3行で探せる本当に怖い本

ホラーを中心に様々な作品を紹介します

★★★☆☆

ケンジントン公園のピーター・パン (バリー[著]・南條竹則[訳]/光文社古典新訳文庫) ~あらましと感想

投稿日:2017年7月27日 更新日:

  • 有名な「ピーター・パン」の物語とは別の話。
  • 公園での妖精や少女とのうつくしい交流。
  • 箱庭の世界で繰り広げられる不思議な物語。
  • おススメ度:★★★☆☆

最初に書いたように、本書は日本でも一般によく知られている『ピーター・パン』の物語(劇)とは違います。有名な方のものは演劇で、『ピーター・パンあるいは大人になりたがらない少年』(作者は同じ)というタイトルです。これに出てくる「フック船長」や「ネヴァーランドのティンカーベル」といった聞きなじみのある人物は、本書には登場しません。今回取り上げる物語の舞台は、ほとんどがケンジントン公園中心なので、世界のひろがりというものはありません。

そもそもこの話は、「解説」によると、バリーが発表した『白い小鳥』(未読)という小説の話中話から、さらに抜粋して固有名詞などを変更して書いたもののようです。要は、ピーター・パンが出てくる部分だけを抜き出したもので、そのせいか、よく知っている『ピーター・パン』劇よりも、ピーター・パンだけに焦点を合わせていて、その分密度が濃いように思います。

冒頭は公園の説明からはじまります。そこにはどんな池や通りや山があるのか、またそれらにまつわる挿話が語られます。そのあとに、ピーター・パンの話になります。「解説」を読んでもらえば分りますが、「ピーター・パン」のパンとは、ギリシャ神話の「Pan」という神のことです。だから「ピーター・パン」とは、「ピーターというパン」という意味です。「パン」については、本解説を読むか、「Wikiのパーンの項目」でどうぞ。

しかし、ここでのピーターは神ではなく、「赤ん坊」の姿で登場します。赤ん坊のピーターは、人間になる前は鳥だった、その「鳥だったころのことが忘れられずに」、生後七日で母親のもとを離れ、公園へとやってきたのです。そこで、「ソロモン・コー老人」に言われたのは、「どっちつかず」という鳥でも人でもないという宣告でした。この「どっちつかず」というのは、曖昧だということですが、彼はあまりそれを気にしている様子はなく、鳥たちが住まう「鳥の島」から、公園へと向かおうとします。

公園に住まうのは、妖精たちです。この妖精についてはっきりと分かっているのは、子どもたちがいるところには、どこにでもいるということです。この妖精というのが、ピーターよりも存在感があって、この作品の主役なんじゃないかと思うときがあります。妖精たちは、人と同じようなことをしているようで、実は何もしていないとか、いたずら好きであるようです。人間の赤ん坊は小さい時に妖精語をしゃべっているということもあってか、なんとなく妖精は赤ん坊と近しい存在なのかとも思ってしまいます。

ピーターはその妖精たちの中で、「妖精の楽団」として活躍しているのですが、ある日自分の母親のもとに帰る機会を得ます。ピーターの母への思慕は、かなりかなしくて、胸がしめつけられそうです。この時の話と、「解説」の作者の実体験とをあわせて読むと、さらに切ないものがあります。この後に出てくる少女「メイミー」と妖精たちやピーターとの触れ合いは、一編の抒情詩のようで美しいです。

この小説は、(児童向けの)童話やファンタジーといってもいいですが、ピーターの経験するかなしい別れのためか、大人の胸にもしみいるものになっています。特に「解説」で書かれた、作者自身が経験した自らの母とのかなしい出来事を読むと、それがより一層増してきます。

(成城比丘太郎)



ケンジントン公園のピーター・パン [ バリー ]

-★★★☆☆
-, ,

執筆者:

関連記事

ニーチェと世界と、いろんな謎 ~ニーチェ入門(清水真木/ちくま学芸文庫)/なぜ世界は存在しないのか(マルクス・ガブリエル、清水一浩〔訳〕/講談社選書メチエ)

他人の〔ニーチェ〕解釈を、自らの論文で批判しかしてこなかったという著者による初の入門書。 ニーチェという人物への入口として分かりやすい。 二人の〔かなり長い〕会話が繰り広げる、ある存在の謎。 おススメ …

黒猫・黄金虫 (エドガー・アラン・ポー/新潮文庫)~概要と感想

クラシカルなホラー・幻想譚・探偵小説 名前だけ知っていて読んでいない系作家の一人 後世への影響力を垣間見る短編5つ おススメ度:★★★☆☆ 前日の記事が「乱歩と正史」というのは、全くの偶然だが、江戸川 …

ゾンビ・パラサイト(小澤祥司/岩波科学ライブラリー) ~あらましと軽いネタバレ

「ホスト(=寄生先の生物)を操る寄生生物たち」について。 ゾンビというタイトルだが、生ける屍のことではない。 特に怖がる要素はない。 おススメ度:★★★☆☆ タイトルに「ゾンビ」とあるので、なんか物騒 …

蝶のいた庭 (ドット・ハチソン/創元推理文庫) ~早い段階で完全なネタバレあり注意

映像化できない変態行為を描いた小説 直接的な残酷描写はむしろ少ない 読みやすいがオチが弱い おススメ度:★★★☆☆ 想像を絶する富豪がその財力を駆使し、自らの庭<ガーデン>に若い女性を拉致して集めハー …

神鳥―イビス(篠田節子/集英社)

「発狂する謎の絵」「過去の惨劇」などの魅力的な設定 個性的なキャラクター造形。好みが分かれる。 オチは賛否両論。文章は読みやすい。 おススメ度:★★★☆☆ 本作品の大筋は、古典的な怨念モノのプロットを …

アーカイブ