は、本来ならおそろしいホラーとして分類されるものかもしれません。まあそうなのでしょう。物語のはじめにみられる怪人の神出鬼没さは、これから何かホラー的な幕開けを思わせます。しかし、読んでいくとなぜだか滑稽な感じの場面にもでくわすのです。例えば、カルロッタという歌姫の声からヒキガエルのように「クアッ」という声を洩らさせるという怪人の仕業や、怪人の存在をなかなか認めようとしない新支配人二人のドタバタや、怪人の用立てをたすけるジリーおばさんの帽子がアニメチックな動きを見せるところなどです。さらに、読んでいく途中から肝心の怪人自体の風貌になぜだかアニメSAO2のデスガンさんが重なってきて、そうなるともうそれだけしか思い浮かばず、読んでいてどこか滑稽さが否めなくなりました。

物語の舞台は、ほとんどがオペラ座にてすすみます。劇場という人々の様々な感情が渦巻く場において繰り広げられるひとつの舞台劇として読むとおもしろいです。

(成城比丘太郎)


-★★★☆☆
-, , , ,

執筆者:

関連記事

海の仙人(絲山秋子/新潮文庫) ~あらすじと感想、軽いネタバレ

「ファンタジー」がつなげる孤独な人たち。 性を介在させない愛の話。 出てくるメシがうまそう。 おススメ度:★★★☆☆ 物語は、春の終わりに、敦賀に住む「河野勝男」のもとに「ファンタジー」となのる男が現 …

ワルプルギスの夜(グスタフ・マイリンク、垂野創一郎[訳]/国書刊行会)

長篇2本と、短篇・エッセイ各数篇。 幻想的で、神秘主義的な作品群。 ユーモアのあるものもあります。 おススメ度:★★★☆☆ 本書は、「マイリンク幻想小説集」と題された、マイリンクの長篇と短篇〔とエッセ …

二十世紀鉄仮面(小栗虫太郎/河出文庫) ~紹介と感想、軽いネタばれ

探偵・法水麟太郎が、ある意味大活躍。 ある一族の行末をめぐる事件の数々。 猛スピードで展開される物語。 おススメ度:★★★☆☆ 小栗虫太郎というと、読んだことはなくとも、あまりにも有名な作品である『黒 …

百年前のバルセロナで何が起こっていたのか

悪女(マルク・パストル、白川貴子〔訳〕/創元推理文庫) カタルーニャを知る事典(田澤耕/平凡社新書) 死体泥棒(スティーヴンソン、吉野由起〔訳〕/集英社文庫ヘリテージシリーズ『スティーヴンソン』より) …

雨月物語(上田秋成、佐藤至子〔編〕/ビギナーズ・クラシックス日本の古典)

『雨月物語』の簡単な成立状況などが分かる 古典への取りかかりにイイ本 和歌や漢詩が効果的に使われているのがよく分かる おススメ度:★★★☆☆ 『雨月物語』は、以前の記事(2017年9月19日)に円城塔 …

アーカイブ