3行で探せる本当に怖い本

ホラーを中心に様々な作品を紹介します

★★☆☆☆

ゴーストシップ(スティーブ・ベック監督)

投稿日:2017年8月29日 更新日:

  • 1962年に消息を絶った豪華客船で起きた惨劇の謎
  • 現代の「宝探し」サルベージ屋が船に乗り込む
  • B級ホラーだが、ほどほどに楽しめる
  • おススメ度:★★☆☆☆

なんとなくAmazon Primeのビデオを眺めていたら見つけた一作。バック・トゥ・ザ・フューチャーで著名なロバート・ゼメキスが出資したホラー専門の制作会社「ダーク・キャッスル・エンターテインメント」の作品ということで名前だけは知っていた本作。軽い気持ちで観ていたら、結局最後まで観てしまった……。映画の概要は単純なもので、以下、Wikipediaから引用する。

西暦1962年5月、アメリカへ向けて出航したイタリアの豪華客船アントニア・グラーザ号が突如消息を絶った。
それから40年後、ベーリング海沖を漂流している謎の船が発見される。船のサルベージ依頼を受けたアークティック・ウォリアー号のクルー達は現地へ急行、船内へ潜入したところ様々な怪奇現象に襲われる。この船こそが以前に消息を絶ったアントニア・グラーザ号だったのだ。

映画冒頭に「それはないだろう」という残酷シーンがあるのだが、これが結構ひどい。ほとんど出オチネタなので、極力ネタバレを避けて書いてみると、確かにホラー映画としては、画面映えするシーンではあるのだが、物理法則を全て無視したかのような演出で、斬鉄剣ではあるまいしあそこまで綺麗に切れることは無いだろう。生き残った少女が助かった理由も不明。位置的には必ず巻き添えを喰らっている気がする。インパクトはあるので、興味がある方は冒頭10分ほど観て頂ければ納得できると思う。

映画自体は、主役が女性クルーのエップス(ジュリアナ・マルグリーズ(Wiki))なので、「荒ぶる男たちの中に女が一人」という構成といい、無人の怪しい場所を探索する展開といい「エイリアン」のリプリーを思い出さずにはいられないような内容だ。基本的には冒頭のシーンが一番の見せ場となるので、雰囲気としては「お化け屋敷探検もの」で、まあ、それなりに雰囲気はあるのだが、結局、厭な予感が漂い始め、ラストで「やっぱりな」とがっかりするパターンだ。

冒頭に戻るが少女ケイティがやたら印象に残るなと思って調べてみるとエミリー・ブラウニング(Wikipedia)だったのか。ジム・キャリー主演の「レモニー・スニケットの世にも不幸せな物語」の長女の女の子と言えばわかるだろうか。この映画の美少女ぶりからすると、失礼だがリンク先の画像ではかなり残念な写真が載っている。映画では非常に重要な役割で、ラストもなんとなくなく許せてしまうのは彼女の存在があるからと言える気がする。

ホラー映画なので、もちろん残酷シーンも登場するが結構控えめで、B級ホラーらしく「微笑ましい」恐怖シーンも多い。オチに言及すれば、えらく非効率なことをしているなというのが感想なのだが、そんなところを突っ込むのは野暮というものだろう。毒にも薬にもならない内容だが、妙に陰湿だったり残酷だったりするわけではないので、評価は低めにしたが(そんなに薦められるようなホラーではない)、バランスはいいのではないかと思う。ほとんどすべて海のシーンなのでこの暑い時期に暇つぶしに観るにはいいかも知れない。

(きうら)


-★★☆☆☆
-, ,

執筆者:

関連記事

ブラッドハーレーの馬車(沙村広明/太田出版)

少女趣味と人体欠損要素あり 全体的に鬱展開で救いがない 絵は作者特有の緻密な画風 おススメ度:★★☆☆☆【閲覧注意】 とある資産家のブラッドハレー家では「慈善事業」と称して、孤児院から少女を選び、養女 …

魔の聖域 (楢山芙二夫/角川ホラー文庫)~あらましと感想 、ややネタバレ

映画のスタントマンの事故死にまつわる怪異 イマイチ、何のホラーなのか分からない 昭和映画界の裏側描写は面白い おススメ度:★★☆☆☆ 「魔の聖域」と、抽象的なタイトルがついているが、内容は上記のような …

新耳袋殴り込み 第一夜 (ギンティ小林/角川ホラー文庫)

新耳袋のエピソードの舞台を取材 怪談の検証風怪談 イマイチ乗り切れない軽さ おススメ度:★★☆☆☆ 著者が聞いたら絶対に怒り狂うと思うが、本の感想を書くサイトだから仕方ない。はっきり書いてしまおう。文 …

ファントム・ピークス(北林一光/角川文庫)~ネタバレなしのモヤモヤする感想

山で起こる謎の失踪事件を追う 可もなく不可もない文章 オチにはちょっとがっかり おススメ度:★★☆☆☆ 困った。ジャンル分けや詳しい感想を書くと、ネタバレに直結するという本なので、非常に扱いづらい。し …

ブラジルから来た少年(アイラ・レヴィン/ハヤカワ文庫)

古典的SFサスペンスとして楽しむ一冊 いわゆるナチスもの 少しだけグロテスク描写もあり おススメ度:★★☆☆☆ 発表された1976年当時では、この小説のメインテーマは一般的に余り知られていない科学技術 …

アーカイブ